Tom Ford EYE WEAR「CARY」

松本 知彦 for Private Time/2011.01.27/ファッションファッション

img

「これは老眼がはじまってますね」「え、え?」
そうか、、とうとう自分にもこの時が来てしまったのか・・・。最初これを言われた時はちょっぴりショックでした。思い返せばここ数年、時々会う大学時代の友人たちと飲みに行く際、レストランで眼鏡をはずしてメニューを選んでいる彼らを見て、まったくの他人事と思ってました。自分は老眼など意識したこともなく、それまで何の不自由も感じていませんでしたから。がしかし、、、最近夜帰って本を読む際、時々字がぼやけるなあと思うことがしばしばありました。でもそれは単なる疲労と思っていたので老眼とは、、、。

メンズファッションの流れでどんどんカジュアル化が進む中、クラシックなスーツに合うメガネはないものかと探しているとき、ウェリントンをベースにしたトムフォードのメガネに出会いました。トムフォードのメガネは3年前に度付きのサングラスを作ったことがあったのでこれで2本目になります。その時以来、目の検査をしていなかったので、念のため検査をしましょうと店の人に促され、冒頭のような結果に。

img

この洒落たトムフォードのメガネは遠近両用です(笑)。トムフォードを老眼鏡としてかけている人は東京では私くらいじゃないでしょうか?いやマジで(笑)。 
トムフォードはグッチのクリエイティブディレクター退任後、クラシックに回帰し、そこに華やかさを加えたクラシックゴージャスとも呼べる独自の路線を突き進み、メンズファッションの分野だけでなく、映画監督としても常に話題を提供し続けています。遠い昔にあった男のダンディズムを現代的解釈で呼び戻し、007でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドのスーツにも現代のダンディズムを結実させ、世の紳士たちを惹きつけました。

トムフォードこそ私に老眼鏡をデビューさせ、デザインと機能を両立させた新しいモードの扉を開いてくれたブランドなのです。笑

img

1939~MONSIEUR/ムッシュかまやつ

松本 知彦 for Private Time/2011.01.26/音楽音楽

img

ムッシュの70歳の誕生日を記念して作られたアニバーサリーアルバムです。
スパイダース時代からソロを含む今までの代表曲を様々なアーティストを迎えてセルフカバーしています。ゲストには今井美樹、アルフィー、トータス松本、一青窈、布袋虎泰、森山良子、森山直太郎、堺正章、井上順などなど豪華な顔ぶれ。

どの曲もオリジナルに引けを取らないくらい素晴らしいのは、アレンジの力が大きいと思います。音楽監督でこのアルバムのプロデューサーでもあるキーボード奏者、武部聡志の手腕でしょう。特に彼がアレンジしている「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」「どうにかなるさ」「バンバンバン」「やつらの足音のバラード」は最高です。旧知の仲であるマチャアキがリードボーカルを取る「エレクトリックおばあちゃん」もスパイダース時代そのままのコミカルな雰囲気が伝わってきます。

しかしムッシュという人は、トレンドに敏感で新しいものを取り入れる柔軟性を持ちつつ、常にポップで、世代を超えて多くのファンを持つ希有な存在。昔の曲を演奏しても決して懐メロには陥らず、常に新しいというのが素晴らしいです。ヨーロッパ的であり、同時に東京的でもあり、様々な事象をMIXする彼独自の編集的視点に共感し、僕はかなり影響を受けました。

ラストにはムッシュの息子であるTAROかまやつが奏でる生ピアノに合わせて唄う親子のデュエット曲が収録されています。ハートウォーミングな1曲。ムッシュも自身の父親であるティーブ釜萢とも生前にデュエットしており、親子3代に渡って共演できるなんて本当に幸せな人だと思います。
単にセルフカバーというだけでなく、親子の絆、周りの人の愛情が詰め込まれたとってもよいアルバムだと思いました。ジャケットのイラストが水森亜土なのも泣かせます。

伊勢丹からのお歳暮

松本 知彦 for Private Time/2011.01.20/食べる食べる

去年の暮れ、伊勢丹新宿店からお歳暮が届きました。
伊勢丹からお歳暮をいただいたのは初めてです。例年より多く買い物をしたとか、偉い人と知り合ったとか、特別なことがあったわけはないのですが、はじめてお歳暮が届いたので不思議に思っていました。
知り合いの伊勢丹セールスマネジャーに聞いてみたところ、今年からの試みとのこと。
そういえば去年、ユナイテッドアローズからも同じくおもち、醤油などの詰め合わせのお歳暮が届きましたが、小売業界では相手に敬意を払うお歳暮の習慣を改めて見直しているのでしょうか。

伊勢丹のお歳暮は中村屋のゼリー詰め合わせセットです。
伊勢丹が中村屋のお歳暮を贈るというのは何だか意外な気がしますが、同じ新宿つながりということでしょうか。
黒ゴマ、杏仁、マンゴー、ライチなど5つの味があって、なかなかおいしいです。
伊勢丹さんありがとうございました。
ぜひ来年も贈ってくださいね(笑)

img

HOT TOYS  10th Anniversary Exhibition

松本 知彦 for Private Time/2011.01.05/仕事仕事

昨年になりますが、12月24日に東京国際フォーラムで行われたHOT TOYSの10周年記念パーティに行ってきました。HOT TOYSとの出会いは2年前の夏。サイト構築のコンペに参加~受注してからになります。
http://www.hottoys.jp/

img

行ったパーティの感想は、まずゴージャス! 会場が大きいということもありますが、色々な仕掛けがあって、あちこちに来場者を驚かせる工夫がありました。以前おもちゃショーに行った際にも他のブースよりホットトイズのブースは一際目立っていましたが、きっと代表のフランクさんの人を楽しませようとするサービス精神の表れでしょうね。赤いカーテンで仕切られたアプローチの演出、エントランスを入ると現れるコンパニオン、大会場に展示されたフィギアの見せ方、大音量のBGM、そんな空間にいるとおもちゃのイベントだということを一瞬忘れてしまいます。

img

img

img

img

目玉はエントランスでもらったコインによるルーレットゲーム(このコインにもHOT TOYSと印刷されており凝ってます)。一人ひとりルーレットを回して「マイケル・ジャクソン」「21世紀少年」「バットマン」3体のうち、いずれかのフィギアがもらえること。僕はマイケル・ジャクソンが当たりました。1体18,000円もするフィギアを来場者全員にプレゼントするなんてなんとも太っ腹です。さすがHOT TOYS。

img

IZA ピンクリボン

松本 知彦 for Private Time/2011.01.05/仕事仕事

去年のことになりますが、大阪にあるラグジュアリーなインポートセレクトショップIZAが毎年開催しているピンクリボンのチャリティパーティに行ってきました。IZAのバイヤー田中タキさんとのお付き合いは、2010年夏にうちの会社でshopiza.comのサイト構築のお手伝いをさせていただいてから。
http://www.shopiza.com

img

12月9日に大阪リッツカールトンで開かれたパーティは、ファッションショーあり、歌あり、ダンスあり、プレゼントありと盛り沢山で、ゲストも杉本彩さんをはじめ、富永愛さん、モデルのRINAさんなど、豪華なメンバーによるゴージャスな内容でした。
そして来場者の80%以上は女性。この方たちが本当に艶やかで華があり(大阪ならでは?)、東京から参加した僕にとっては、普段知ることのできないIZAのリアル顧客を具体的に、視覚的に体現できたよい機会でした。

img

img

img

田中タキさんの人柄があってこそ実現できる企画だなあという印象と、この内容を毎年行うのは大変だろうなあという感想を持ちました。単に消費を煽って売ればいいと思われているファッションという派手な業態が、乳がんという病気に対して社会貢献できるという事実。まったく結びつかないと思われがちなラグジュアリーとチャリティ、今までボランティア活動と言えば街角募金というイメージを持っている日本人にはまだまだ認識できない分野かもしれません。でもぜひ今後も続けいってほしいと思いました。タキさん、がばってください!

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版