最初の仕事

松本 知彦 for Private Time/2011.05.31/私の履歴書私の履歴書

1997年に11年勤めた企業を退職した。
辞めてからしばらく一人でやっていこうと思っていたが、具体的な仕事もなく、この先やることも決まっていなかった。
大学時代のバンド仲間で、当時同じタイミングで会社をやめたインテリアデザイナーの越智と2人で事務所をシェアして、さてこれから何をしようか?と毎日暇な日々を送っていた。

そんな時、大学の後輩から電話があった。
後輩はフジテレビの美術部に勤めており、電話の内容は人気番組「スマップ×スマップ」の1コーナー「ビストロスマップ」のセットで使用するイラストを描いて欲しいという依頼だった。
断る理由もないのでこれを引き受け、さっそく制作に入ることにした。
依頼されたのは5人のメンバーが1枚に描かれた120号のキャンパス、メンバーそれぞれの肖像画5枚、計6点だった。

当時まだ都営新宿線の曙橋にあったフジテレビ本社で打ち合わせがあり、その際に何枚か写真を渡された。
タレント本人たちには当然会う機会はなかった。
与えられた制作期間は3ヵ月。
事務所で僕が絵を描いている最中、越智は後ろでずっと図面を引いていた。
傍から見たら、なんだかおかしな事務所風景だったことだろう。

img

作品が完成した時、フジテレビは丹下健三が設計したお台場の新しい自社ビルに引っ越していて、免許のない僕はそこまで電車で作品を運んだ。
帰りは身軽になるだろうから片道のみがんばればと思ったのだが、美術部の部長から背景の描き直しを依頼され、再び作品を持って帰らなければならなくなった。
帰る頃は、帰宅ラッシュの時間帯になっていた。
120号のキャンバスは、1辺が2メートルある大型の木枠で重量があり、これを満員電車で運ぶのは非常に大変だった。
周りから相当なヒンシュクを買ったし、お台場では風が強く、キャンバスもろとも飛ばされそうになった。

背景を描き直したあと再度フジテレビに作品を、今度は帰りが遅くならないように朝に持っていくと、OKが出て無事納品となった。
納品した作品は番組のタイトルバックにも使われ、テレビを通して毎週自分の絵を見るのは、なんだか不思議な感じだった。
これがdigという会社で最初の仕事になった。

何事もスタートする時に必要なのは決断と勇気であって、労力はさほどかからない。
継続しようと思った瞬間に、その何百倍もの労力を要する。
何も考えないままに会社として無事スタートを切ったかのように見えたが、その後待ち受けている幾多の試練についてまったく知る由もなかった。

img自分でデザインした会社設立を知らせるハガキ

はん亭 根津 

松本 知彦 for Private Time/2011.05.27/食べる食べる

地下鉄の谷中駅を降りてすぐ、不忍通り沿いにある串揚げ屋さん。
以前は喫茶室が併設されていて、席が空くのをそこで待つことができましたが、不忍通りの拡張工事で現在では喫茶室はなくなっています。
明治時代に建造された後、関東大震災にも耐え、現在では有形文化財にも指定されている木造3階建てのお店。
風情があって味もとてもおいしいです。

img

オーストラリア大使館の人の接待や、友人のスペイン人たちを連れていっても、とても喜ばれました。
コースしかなくて、ストップをかけないと異なる食材の串揚げが次から次へと出てくる形式。
僕は蟹の串揚げが好物で、たくさん串揚げを食べたあと最後にお茶づけて締めます。

img

img

このお店の周りは古い下町の風情が残っていて、近くにある大名時計博物館や迷路のような細い道に密集している古い木造家屋を見て回るのもとても楽しいです。
リアル東京って感じ。
3、40年前まで、東京の街はどこもこうだったんですね。
夕方から行って散歩をしたあとにここで串揚げを食べて帰るのもいいでしょう。
日暮里から歩いて谷中墓地経由で行くのもよいかもしれません。
都心の中心部から離れたこういう場所も東京に住んでいるなら1度は体験しておくべきだと思います。
デートにもオススメ。

img

http:///www.hantei.co.jp/

JO MALONE

松本 知彦 for Private Time/2011.05.26/香り香り

ジョーマローンは、1994年にロンドンに誕生した比較的新しいブランドです。
ここ数年ブランドが掲げる「ラグジュアリー ライフスタイル フレグランス ブランド」として日本でも大きくブレイクし、丸の内に日本初の路面店もできました。

img

その人気の秘密はフレグランス コンバイニングと呼ばれる自分だけの香りの組み合わせができることにあるようです(試したことはないですが・・)
香りも19種類あって豊富、そして美しいパッケージデザインが魅力です。
溜息が出ます・・・
ラグジュアリーってこうでなきゃいけないだろ、と思わせるものが確かにありますね。

バス&ボディグッズやフレグランスもありますが、まずはキャンドルから。
キャンドル、いい香りです。
先日行ったロンドンのブランド「アニヤハインドマーチ」青山店のショップオープニングパーティでも、このキャンドルの香りが店内にあふれていて、とても甘美な気分になりました。
このブランド、遅れてきたルーキーですね。

img

img

The Cat/JIMMY SMITH

松本 知彦 for Private Time/2011.05.25/音楽音楽

img

ジミー・スミスと言えば、ソウルジャズというスタイルを確立したジャズオルガンの第1人者。
50〜60年代に数々の名盤を残していますが、アラン・ドロンが主演した映画「危険がいっぱい」のテーマ曲として1964年にヴァーヴから発表したこのアルバムは、彼の代表作となっています。

ビッグバンドをバックに、Incredibleと呼ばれる超絶なテクニックで、どこまでも熱い演奏を繰り広げます。
編曲、指揮は「ミッション・インポッシブル」、「燃えよドラゴン」で知られるラロ・シフリン。
管楽器で盛り上げるオーケストラアレンジにも、60年代の素晴らしいエッセンスが詰まっています。
そして企画の仕掛人は、当時ヴァーヴにいた大物プロデューサー、クリード・テイラー。
この人は後にCTIレーベルを立ち上げる人です。
このCTIレーベル、クロスオーバー好きなら避けては通れないマストなレーベルなので、こちらも機会があればぜひ聞いてみてください。

90年代、ブルーノート東京でジミー・スミスの生演奏を見ました。
ダミ声で唸りながら、すごいアドリブを次々に叩き出す姿、亡くなる前に見れたのはよかったです。
このアルバムに出会ってから、僕はHammond B3にどんどんと傾倒していくのでした。

Lou Dorfsman / Dorfsman & CBS

松本 知彦 for Private Time/2011.05.23/本

img

中古で2万円くらいで購入したルゥ・ドーフスマンのCBSのブランディングに関する作品集。
当時、高価だったゆえに購入を迷いましたが、今では再版もされて安く手に入れられるようです。
CBSのCIやVIに関する事例がたくさん紹介されていますが、どれを取っても、古さを感じさせないどころか、今見ても新しいとさえ感じます。
70年代以降のカラーのものより、タイポグラフィをメインに扱ったモノクロの作品群の方が好きです。
ストイックでしびれます。

img

アポロ13号の月面着陸をテーマに、ドーフスマンがADを手掛けた本も有名ですが、これも入手困難で中古本市場では非常に高価となっています。
でも見つけたらぜひ購入したいですね。

PIERRE HARDY 

松本 知彦 for Private Time/2011.05.19/ファッションファッション

フランスの靴ブランド、ピエール・アルディ。
男子よりも女子の方がこのブランドについて知っている人は多いと思います。
ディオールのシューズデザイナーとしてキャリアをスタートさせ、その後エルメスのシューズデザインを担当。
そして自身のブランドをスタートさせました。

img

このデザートブーツはその形ときれいな水色に惹かれて購入しました。
普通デザートブーツといえばクラークスをはじめ英国ですが、いくらトレンドとはいえ、英国のまん丸のラウンドトゥはどうも好きなれず。。。すっきりしたデザインと明るい色はおフランスならではです。
毎年違う色を発表するのもこのブランドの特徴。
気に入った色を見つけたらその年しか買えませんから買っといた方がいいということになりますね。

img

ファーバーカステル ポリクロモス 油性色鉛筆60色セット

松本 知彦 for Private Time/2011.05.18/文房具文房具

ファーバーカステルは、1761年にドイツで創業。
世界で初めて鉛筆の製造販売を開始した、現存する世界最古の筆記具メーカーです。
創業からなんと250周年。
スゴイですねえ。

img

今では世界基準となっている六角形の鉛筆を初めて発表したのもこのメーカーです。
この色鉛筆60色セットは、アーティスト向け色鉛筆として知られるポリクロモスの誕生100周年を記念して、世界で5,555個限定発売されたシリアルナンバー入りのセットです。

柔らかくてパステルのような描き心地。
このブログのイラストは、ほとんどこの色鉛筆を使って描いてます。
この絵は水彩と併用してますが、ファーバーカステル、かなり使ってますよー。

千駄木 旧安田楠雄邸

松本 知彦 for Private Time/2011.05.18/東京東京

旧安田財閥の邸宅です。
大正8年に建設された伝統的な純和風建築で、東京都から1998年に文化財の指定を受けています。

img

この家には平成8年まで安田家の方が住まわれていたそうですが、結構というか相当にクラシックで、よく近年まで住んでおられたなあと。
きっと気に入ってらっしゃったのでしょうね。
木造2階建ての内部は、玄関から入るとまず暖炉のある洋室の客間があり、奥へ行けば行くほどプライベートな空間へと続きます。

img

敷地が450坪もあるので家も広いです。
一番奥には以前子供部屋があったようですが、現在は売却されていて存在せず、今では厨房とお風呂が1階の一番奥に位置しています。
大正時代のお風呂は、白いタイル貼りで映画「犬神家の一族」by市川崑で島田洋子が襲われるシーンまんまの感じで、お風呂の隣には畳敷きの広い脱衣所がありました。
当時は脱衣所も畳敷きなんですね。
隣にある大きな厨房にはガラスのトップライトがついていて、かなりモダンな雰囲気。
大正時代には相当に進んだ、贅を尽くしたインテリアだったことでしょう。

img

img

2007年から一般公開されています。機会があれば足を運んでみてください。

河津 玉峰館

松本 知彦 for Private Time/2011.05.13/旅

伊豆半島の伊東と下田の中間くらいに河津という小さな温泉街があります。
「玉峰館」は、ここに大正時代からある古い温泉旅館です。
今回10年ぶりくらいに訪れました。

img

生前の父と母を連れてこの旅館を訪れたことがあります。
それが両親と旅行する最後の機会となってしまいました。
何も言いませんでしたが、息子からの旅行の誘いを喜んで受け入れてくれたのだろうか?
出不精の彼らは息子からの誘いに気を使って応じていたのではないだろうか? 
旅館の入り口で両親と一緒に撮影した写真を眺めていると、そんなことが何度も頭をよぎって感傷的になってしまうのでした。

img

img

「玉峰館」の特徴は24時間かけ流しの温泉と料理です。
それ以外にも古い蔵を改造したバーやオーナーがバリで買い揃えたセンスのいいアンティークのインテリアなどが印象的。
全部で14室しかありませんが、宿泊中は本当に何もすることがありません。
最近のホテルのように色々な設備があるわけでもなく、ただ温泉に入るだけです。
時間になると女中さんが部屋に料理を運んできてくれたり、布団を敷いてくれたり。
これが大正時代から変わらない本来の温泉旅館での過ごし方なのでしょう。

柳宗理 カトラリー 

松本 知彦 for Private Time/2011.05.11/ライフスタイルライフスタイル

柳宗理がデザインしたカトラリーです。
写真にはありませんが、ナイフの頭がかなり大きいことがこのシリーズの特徴にもなっています。
なんでこんなに刃の部分が大きいのだろう?と使う前に思うのですが、使ってみるとこれが使いやすい。
特にバターナイフを使うと実感できます。
個人的に、このシリーズで一番優れていると感じるのはバターナイフ、ヒメフォーク、そしてグレープフルーツ用のスプンですね。

img

丈夫で清潔な18-8ステンレスを使用。
傷が目立ちにくい艶消し仕上げになっており、耐久性もあります。
食器洗浄機による高温高圧(180℃まで)洗浄が可能。
同じラインナップで、もう少し高価な黒柄カトラリーというシリーズもあるのですが、こちらは食洗機に使用できないという理由で購入しておらず、ゆえに使ったことはないです。
見た目はそっちの方がラグジュアリーですけど。

1974年より製造され、同年グッドデザインを受賞、時代を越え求められているロングラン製品です。

img

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版