Maison Kitsune(メゾンキツネ)

松本 知彦 for Private Time/2011.08.31/ファッションファッション

今年買って気に入っているTシャツを紹介します。
フランスのブランド、メゾンキツネです。

img

このブランド、音楽レーベルとして多くのコンピレーションCDを出しているので、既に知っている人も多いと思いますが、僕はファッションで初めて知りました。
洋服はパリに住む日本人マサヤがデザインしていますが、グループで活動していて、音楽、アート、ファッション、様々な分野で作品を発表しています。

ファッションに関して言えば、今の流行のトラッドの流れを汲む、クラシックな服です。(と言ってもアメリカントラッドではないですが、)
クラシックに独自の解釈がなされていますが、アイテムはどれも極めて普通です。
しかし、どこか懐かしくてロマンチック。
飛び抜けて奇抜なデザインはなく、落ち着いて共感できるのは、デザイナーが同じ日本人だからでしょうか。

これは自分だけの意見ですが、日本人のファッションの義務教育があるとすれば、それはトラッドのような気がします。特に男性は。
ビームス、UA、トゥモローランドなど、全国規模で展開するお洒落入門編のセレクトショップで扱うアイテムはトラッドが基本だし(そこで働く販売員もまずオールデンから教育されるように)、みんな若いうちから入門編としてトラッドに慣れ親しむわけで、高校生でいきなりインターナショナルなデザイナーズブランド、たとえばマルジェラからデビュー、ZARAからスタートみたいなのは、日本の場合あまりないでしょう。
それは60~70年代に青春を過ごした団塊世代のお父さんたちの時代から、トラッドはずっと日本人のファッション観の根底にある気がします。
だからギャルソンの服を見ているより、キツネの服を見ている方が僕自身は共感できます。
僕もトラッドを手本に育ちましたから。

img

img

imgショッパーのデザインが、専門学校生の作品みたいで可愛いです。

キツネは現在、一部のセレクトショップで扱っているだけですが、今後間違いなくブレイクするでしょう。(もう既にしてますね・・・)
クラシックな服が熱狂的に若い世代に受け入れられるのは、3、4年前のトム・ブラウンと同じものを感じます。
しかし値段までトム・ブラウンと同じで、、、これはあんまり可愛くないです。

GreenやNumber Nineなど、同じ日本人若手デザイナーのブランドで、せっかく認知されたにも関わらず終了してしまったものも多いですが、キツネはブレイクした後も、がんばって続けて欲しいものです。

End of Print / David Carson

松本 知彦 for Private Time/2011.08.30/本

デビッド・カーソンは、アメリカ西海岸で高校の社会学の教授でありながら、世界ランクのサーファーであり、デザイナーであるという多彩な人。

img

レイブカルチャー誌であるRay gunのアートディレクションを担当したことで、その人気を決定的なものにしました。
これは世界で20万部を売った処女作。
その名が示す通り、印刷の限界に挑戦しています。
80年代がロンドンのブロディなら、90年代を牽引したのはアメリカ西海岸のこのデビッド・カーソンでしょう。
その独創的なタイポグラフィーには強烈なインパクトがあります。

img

Brian Auger/The Mod years

松本 知彦 for Private Time/2011.08.26/音楽音楽

モッド・ジャズ・オルガンを聞くならブライアン・オーガーでしょう。
60年代のイギリスにあって、単なるビートグループに収まらず、先進的で高い音楽性を持ったアーティストはそんなに多くはいないのではないでしょうか。

オーガーのベストは何と言っても69年に発表したブリティッシュ・ロックの金字塔とも言われるstreet noiseですが(Indian Rope Man、light my fireのカヴァーが最高!)、ここではそれより前の65~69年の曲を集めたスウィンギングロンドン時代のアルバムを紹介します。

img

元々ジャズピアニストとして早くにデビューしていた彼は、ジミー・スミスの曲を聴いて衝撃を受け、オルガンに転向します。
演奏はジャズをベースにしつつ、R&Bやブルース、フォークの要素も取り入れ、そのテクニックは・・・・このムービーを見てもらえればわかると思います。



ロッド・スチュアートが在籍したスーパーバンド、スティーム・パケット解散後、ボーカルでヤードバーズの追っかけだったジュリー・ドレスコールとザ・トリニティーを結成。
ドレスコールはツイギーにも似ていて可憐ですが、歌声は黒くてジャニス・ジョプリンのようです。
バンドにはギターがいないので間奏はほぼオルガンのみ、インストではグルーヴィーなオルガンが炸裂です。

ModsはModernsから派生した言葉ですが、ブライアン・オーガーはsmall facesやwhoよりも、音楽の先進性や革新性を追求したという意味で、スタイル先行ではない本当のModsかもしれません。


ここでも弾きまくりです。スゴイ。

JOHN SMEDLEY

松本 知彦 for Private Time/2011.08.25/ファッションファッション

この英国製の3つボタンのポロシャツが大好きでした。
スメドレーに出会うまで、鹿の子ポロシャツを洗いざらしでゴワゴワのまま着ていましたが、はじめてスメドレーを着た時の感覚、柔らかくてカシミアのような着心地は忘れられません。

img

はじめて着たのは20代後半くらいだったと思います。
スメドレーを着ると、自分が確実に1歩大人になったように感じて、スメドレーが自分を大人にしてくれる感覚がありました。
ポロシャツとは本来スポーツをしたり、寛ぐ時のためのアイテムです。
でも僕にとってスメドレーだけは、ポロシャツなのにドレスアップできる唯一のアイテムでした。
夏になると、スメドレーばかり着ていた時期もありましたね。

シーアイランドコットン、日本語で言うと海島綿。
コットン100%なのにカシミアのような肌触りのこの素材は、西インド諸島の一部でしか採取できません。
16世紀後半に西インド諸島を植民地として統治していたイギリス王室へシーアイランドコットンが献上されてから、まずイギリス王室用のアイテムとしてこの素材が使用されるようになりました。

img

img

img

ジョン・スメドレーは1784年の創業。
日本は徳川幕府の江戸時代です。
どんだけ古いんだよって感じですね。
自分がスメドレーを知ってから、ロゴが何度か変わっていますが(自分の知ってる限り3回)、個人的には最初に出会った時のロゴが好きでした。
絵に描いた僕の好きなロゴは、今は使われていません。
現在はブランド名を欧文1行で表現して、最近また書体が変わりました。
ロゴ同様に本体も、着丈を短くしたり、台襟や腕のリブの仕様を変えたり、時代に合わせて微妙にデザインを変えています。

007のジェームズ・ボンドも愛した海島綿のシャツ。
自分にとってシーアイランドコットンは特別な素材です。

アマンリゾート バリ島

松本 知彦 for Private Time/2011.08.23/旅

夏休みに行ったバリ島の続きです。
今回はアマンリゾートについて書きたいと思います。
シンガポールに本社を置くアマンリゾートは、プーケットの「アマンプリ」を皮切りに、現在アジアを中心に23のホテルを経営しています。
ラグジュアリーリゾートと言えばアマン、その名前を知ってる人も多いでしょう。
今まで大嫌いだったバリ島ですが、アマンに1度は行ってみたかったんです。

ホテル開業から10年以上が経過し、すでにアマンは終わったと言う人もいます。
しかし僕はそんことはかけらも思いませんでした(と言っても経験が少ないので比較できませんが、せめて同じバリにあるブルガリホテルと比較してみたいものです・・・)
ここ数年で、東京ではペニンシュラ、マンダリン、コンラッドなど新しい外資系ホテルが次々と開業しましたが、10年以上前に作られたパークハイアットが輝きを失わず、それらと比較してもまったく劣らず、素晴らしいように、やっぱりアマンは素晴らしいです。
それを深く感じた旅行でした。

バリ島には3つのアマンリゾートがあります。
そのどれもが異なるコンセプトを持って建てられていて、これがまた素晴らしく、なんだか遠い昔に感じたワクワクする懐かしい感覚を思い起こさせる時間を与えてくれました。

「アマンキラ」
1992年のオープン以降、リゾート雑誌には必ず登場するホテル。
3段プールはあまりにも有名です。

img3段プールの向こうには広大なインド洋。石造りの建築は宮殿のようです。

「アマヌサ」
ホワイトサンドのプライベートビーチを持つホテル。
広大な敷地に30しか部屋がないというのもラグジュアリーの条件でしょうね。

imgでかい・・・城?遺跡? いえホテルです

imgここで朝食を取ります。ビルなんて1つもなくスゴイ見晴らし。

img部屋にはプールがついてます。インテリアもラグジュアリーですなあ。

「アマンダリ」
上記2つとは異なり、森の中に静かに佇むホテル。
ここでは夜に食事するのがいいです。
ガムランの生演奏を聴きながら、かなり暗い照明で大人のムード。

img森を抜けるとエントランスがあります。写真じゃなかなか伝わりませんね。

パクチーが嫌い、辛い物が苦手、不衛生なイメージが嫌い、民族的な絵画や彫刻が嫌い、日本女子の渡航目的先としても嫌い、などなどまったく好きではなかったバリですが、今回の旅行で少し好きになりました。
バリは決して土着信仰的なアートだけではなく、細かい手仕事による優れた工芸品も多く見られました。
高くないのに、家具がすべて無垢材というのも魅力。

アマン、来年も行きたいなあ・・・
円高が長く続くとうれしいのですけどね。

img帰りにサプライズで自分の名前が彫られたペンと、スーツケースの名札がもらえます。

バリ島1

松本 知彦 for Private Time/2011.08.22/旅

今年の夏休みは、円高ということもあって久しぶりに海外旅行に行ってきました。
行った先はインドネシアのバリ島です。
今まで大嫌いな東南アジアへの渡航でしたが、印象が変わって楽しかったです。

img有名なケチャダンスです。

imgケチャダンスのラストは裸足で炎の上を歩くパフォーマンス。

ちょうど滞在時にインドネシア独立記念日があったので調べてみると、バリ島は以前日本の植民地だったのですね・・・。
今ならジェット機で日本から約8時間。
当時は船でしか行けなかったと思いますが、かなり遠くまで日本軍が遠征していることに驚かされます。
10年前の爆弾テロで、バリ島の観光ビジネスは大打撃を受けましたが、最近徐々に観光客も戻りつつあるようです。

以前は(今も?)日本人の女子がバリの男子を対象に、セックス目的(恋愛目的?)で訪れるリゾートとして有名で、それが日本で社会問題にもなっていました。
90年代には多くのOLが、こぞって毎年のようにバリ島に行ってましたね。
知り合いの女子にも、バリ旅行中に現地の男子と関係して帰ってきた人がいましたが、恋愛をして本気で好きになった、と繰り返し彼女は言うのです。
しかし、バリの男子の中には日本の女子を専門に狙って、疑似恋愛によってお金を女子から引き出し、それで生計を立てている人がたくさんいると聞きます。
妻子を持っている男子も多く、職業として割り切って認められているのがスゴイです。
経済格差を背景とした高収入な仕事というのがその理由でしょう。
セックスを売物に女子からの貢ぎで生計を立てるバリの男子、彼らに疑似恋愛を求めてお金を使う日本のなでしこ女子・・・なんだか日本男子としては寂しい限りですなぁ。。
バリ島に行かなければならないほど、日本の女子には逃げ場がないのでしょうか?

さてさて気を取り直して、と(汗)
今では日本からの直行便もなくなり、渡航する日本人も当時よりかなり少なくなりました。
オーストラリア人、ヨーロッパ人がほとんどで、英語はもちろんですが、フランス語、イタリア語も多く聞こえてきます。
アメリカ人はあんまりいませんでしたね。

インドネシアには1万8千もの島がありますが、その多くはイスラム教です。
しかしバリ島だけは、イスラム教の布教から免れ、インドから入ってきたヒンドゥー教が支配する島で、いたるところにヒンドゥー教の寺院があります。
バリ島が神の島と言われる理由は、住む人々と宗教がこれほどまでに近いということが挙げられます。
イスラム教がメインのインドネシアにあって異なる宗教のバリ島、外貨とともに集まる多くの欧米人、それが同じイントネシアにいるイスラム原理主義者たちのテロの対象となってしまうのです。。。
通常の仕事の4倍もの高収入が得られる観光ビジネスを求めて、同じインドネシアのジャワ島(イスラム教)からの人口流入が増えて、日本女子がこぞって訪れていた時よりも治安は悪くなっているでしょう。
レストランに入る時、ホテルに入る時、空港に入る時、車で移動する時はすべてにおいて、各所に設置された検問で、車の下にミラーを入れて爆弾のチェックを受けなければなりません。
リゾートと爆弾、宗教と観光、現地人と日本人女子、なんだか色々なものが混ざり合う場所です。

The Graphic Language of Neville Brody 2 / Neville Brody

松本 知彦 for Private Time/2011.08.12/本

ネヴィル・ブロディの2冊目の著書。
懐かしい1冊です。

img

FACE誌でADを担当して1980年代のデザイン界の寵児となったブロディ。
Macを使ったデジタルデザインの第一人者で、当時日本でもデザイナーなら彼の名を知らない人はいませんでした。
その独創的なタイポグラフィーは、今でも輝きを失っていません。
僕も当時はブロディのデザインした欧文書体を買って使っていました。

その後、この流れは90年代ロンドンのイアン・スウィフトなどに受け継がれていくのでした。

img

まんぷく 代々木上原 

松本 知彦 for Private Time/2011.08.11/食べる食べる

さて引越しも落ち着いてきたので、通常の記事も更新したいと思います。
いきなりのギャップをお楽しみください 笑
引越してきた代々木上原駅は、最近耐震補強工事が終わって駅ビルがリニューアルされ、かなり雰囲気が変わりました。
このお店はそんな代々木上原駅のすぐ近くにあります。

img

おいしいです。
でもこのお店のことを書こうと思ったのは、味もさることながら、めちゃめちゃ可愛い女子が働いているからです。
アタマがちっちゃくて、冗談抜きに可愛いです。
あまりに尋常でない可愛さなので、きっと芸能活動の合間にバイトとして働いているのではないかと勝手に推測しています。(妄想です・・・汗)

先日ここに行った時は、隣のテーブルで小雪と小雪のお姉さん、そして松山ケンイチが3人で焼き肉を食べてました。
芸能人は焼き肉が好きですねえ。
焼肉屋では、かなりの確率で遭遇します。

彼らは先に食べ終わって帰っていきましたが、そんなことより何より僕は店員の可愛い女子に釘付けです。
きっとそのうちテレビに出てくると思います。(妄想です・・・汗)
まんぷくは代々木上原に2号店もできて、順調のようです。
ランチもやってますのでぜひ。

最後のスタジオ

松本 知彦 for Private Time/2011.08.10/仕事仕事

今日は朝から旧事務所(と言っても先週まで使っていた)で撮影の立会いです。
このオフィスは既に機能していないので、本来撮影も断るところでしたが、出版社の担当者の方の希望に応えるカタチで、貸出しをすることにしました。

建物の最後の利用者が僕たちスタッフではなく、スタジオ利用だというのも、何だか最後まで人のために使われているようで、悪くないですね。
引越して誰もいなくなったオフィスは媒体に掲載され、世の中の何万という人の目に触れます。
建物も本望でしょう。

img何もなくなったオフィス2階

思えばこのスタジオで、今までたくさんの撮影がありました。
オフィスを建築した当初は毎週撮影があって、いろんな芸能人やモデルが入れ替わり立ち代わり訪れました。
でもリーマンショックの後あたりから、出版不況で雑誌は部数を下げ、スタジオの使用頻度も減りました。

そんな中で久しぶりの撮影です。
モデルは最近結婚した話題の女性タレントでした。
名前を聞けば誰でも知っている人です。
最後に、めでたい人の撮影に使われるというのもうれしいですね。

全然関係ない話ですが、運というものはある、と僕は思っています。
これは人にも言えることですが、よい気運の時には色々なよい事が集まってきます。
運は全員に平等に訪れますが、それを掴めるか掴めないかは、本人の性格だったり、その人の日頃の行ないだったりします。
振り返ってみて、たまたま運が良かったということがありますが、その時は無意識であったとしても、あらかじめ運を掴む才能や条件が備わっていたと思います。
人生にとって、仕事にとって、運は非常に重要です。
会社の経営だって、運が左右することも多分にあると思います。
自分に訪れた運を見逃さずに掴むこと、
それは普段から弛まぬ努力をすることで、少しずつ近づくことができると思っています。

img誰もいなくなったオフィスは、なんだか荘厳で教会のようです。

img働いている時は、こんな綺麗な光景には気がつきませんでした。

img自分が長く働いていた場所なのに不思議です。

この建築も最後まで幸せな人に使われて、よいことだなと今日感じた次第です。

今日から新しいオフィスです

松本 知彦 for Private Time/2011.08.08/仕事仕事

今日から新しいオフィスで働いています。
昨日は朝8時から夜8時までの引越作業で、クタクタになりました。
疲れました・・・。

img昨日の朝8時の状態です。

今回オフィスの設計は、クラインダイサムを卒業して独立した服部ヒカルさんにお願いしました。
前の事務所の設計も担当していたので、昔から気心の知れた優秀な人です。
引越し前日の夕方にカギをもらうという、ギリギリなスケジュールでの引き渡しでしたが、仕上がった内装を見て、今までと比べると随分オフィスっぽくなったなあという印象。

グッドデザインカンパニーやミスターデザインのオフィス、ワンダーウォールの新社屋、以前訪れた深沢直人さんのオフィスなどを参考にしましたが、これらクリエイターのオフィスには共通点があります。
それは箱のデザインよりも、運用にかなりの労力を払っているという点です。
インテリアや家具のチョイスはもちろん重要ですが、初期のデフォルト状態をどれだけキープできるかに、彼らのクリエイティブに対する考え方が現れているように思います。

確かに、仕事を発注しようとするクライアントが、整理されていない雑然としたオフィスを見たら、不安になって発注を考えてしまうかもしれません。
特に彼らのような優れたクリエイターたちのオフィスは媒体への露出も多く、それが企業のブランド戦略にもなっています。
外部への媒体露出によって受け手側をコントロールしようとする戦略面を差し引いても、彼らのオフィスには働き方をデザインしようとするフィロソフィーがあるように思います。(もちろん外側からはそこしか見えないというのもありますが)
佐藤可士和が主催するサムライでは入社面接の際、本人に几帳面かどうかを質問し、その答え方によって合否を決めるというのを本で読んだことがあります。
ミリ単位でモノを見ることが要求されるクリエイターは、几帳面であることが基本であり、それを自覚してない人はクリエイターとしては失格だと。
自分が几帳面かどうかを聞かれて「はい」と答える人は、自分の几帳面さをポジティブに捉えて自覚している人であり、クリエイターとしては向いていると書いてありました。
そうしたフィロソフィーが彼のオフィスにも表れていると思います。

運用をデフォルト時に保つというのはなかなか大変なことだと思いますが、僕たちも今回の引越しを機会にチャレンジしたいと思います。

imgまだ引越し前の状態です。

img深沢直人がデザインデ監修したSEIKOのスタンダードクロックをアクセントに。

img個人の書類はデスク上に置かず、ファイルボックスで棚に入れて管理するルールに。

imgドアにはステンレスで社名があります。

今後、屋上そして3階の工事が控えています。
もう少し素敵なオフィスにして、皆さんをご招待できるのは来年くらいでしょうか。
そこまで資金があるのかどうか、、、、汗
がんばらないとです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版