INCOTEX J35

松本 知彦 for Private Time/2011.09.30/ファッションファッション

ジャケットスタイルが流行している昨今、グレーのウールパンツは男子の必携アイテムでしょう。
誰もがスタンダードと認めるパンツの王道INCOTEXです。

img

それまでインポートのパンツといえば、RotaやGTAでしたが、このブランドの登場により、ここ10年であっと言う間にINCOTEXがインポートパンツのスタンダードのようになってしまいました。
日本のセレクトショップの力も大きかったと思います。

ブランドの人気の秘密は、もちろん履いた時のシルエットの美しさにあります。
その中でも定番として国内で最も売れているのが、日本人の体型に合うように作られた「J35」。
1988年に誕生したノープリーツのパンツ「36」を改良したモデルです。
何が違うかというと股上の深さとわたりのサイズ感。
ちょっとの違いですが、見た目のシルエットはまったく違います。
「J35」の方がもちろん細くて、股上が浅い。

イタリア本国で人気の「A35」というモデルもありますが、こちらは「J35」より、渡りと幅が1センチ、裾幅が0.5センチ太い。
クラシックで一番ベーシックなタイプが「36」、それより細くてイタリアで若者に人気の「A35」、日本人の体型に合わせてさらに細く作られた「J36」。
もっと裾幅を細くした「30」というモデルもあるのですが、ここまで来るともう何だかよくわかりません。
しかし履いた時の見え方が全然違うので、単にグレーのパンツと言っても奥が深いということですね。
「36」だと太いし、日本向けの「J35」は細すぎてちょっと、、って言う人には「A35」がぴったりだったり、ショップで色んなモデルを履き比べてみるのもいいかもしれません。

img以前はありませんでしたが、最近パンツの内側にブランド名を入れるようになりました。

img腰にあるV字型の切込みがフィット感を生みます。その裏には必ずサイズタグ。

imgINCOTEXを扱う企業名SLOWEARのマークも前シーズンあたりから入るようになりました。

僕もインコのパンツは何本か持ってますが、年ごとに微妙にマイナーチェンジするので、やっぱり昔のものを履くと股上が深かったり、単にパンツだとは言え、確実にトレンドがあるなあと感じる次第。
こういうのは女子にはまったくわからない世界ですよね。(男子もですか?・・・笑)

最近では今トレンドになっているチノパンで話題のカジュアルライン、INCOTEX REDが注目されています。
パンツ専業ブランドとして、1951年にイタリア・ヴェニスで創業。

img昔のINCOTEXはタグのデザインが違います。

img珍しいところで、ポルトガル製のINCOTEXのタグです。

A Designer's Art / Paul Rand 

松本 知彦 for Private Time/2011.09.28/本

イエール大学でポール・ランドが学生たちに教えていた時の教科書です。
有名なIBMやABCテレビのCIなど、1930年代から1980年代までの多彩な仕事が収録されています。
ポール・ランドの作品集ではこれが一番のお気に入り。

img背が焼けて色が褪せてしまいました。

自身のデザイン論も掲載されているのですが、英語なので意味がよくわかりません。。
翻訳した日本版も出ないものかなぁと思います。

img

Cassina ixc. LOTUS theater board

松本 知彦 for Private Time/2011.09.27/インテリアインテリア

カッシーナ・イクスシー「LOTUS」シリーズのAVシアターボードです。
イタリアンモダンファニチャーブランドとして認知されてきたカッシーナが、イクスシーとして新たな自社ブランドを作り上げるために投入したeast by eastwestの商品です。
http://www.cassina-ixc.com/ja/brands_products/ixc/ixc_edition/east_by_eastwest/index.html

img

img

イケアの進出やリーマンショックの影響など、ファッション同様、家具においても高額商品を購入する気分は遠くへ過ぎ去ってしまいました。
コクヨのコンランショップ買収、hhstyle.com原宿店閉店、カッシーナ渋谷店撤退など、去年次々に起きた縮小傾向は、今後もしばらく続くでしょう。
確かにカッシーナが毎年開催している新作発表パーティに行って、イタリアンファニチャーの高額商品を見ても以前のようにワクワクしなくなりました。
消費者にとって選択肢が増えたことはいいことですが、企業にとっては次の新たな戦略が求められます。

社内デザイナーの起用による「LOTUS」のような、カッシーナの中ではどちらかと言えば安価な商品(それでもそんなに安くないですけど、、)の投入は、短期で答えを出す経営戦略としてはよいのかもしれません。
しかし、日本人デザイナーや社内デザイナーを起用して、今までイタリアンファニチャーとして築き上げてきたブランド認知をどこまで維持するのか? ブランドの方向性を変えていくのか? その動向を見守りたいですね。
CassinaとCassina ixcの違いは、知らない人にはわかりませんから。

同じインテリア企業でも、ドイツのアート系出版社TASCHENの店舗をオープンさせたり、来年1月に新雑誌を創刊する計画を発表したり、次々と新しい手を打ってくるFrancfrancで有名なBALSなどと、どのように対抗差別化していくのか見極めていきたいと思います。

imgカタログに掲載されてる写真はカッコいいです。

深沢直人 プラスマイナスゼロ 22V LCD TV

松本 知彦 for Private Time/2011.09.27/ライフスタイルライフスタイル

プラスマイナスゼロから出ていた22インチのテレビです。
8インチの方はまだ販売しているみたいですが、こっちは廃番になってしまったみたいですね。
残念です。

img

深沢直人のコンセプトにあるように、どんな生活にも溶け込むシンプルなデザイン「画面だけのテレビ」です。

テレビは値崩れが激しく、シーズンごとに新しい機能を持った新機種が発売されるため、デザインで差別化を図ろうとするこうしたモデルを数年単位で継続販売することはむずかしいでしょう。
スピーカーがスタンドの内部に仕込まれていたり、細部に渡ってデザインされていますが、デジタルチューナーがついてなかったり、機能面では家電メーカーのそれよりかなり劣っていると言わざるを得ません。
機能とデザインが融合してこそ、商品は魅力的に輝きます。

チューブの形をした真っ赤なリモコンがかわいいです。

代々木公園 代々木八幡宮

松本 知彦 for Private Time/2011.09.26/東京東京

毎年恒例で開かれる代々木八幡宮(通称、代々木八幡神社)のお祭りです。
今年は800年祭ということで、例年より1日多く3日間で行われました。
行ったのは24日の最終日です。

img境内への入り口は山手通りに面しています。

初詣、お宮参り、七五三、厄払い、建物を建築する際の地鎮祭、この神社には色々お世話になっています。
普段は丘の上の森の中にひっそりと佇んでいて、渋谷にこんなに緑がある場所があったんだと思いますが、たぶん百年くらいここの景色は変わってないのでしょう。
テレビ番組で有名な作家の平岩弓枝さんの実家だそうです。

毎年9月に開かれるお祭りは、露天商も多く出て、大変に賑わいます。
いつもは広く感じませんが、お祭りの時だけは行き交う人で境内がやたら広く感じます。
場所柄もあると思いますが、若い人、特にファッション関係者と思われる人たちがたくさん来るのも特徴でしょう。
モデルや芸能人も多いです。

この神社でB’sの稲葉夫妻(奥さんは松崎しげるの元奥さん!)、森高千里、今年のお祭りでは和田誠さんの息子でトライセラトップスのボーカル、王様のブランチのレポーターの女子(名前わかりません)を見かけました。
皆さん代々木上原駅のすぐ近くに住んでいるので普段でも見かけますが。

img

img

でも、あんまりこれ以上ファッションピーポーな若者(?)には来て欲しくないなあと一方で感じたり。
やっぱりお祭りって色々な人たちが混じっていた方がいいと思うんです。
浴衣着たおばあちゃんとか、威勢のいい地元のおじさんとか、もっともっとそういう人たちに来てほしいなあと個人的には感じました。

Kiehl's RICE & WHEAT VOLUMIZING SHAMPOO

松本 知彦 for Private Time/2011.09.22/香り香り

前回の頭ネタついでにもう1つ。
キールズのシャンプーを紹介します。
その名もボリュームシャンプー。

img

髪にハリがない、細くボリュームがない方におすすめ、と説明にあるように、僕にぴったりのシャンプーです。笑
そもそもこのブランドを紹介してくれたのは、伊勢丹メンズ館のM宮女子ですが、彼氏にプレゼントして喜ばれたというのは、これかなあ。(キールズはシャンプーだけで6種類あるので)
自分にとっては2本目のKiehl’sシャンプーになります。
http://blog.10-1000.jp/cat41/000440.html

さてこのシャンプー、使った時なんとも言えない香りがします。
何の香りだろうとずっと考えていたのですが、紅茶の香りですね。
もちろん成分には紅茶なんて入ってません。(ハチミツが入ってます、液体もハチミツ色)
でも紅茶の香りがするんです。
いい香り。

難点を言うと泡があまり立たないことでしょうか。
適量というのが判断つかないため、1回じゃ足りずに再度ボトルから出さないといけない時があります。
意見は分かれるところでしょうけれど、もうちょっと泡立ってもいいかも。

同じラインのボリューム コンディショナーとセットで使っていますが、よい香りで気持ちのよいシャンプーです。
これでボリュームアップ・・・はしてないかもしれませんけど 苦笑

Philippe Starck  ROSY ANGELIS 

松本 知彦 for Private Time/2011.09.21/インテリアインテリア

このライトを購入したのは10年ほど前。
スタルクの初期の傑作です。
住宅だけでなく、ショップやレストランでも見かけるので知っている人も多いでしょう。

img

スタルクは当時、自らも写真集を出版するなど、インテリアデザインを志す者なら誰もが注目する存在でした。
イギリスやイタリアのデザインと違って、そのスタイルはお国柄であるフランス的な?エレガントな要素とシャープでアバンギャルドな要素の異質な組み合わせが最大の特徴です。
このライトでも照明部分にカーテンのように掛けられた布から漏れる柔らかな光と、それと拮抗するシャープな3本の金属製の細い脚の組み合わせが魅力となっています。

当時、彼がインテリアデザインを手がけて青山にオープンしたばかりのアラン・ミクリのショップが、この照明器具とほとんど同じイメージで構成されていたのを見て、やはり彼は布のドレープが作り出すエレガントさとシルバーやガラスの硬質でクールなイメージを組み合わせるのがよほど好きなのだなと感じたものです。

imgセンターに見えるシルバーのバーが調光機能

マイナスなのはカーテンの中にある調光機能のせいなのか、よく故障することです(うちのだけかも)。
大抵の場合、ヒューズボックスのヒューズを交換すると直ります。

TWIGGY エピキュリアンヘアトニック

松本 知彦 for Private Time/2011.09.20/香り香り

いよいよやばくなってきました。
最近どんどん髪の毛が薄くなっている気がします。汗

ダウンライトの下で自分の姿を鏡で見ると、頭の皮がモロに見えています。恐ろしい。。
このビジュアルを見る度に衝撃を受けます。 
何度見ても、何十回見ても、見る度に必ず強い衝撃を受けます。笑
髪の毛も細くなっているのでしょうけれど、面積当たりの本数も確実に減っているみたいで、スカスカです。
髪の毛が柔らかいので、高校時代から同級生には「お前禿げるぜ」と言われて来ました。
父親は禿げてないので、そのたびにオヤジは禿げてないから大丈夫、と言ってきましたが、、、実はじいさんはツルツルです。爆
これは隔世遺伝になるのでしょうか・・汗。

imgユニセックスですが、パッケージデザインは当然女子向け。

ここ数年通っている青山の美容院twiggyで勧められて、ヘアトニックを購入しました。
今、これを毎日使っています。
使用感は爽快、加えてこの商品には育毛剤で有名なリアップの開発者が携わっていて、増毛効果もあるとのこと。
育毛なんて無縁だと今まで思ってきましたが、新しい分野にここから足を踏み入れてしまうのでしょうか。
あんまり踏み入れたくないんですが・・・汗。
同じくツイギーで買ったVolume up treatment、そして今回のエピキュリアンヘアトニック、この2つでどうにかがんばって欲しいものです。
本気の育毛剤とか、シャンプーとか言い始めたら、どこまでも行ってしまいますからね。

たくさん使えば生えて来るなんてことはあるわけないのに、やたらと減る速度が速いのは、気持ちの表れでしょうか・・・苦笑

アリゴ 神保町 

松本 知彦 for Private Time/2011.09.16/食べる食べる

神保町はおいしいカレー屋がたくさんあることで知られますが、ここはフレンチです。
ランチで行きました。

img渋く描きすぎちゃったかな、でもこんな感じです。

特筆すべきはその建物でしょう。
昭和の古い建築をそのまま改装して使っています。
この建物で以前営業していたと思われるお店、三亀商店という看板をそのまま残していますが、以前は何屋だったのでしょう?氷屋かな?
玄関で靴を脱いで2階に上がると、そこは座敷になっていて、ちゃぶ台が置かれています。
畳で座布団に座って食べるフレンチってなんだか不思議。

店員さんに何がオススメなのかを聞いたみたところ、メンチカツだそうで、早速メンチカツを注文しました。
しかしメンチカツってフレンチ??
ランチメニューは洋食屋な感じです。
隣の席ではイカすフランス人女子もランチを食べていましたが、フランス人はこういうフレンチについてどう感じるのでしょうね。
食べながらフランス語をしゃべってましたが、当たり前ですが、さっぱりわかりませんでした。

imgランチのメンチカツです。

去年の10月にオープンしたそうですが、夜は結構人気があるみたいです。
味というより建物にやられてしまったアリゴでした。

妖怪百物語 1968

松本 知彦 for Private Time/2011.09.14/映画映画

夏もそろそろ終わりですが、夏と言えば妖怪です。
ということで怖い妖怪映画を紹介します。
大魔神などでヒットを飛ばす大映が当時の妖怪ブームに乗って制作した妖怪3部作の1本。
怪談話を1つ話す度にろうそくを1本づつ消していく、江戸時代の百物語という催し物を題材にしています。

img

百話の話が終わって最後のろうそくが消されると、本当の妖怪が現れるという昔からの言い伝えがあり、最後に必ず憑き物落としのまじないを行うことが百物語のしきたりとなっていました。
映画ではこれをしなかったために、次々と妖怪が現れるというもの。
たくさん登場する妖怪のキャラクターは水木しげるの妖怪画からデザインを起こしています。

この映画が作られた当初は相当に恐ろしかったと思いますが、50年経った現代ではそんなに怖くありません。
ストーリーも時代劇にありがちな悪代官と腹黒い商人VS善良で貧しい長屋の人々、そこに妖怪が出てきて悪代官たちを呪い殺すという勧善懲悪ものです。
シリアスなドラマなのですが、時代は変わったなあと感じます。

img

img毛利郁子演じるろくろ首

ろくろ首役で出演しているのが毛利郁子。
この映画の翌年に殺人事件を起こして有名になった女優です。
妻子ある男性と7年間交際して子供をもうけた末、最後に相手を刺し殺してしまうという事件。
19歳でミス温泉に選ばれた後、やくざに監禁されてクラブで強制的に働かせられ、その後そこから救い出してくれた暴力団組長の2号を経て、26歳で女優デビュー。
凄まじい経歴です・・・・。
女優になってからは「座頭市」「眠狂四郎」など51本の映画に出演しています。
殺人を犯した現役女優というのは当時相当に騒がれたことでしょう。
それを知りつつ映画を見ると、彼女の演技にも常人離れした凄みのようなものを感じるのは気のせいでしょうか。。。
出てくるシーンを巻き戻して繰り返し見ちゃったり・・・。

「妖怪百物語」のヒットを受けて制作された「妖怪大戦争」もヒット。
ここでも毛利郁子は、またもやろくろ首役で出演しています。。。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版