天城峠 旧天城トンネル

松本 知彦 for Private Time/2011.10.11/旅

「あなたと越えたい天城~越え~」
石川さゆりの歌でおなじみの天城トンネルです。
映画にもなった松本清張の小説「天城越え」や、川端康成の小説「伊豆の踊子」にも出てくる有名な場所ですね。

img

旧天城トンネルは正式には天城山隧道と言い、現在利用している新しいトンネルと区別するために、旧天城トンネルと呼ばれています。
静岡県の伊豆と河津を結んでいますが、ここに行き着くまでに細く険しい峠の道を登らなければなりません。
このトンネルが完成するまで、南伊豆の人たちは北伊豆へ向かう手段がなく、孤立していたそうですが、トンネルが完成する以前の天城越えは相当の難所だったと思われます。(トンネルまではかなり急な坂道が続きます)
明治38年に開通した天城トンネルは全長445.5m、総石造りで平成13年にはトンネルとしては初めて国の重要文化財に指定されました。
時代的にもたぶん人がつるはしなどを使って、手で掘ったと思われますが、5年間で12人の人が命を落とした難工事だったようです。

img

img

このトンネルは1車線しかないので、対向車が来たらどちらかがバックするしかありません。
トンネルが完成した明治時代は、車も少なかったでしょうからこれで十分だったのだと思います。
そんなこともあって、1970年に開通する新天城トンネルの必要性につながっていったのでしょう。
トンネルの中は電気もなく真っ暗ですが、歩いて向こう側へ抜けることができます。
規則正しく積み上げられた石が出口までずっと続いていて、まるでセットのようです(って言っても暗くてよく見えないんですが、、)。
心霊スポットとしても有名です・・・・
夜は、、、歩いて通るのは僕には無理です。汗

img

ホルべイン 透明水彩絵具

松本 知彦 for Private Time/2011.10.07/文房具文房具

僕が美大を目指していた高校生の時、絵を描く道具は重要なアイテムでした。
揃える絵具のメーカーで、人との差別化を何とか図ろうとしたり。
そんなので絵がうまくなるわけもなく、くだらないことなんですけど、そうでもしてどうにか人と差をつけようとみんなこぞってやっていました。

img

当時みんなが使っていたのは、ほとんどがクサカベという国産メーカーか、ホルベインのどちらかで、この2つのブランドはよく比較されていました。
ホルベインの方が舶来モノなので、クサカベより値段が高く、そのせいなのかホルベインの方が色が綺麗だと言われていました。

絵具は、同じメーカーですべて揃えることはせず(購入時はしたかもしれないけれど)、なくなったものだけ単品のチューブで買い足していくので、その際どのメーカーのものを買うかが重要でした。
その中で一番高かったのがホルべインのバーミリオン(朱色)です。
1本1000円以上はしたと思います。

他の絵具はクサカベでも、バーミリオンだけはどうしてもホルベインにする必要がありました。
理由は簡単、色が綺麗だと言われているので、作品がうまく見えるからです。
確かにクサカベとホルベインのバーミリオンの色は違っていました。
今考えればどちらがいいというわけではないですが、これが同じ色?と感じるくらい色味が異なっていて、ホルべインにはホルべインにしか出せない色だったのを覚えています。
僕もほとんどクサカベの絵具を使っていましたが、バーミリオンだけは努力してホルベインのものを買っていました。
でも高かった・・・

そんなわけでホルべインのバーミリオンという色には、特別な想いがあります。
同じ美大を目指す仲間たちの間で当時言われていたように、クサカベでは出せない色、価格以上の価値、大学に受かるための必携アイテムなどなど、そこには特別な力が存在するように僕も感じていました。
キャップを開いてパレットに絵具を出す時には特別の想いがありましたね。

久しぶりにホルべインの絵具を買ってみましたが、ロゴも変わって昔より現代的?になった印象。
以前はHWCなんて省略ロゴじゃなかったのに。
これは透明水彩絵具なのでそんなに高価ではないですが、僕にとっては憧れのメーカー。
このブログのイラストもホルべインの絵具で着彩しています。

Trek: David Carson Recent Works / David Carson

松本 知彦 for Private Time/2011.10.05/本

デビッド・カーソンでもう1つ。
近作を集めた作品集。
2003年に出版されたものなので、今となっては近作ではないですが。
やっぱり独自のタイポグラフィはここでも健在。
印刷物のグラフィックデザインだけでなく、Webや写真の作品も収録しています。

img

img

慰労会 最近感じること1

松本 知彦 for Private Time/2011.10.04/仕事仕事

最近気になっていることがあります。
それは会社の慰労会についてです。

今までdigでは慰労会に関して明確なルールはありませんでした。
忘年会、新人歓迎会という、会社組織でお決まりのイベントに加えて、4月にはお花見、そして隔月で誕生日会というのを全額会社負担で開催しています。

以前は、福利厚生として会員になると全国の施設を利用できる企業と法人契約もしていましたが、契約から3年経過しても誰も施設を利用しないので、解約しました。
社員旅行でハワイに行ったこともありますが、現在は行っていません。
ハワイの翌年、みんなで次に行く場所を決めなさいと言ったのですが、行く場所を巡って、また手配段取りする人を巡って、スタッフの間でちょっとした揉め事があり、そんなに揉めて行ってもみんな楽しくないだろうし、楽しくないものに行く必要はないという考えで、取りやめました。
以前は誕生日会を会社内で行うことも多かったのですが、会が終わったあとの片づけを手伝わず、自分だけ飲んで食べて帰る人がいるという批判が出て、これも同じ理由で一時取りやめになりました。
みんなで楽しいことをしようと企画したイベントなのに、嫌な思いをするようなことがあるならやめるべきでしょう。
イベントをするなら、ルールも必要でした。

20人くらいの会社で1年間にみんなが集まる頻度、使う金額はどのくらいが妥当なのか。
会社としてみんなにできることは何だろうか。
そして、一番重要なことですが、みんなが楽しいと感じることは何なのか。

誕生日会はもともとオフィスの設計を依頼したKDaが毎月行っていたバースデーランチのイベントを見てよいと感じ、うちの会社でも取り入れてみようと思って4年前に始めたのがきっかけです。
それがスタッフの意向で夜に催されるようになり、いつの間にか今では誕生日会という名目でプロジェクトの打ち上げだったり、歓迎会であったり、全員が参加する慰労会となっています。

しかし年間6回、案件が山場に差し掛かっているチームを含めて、早い時間にスタッフ全員を集めるのは至難の業で、これが毎回大変な作業でした。
そして以前問題になったのと同じように、準備する主催者側が苦労して日程調整、会計、お店選びをしているのに、参加する者の中にはそんなことはまったく考えていない者もいて、果たしてこのイベントは全員が楽しめるものになっているのかどうか疑問を持たざるを得ない状況でした。

誕生日のコンセプトから見直さなければならない。
一部の人だけが苦労して毎回開く慰労会というのはよろしくないと感じています。
全員参加のイベントではなく、参加したい人だけが参加できて楽しめる会があってもいいのではないか?
イベントのシステムを見直さなければならない。
ここ半年、そんなことを考え始めていました。

他の会社にもヒアリングをしましたが、これも会社ごとにバラバラでした。
ほとんど慰労会をしない会社もあれば、頻繁に行う会社もある。
スタッフの積み立てからイベントのお金を出して行う会社もあれば、全額会社負担の会社もある。
僕が以前勤めていた企業は、忘年会、歓迎会含め、会社主催のイベントは、すべて会費制の自己負担でした。
調べてみてわかったことですが、会社負担で年間誕生日会6回&忘年会&お花見=年間8回もスタッフ全員が集まる会を催す会社は他にあまりないようです。
相談に行った社労士事務所にも「そんなに頻繁にやっている(お金を出している)会社はあまり聞いたことがないですね」と言われてしまって、他社ではそれほどやっていないことに気づかされたのでした・・・。

みんなががんばった結果をみんなに配分するわけで、これはよいことだと思っています。
改善したいのはお金の問題ではなく、中身です。
一部のスタッフだけが大変な思いをするのではないイベントは?
会社が提供することでスタッフが楽しめることってなんだろう?

会社主催ではなく、スタッフが自主的に開催したBBQイベントは本当に楽しかった。
そもそも会社が楽しめるイベントを主催するのは無理があるのか?
すべてに全員が参加する必要はないのではないか?

色々考えを巡らすのでした。

PT01

松本 知彦 for Private Time/2011.10.03/ファッションファッション

イタリア・トリノで2008年に誕生したパンツ専業ブランド。
PANTALONI TORINOの頭文字を取ってPT、パンツNo.1という意味で01、PT01(ピーティー・ゼロ・ウーノ)です。
5ポケットのパンツPT05のラインもあります。

img

このブランドのディレクターを務めるMARIO STEFANOという人の経歴がすごい。
長年INCOTEXに在籍した後、BOGLIOLIに移籍して大成功を収め、その後BRUNELLO CUCINELLIに移籍して、現在のPT01に。
在籍したブランドは今のトレンドを牽引するイタリアブランドばかりです。

imgブランドのVIカラーはブラウンです。

imgプラスチック製のハンガーを使用しているINCOTEXに対して、ハンガーまで木製で自身のVIカラーに揃えるなんてシャレおつな。

このブランドのパンツの特徴は、、、まず細い!
INCOTEXより細いです。
しかし窮屈な感じは皆無で、身体のラインに沿うように作られていて快適です。

INCOTEXのパンツを履きなれている人がPT01を履くと、きっと驚くことでしょう。
膝下からストレートが主流だったパンツが、よりテーパードに。
これを履いたら、INCOTEXよりもPT01の方がよいと感じる人も多いのではないでしょうか。
最初、僕もそう思いました。

イタリアンクラシコが好きっていう訳では全然ないのですが、パンツはやっぱりイタリアモノが優れているのでしょうかねえ。
イタリア以外でパンツ専業ブランドってあまりないですから。
と・・・前回の続きで、また女子にはまったくわからないお話でした。笑

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版