ROLEX エクスプローラーI

松本 知彦 for Private Time/2011.11.15/ファッションファッション

この時計を購入したのは企業を退職して、独立間もない頃です。
それまで時計などなんでもよいと思っていました。
スウォッチやデッドストックのタイメックス、ロシアの出張で買ってきた時計など、安物の変わった時計をその日の気分でつけ替えていました。

imgこのレベルで描き込むと疲れるわ・・・笑

しかしある日、奥さんに「打ち合わせの時、クライアントはあなたの身に着けているものを必ず見ている。自分の主張を通してビジネスで信頼を得たいのなら、よいものを身に着けるべき」と諭され、これにはなるほどなあと思いました。
彼女曰く、人前に出る機会が多い人であれば、ビジネス上で優位に働く格好を意識すべきである、特にモノを作ることを生業としている人なら、そのセンスを見られている、と。
今思えば、自分をブランディングせよと言っていたのでした。
しかし当時はまったく気が付きませんでしたね。
自分の好きなものを好きなように身に着けて、これが俺様だと(笑)。
他人からの視点などまったく無頓着でした。

これをきっかけに第3者の視点を持とうと普段から心掛けるようになりました。
今でもこの時計を見ると自己のアイデンティティに固執していた当時の自分を思い出し、もっと広い視野を持とうという気持ちに立ち返ります。
当時の自分には決して安い買い物ではありませんでしたが、買物が自分を鼓舞してくれることもあるのだということを学びました。

1952年、世界の探検家のために登場したエクスプローラーI。
高精度な自動巻きムーブメント、100m防水、ストイックで視認性の高いシンプルなデザイン。個人的にはエクスプローラーIIより断然こちらの方が好きです。
今のトレンドである時計の大型化に呼応して、2010年にはケース径が36ミリから39ミリに変更されました。

七五三

松本 知彦 for Private Time/2011.11.14/私の履歴書私の履歴書

昨日は長女と次女のダブル七五三でした。
午後、みんなで代々木八幡神社へ。

img

img姉妹です。

午前中はかなり混雑したようですが、午後は七五三で訪れる人もまばらで静かな神社。
明治神宮だとこうはいかないでしょう。
境内では、水の張られていないプールの写真で知られる知り合いのカメラマン平野太呂氏に偶然会ったんで、会ったついでに家族の写真を撮ってもらいました。笑
厄払いをはじめ、いつもたくさんお世話になっている代々木八幡神社、最近はパワースポットとしても有名です。
お祭りの時はあんなに賑わっていたのがウソのよう。
静かに静まり返って、マイナスイオンあふれる特別な場所のように感じます。

img

代々木八幡神社のあとは、パークハイアットの40階にある梢へ移動。
パークハイアットの現在の総支配人は、たまたま知り合いなので、あらかじめ連絡しておいたのですが、子供のメニューなど、通常では行わないサービスまで色々準備してくれて。
ありがとうございました。
しかし梢はおいしいですね。
こういうところには時々来ないといけないです。
久々においしい和食をいただきました。
器も美しい。

img

朝から晩まで家族イベントで丸一日使いましたが、旅行などと違って、主役は100%子供です。
彼らのために、あらかじめ予約の段取りをして(僕はあんまりしてないですが 汗)、当日彼らのためにフルに1日使うという、こういうのってなんだか不思議な感覚ですね。
両親は僕をこうして育ててくれたのかもしれません。
彼らが大人になった時、覚えていてくれたらうれしいなぁ。

Hillditch&Key

松本 知彦 for Private Time/2011.11.11/ファッションファッション

ヒルディッチ&キーはイギリス、ロンドンのジャーミンストリートにあるシャツメーカーです。

img

1899年チャールズ・ヒルディッチとグラハム・キーにより設立されました。
このシャツは20年前にロンドンのショップで購入したものです。
日本のセレクトショップでもいくつか取り扱っていましたが、高額で当時の僕には買えませんでした。
ロンドンに行った時に何枚か購入し(日本の価格の1/3だった!)、その後ロンドンに住む友人にも頼んで送ってもらったりしていました。
なにせ、海の向こうの店に注文できるECシステムなんてない時代でしたから。

当時日本ではシャツと言えば現在のようにイタリアが主流ではなく、圧倒的にイギリスでした。
国産のチマチマした作りとは違い、硬くてゴワゴワした大ざっぱな作りで、袖を通すだけで明らかにそれとわかる、独特の肌触りのシャツを着るたびにモチベーションがあがったものです。
しかし今着ると、でかい・・・・。
身幅も着丈もゆとりを通り越して単にでかいです。
スリムフィットのシャツや、オーダーシャツに慣れてしまっているせいでしょうか。
色々なところを補正して現在でも着ています。
20年前のシャツを今でも着られるのがイギリス製のいいところですね。

img

イギリスシャツメーカーといえばターンブル&アッサーと、このブランドだと思いますが、ヒルディッチ&キーは最近見かけなくなりました。残念です。
商社が入って日本マーケット向けに商品を開発しているターンブル&アッサーと違って、英国そのまんまのヒルディッチ&キーはやっぱ作りがでかくて無骨だからでしょうか・・・。
サヴィルローの歴史ある名門テーラー「ギーブス&ホークス」が数年前に日本市場から撤退してしまったように、英国オタク相手だけの商売では成り立たない、一般にも広くアプローチする戦略が求められるむずかしいビジネスなのでしょうね。
http://www.hilditchandkey.co.uk/

唇からナイフ 1966

松本 知彦 for Private Time/2011.11.10/映画映画

女性版007とも言うべき60年代英国スパイカルトムービー。
当時の新聞に連載されていた人気コミックの映画化です。

img

一応コメディ映画ということになってますが、まったく笑えるところはありません。
はっきり言って退屈で全くおもしろくない映画です。
唯一の見どころは、当時のスウィンギングロンドンのポップカルチャーの影響が至るとこに見られることでしょうか。

まず主役のモニカ・ヴィッティの衣装。
ロンドン、アムステルダム、ナポリなどで次々と衣装を変えて登場する彼女の魅力で、ギリギリこの映画はもっています。
僕は好きじゃないですけど。
そしてブリジット・ライリーか、バザルリかというポップアートで彩られたインテリア。
音楽、色彩、車、秘密兵器、ファッション、60年代の最先端ポップアートの要素が詰まってます。

俳優陣も豪華。
商業映画でも、娯楽映画でも、アート作品でもない、なのにお金をかけているなんだかよくわからないキッチュな映画。
今ならカルトなお洒落映画ということになるのでしょうが、ストーリーは本当に退屈極まりません。
1967年にピーター・セラーズが主演したカジノロワイヤルにも似ています。
60年代マニアにはたまらない映画でしょう。

img

img

Sozzi ホーズ

松本 知彦 for Private Time/2011.11.09/ファッションファッション

1912年にイタリア ミラノで創立されたソックスブランドです。

img

長い靴下のことをホーズと言いますが、紳士の国・英国では足を組んだ時にすね毛を見せないことがジェントルマンの身だしなみの基本と言います。
スーツには必須アイテムなのです。

秋から冬にかけて僕は毎日ホーズを愛用しています。
春先や秋口にはコットン、冬にはウールのホーズを選びますが、ホーズのポイントは履き心地もそうですが、まずずり落ちないことですね。
歩くのはもちろん、走ってもずり落ちないこと、これが非常に重要です。
特にコットンは何度か洗っていると商品によってずり落ちる確率が高くなりますが、歩いていてずり落ちてくるストレスと言ったらないのです。

img

ソッツィは抜群のフィット感です。
秘密は厳選されたウール糸にナイロン糸をスパイラル状に編み込むリトルノと呼ばれる独自の製法。
足を立体的に包み込み、肌に心地よくフィットします。
ホーズの代表ブランド。
細番手のウール85%、ナイロン15%、いつも愛用しています。
これからはイングリッシュジェントルマンに習って、すね毛を見せずに行きましょう! 笑

Penhaligon's SARTORIAL

松本 知彦 for Private Time/2011.11.08/香り香り

英国生まれのクラシックな香りペンハリガンから昨年出た新作サルトアルです。

img

サヴィルローのビスポークテーラーをイメージして作られたというストーリーを聞くだけで、もう買わないわけにはいきません!
香りはこの際どうでもよいです。(笑)

甘くて苦くて深みがあって、スーツに似合う香りなのではないでしょうか。
秋はやっぱり英国スーツで行きましょう。
テーラーがテーマだけあって、ボトルにボウタイがついているのも可愛いですね。

Smile!/THE REMO FOUR

松本 知彦 for Private Time/2011.11.07/音楽音楽

ブリティッシュR&Bモッズバンドが1967年に発表した唯一のアルバム。
ビートルズで有名なドイツのStar clubから発表されています。(なのでドイツ盤です)
商業的には成功しませんでしたが、グルーヴィーなオルガンが相当にカッコいいです。

img

リバプール出身でポール・マッカートニーの高校の同級生がギターを弾いていますが、のちにジョージ・ハリスンのソロアルバムのバックも務めます。
オルガンとドラムがバンドの要になっていてどの曲も完成度は高いです。
特にジャック・マクダフのRock Candy、キャノンボール・アダレイのJive Samba。
この2曲のカヴァーは、ジャスに独自のロック的解釈を加えていて、どちらもカッコいい。
ノリノリです。

Peter Gunnもやってます。

湯島 3331

松本 知彦 for Private Time/2011.11.04/東京東京

2005年に閉校した中学校を改造して、2010年にオープンした複合芸術文化施設とも云うべき場所。
3階まである建物(校舎)では、色々なアーティストが元々教室だったスペースを利用して活動を行っています。
装丁で知られるデザイン事務所、アジールなども入っていたり。
名前の3331は、日本人がめでたい時にする手拍子「シャシャシャン(3)、シャシャシャン(3)、シャシャシャン(3)、シャン(1)」に由来しているそうな。

img芝生の庭を抜けるとエントランスです。

img1階には気持ちのよいカフェがありますが、後ろの壁には黒板。以前は職員室かな?

1階には大きなギャラリーがあって、そこで開かれていた「TOKYO GRAPHIC PASSPORT 2011」に行ってきました。
Graphic Designの魅力を通して異文化と触れ合うことをテーマに、パリと東京で開かれているイベントです。
参加者は、日本からは古平正義、佐藤可士和、中島英樹、北川一成、菊池敦己などなど。
展示もおもしろかったのですが、なんといってもこの場所がおもしろかった。
中学校の壁を抜いただけあって、ギャラリーはすごくでかいのです。
すべて無料でゆったりと見られる、とってもユニークな空間。
商業主義が入り込んでいなくて、いいですね、こういう場所。
非常に今っぽいです。

img

imgギャラリーは大きく4つに分かれていますが、かなり広いです。

同時にノルウェーのグラフィックデザイナーや建築家、アーティストが中心となって、日本の東北地震をテーマに106人が作品を展示している部屋がありました。
販売もしているとのことなので、ここで作品を2点購入しました。
会社の壁が真っ白なので、何か作品を展示したいとちょうど思っていたので。
額付きで1点1万円、安いです。
チャリティだからですね。
作品を購入することで貢献できるのはいいことだと思います。

img

img

昔はいつも美術館に行っていたのに、最近ではあんまり行かなくなりました。
時々こういう場所に来ることは必要ですね。
改めて感じました
http://www.3331.jp/

慰労会 感じること2

松本 知彦 for Private Time/2011.11.02/仕事仕事

日本経団連の報告書によると企業の従業員一人あたりの福利厚生費は4年連続で減少。
これは給与総額が4年連続で減少していることに起因しています。
知り合いの会社5,6社に聞いた結果でも、忘年会以外はまったくやってないという会社がほとんどでした。
聞いた中で、一番多くイベントをやっている会社でも年4回。
これも納会らしいので、慰労会というより会食しながらの業務MTGでしょう。
こうして見てみると調べた範囲では、会社と個人の結びつきを深めたり、スタッフをねぎらうイベントは、ほとんどの会社で開催されていないのが現状のようです。
今まで年間10回、全員を集めて会社主催の慰労会を開いていたのは、他社と比べると明らかに多いことが調べてみて改めてわかりました。

多いから悪いということは決してないと思います。
会社主催のイベントは業績に連動するため、流動的です。
だから会社で固定化したルールとする必要はないと思いますが、会社としての明確な考え方だけは、このあたりで決めた方がいいだろうなあと感じていました。

他社が行っているもの含め、会社で年間に行うイベントをすべて書き出してみました。
・新年会
・歓迎会
・お花見
・社員旅行
・打ち上げ
・チーム親睦会
・誕生日会
・BBQ、ビアガーデン的なシーズナルイベント
・ボーリング大会などのスポーツイベント
・送別会
・クリスマス会
・忘年会
・納会

これらの中で、うちの会社が全員参加&会社負担でやってよいものを優先順に並べてみました。
・忘年会
・歓迎会
この2つは全員参加で開いた方がいいでしょう。

必要のないもの。
新年会は年賀状と同じく最近やらなくなった会社がほとんどでしょう。
スタッフ退職時の送別会は、退職の事情や在籍期間など様々なケースがあるので、不公平にならないよう以前から会社主催のイベントからは、はずしています。
あとのイベントは・・・正直個別に開けばよいものだと思います。
それを会社がサポートする必要があるのか?否か?
スタッフのコミュニケーションや慰労目的のイベントと、会社の意思を伝えたり、共有するためのイベントとは明らかに分けて考えるべきでしょう。

これまでスタッフの慰労やコミュニケーションを重視して開催してきたイベントですが、今後は会社の業績や業務に結びついたイベントに比重を移していきたいと思います。
業績、功績ともに会社に貢献した人を、オープンに表彰するシステムがあってもいいでしょう。
それがみんなの成長の糧になればと思うし、みんなが成長して行ける環境作りに、お金を出したいと考えはじめています。

一方で、今まで行ってきた誕生日会がなくなるのは寂しい気も。
そこでコミュニケーションを深めるためのイベントとして、今年は忘年会を兼ねて、10年ぶりに社員旅行に行くことを計画しています。
冒頭に書いた世の中の流れと、まったく逆を行ってますが・・・苦笑

マッサージ

松本 知彦 for Private Time/2011.11.01/仕事仕事

僕は生まれてこれまでマッサージというものを受けたことがありませんでした。
リゾートで、あるいはホテルで受けるチャンスはありましたが、進んで自分から受けたいと思ったことはなく、結局体験しないまま今日に至っています。
肩が非常に凝ったりする体質ではないというのも理由かもしれません。

img

そんな僕ですが、この度マッサージを生まれてはじめて体験しました。
受けてみた感想は、、、当たり前ですが人に揉まれるということは気持ちのよいことですね。
同時に何度も通いたくなるものだということも実感しました。

マッサージに行ってみようと思ったきっかけは、自分が体験してみたいという理由がもちろん大きいですが、難しいプロジェクトをやり遂げたスタッフに、マッサージチケットを渡すことはどうだろうか?と考えたからでもあります。
しかし、あげると言っても自分がマッサージを受けたことがない・・・店もわからない・・マッサージを受けると言ってもどこで??何も知らないので、勉強も兼ねてまず自分から受けてみることにしたのでした。

行った店は代々木上原の駅前にあるお店と、代々木公園近くのお店、2店舗。
近くの事務所に勤める友人にヒアリング調査してから行ってみました。
しかし、店舗によって施術の内容が全然違うのですね。
1つの店舗は背骨をゆらしてから?マッサージのようなコンセプト、もう1店舗はマッサージに加えて、勧められるまま同時に針を打ちました。
揉む強さも方法も全然違います。
これには驚きました。
効き目は、、、正直わからないのでどちらがよいとも言えません。
結局、力を入れて強く揉まれた方のお店を選びました。
揉まれたあとにお茶が振る舞われるのもよいなあと感じたので。
でも会社の女子スタッフに聞いたら、マッサージのあとお茶が出るのは普通だそうですね。

まずは、朝早くから引越作業を指揮して、がんばってくれたリーダーたちに、チケットを渡そうと思います。
感想教えてね~

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版