会社の年賀状

松本 知彦 for Private Time/2011.12.28/仕事仕事

今まで10年以上、ずっと紙の年賀状、もしくはカレンダーなどをデザインしてクライアントに郵送してきたのですが、なかなかこれが大変でした。

・年末のあわただしい時期に年賀状をデザインしなければならない
・デザインするにはまずアイデアを出さなければならない
・ただのアイデアはつまらないので、毎年できれば新しいことをやりたい
・デザイン~年賀状印刷~宛名出力~郵便局という作業には時間を要する
・年賀状を出した後、ほとんどの企業から返信がない(悲)
・コストが20万以上かかる
などなど。

今まで松本がアイデアを考えてエディトリアルチームに伝え、デザインして印刷、郵便局から別納郵便で年末に送っていました。
毎年、だいたい1000通の年賀状を出していましたが、返ってくるのは300通程度。
企業も年賀状を出さなくなってきているのか、出してもメリットのない相手には出さない方針なのか。。苦笑
年賀状はリマインダーツールとして考えていましたが、それで仕事につながったという実績もなく(笑)どの程度効果があるものなのかわかりません。
クライアントにヒアリングしたわけでもないですし。。
でも本来、年賀状とはお世話になった方へ感謝の意味を込めて出すものですから、効果などというビジネス視点で考えてはいけないのかもしれませんね。

個人的には電子メールより紙の挨拶状が好きです。
相手に礼を尽くすという意味でも、また日本古来からの風習を守りたいという意味でも、思いを伝えるなら紙の年賀状が良いと思っています。
個人の年賀状は毎年相変わらず紙で出し続けていますが、今年から会社の年賀状はメールに変更することにしました。

年賀メールは紙と違って、見てすぐに捨てられる運命にあります。
ですから紙の年賀状よりも、もらった時に「あれ?なんだこれ?」って思ってもらう必要があります。
もらった時に「おや?」っと目に留まる年賀メールとは、どんなものでしょう?
そしておもしろいってことが非常に重要です。
年賀メールもスローガンであるmake defferenceでありたいものです。

今年はスタッフに考えてもらうことにしました。
スタッフブログもそうですが、今まで僕がやってきたことを少しずつスタッフに渡していきたいと思います。
おもしろくて、センスがよくて、ちょっとお洒落、そんなのがいいですね。

img制作の様子です。スタッフ全員の撮影をしました。

imgなぜにサングラスにトレンチコート??

メールは時限設定で1/1に自動配信設定できるのですが、万一のことがあるといけないので、配信は年明け1/5に、手動で行うことにしました。
初めての試みなので、もし弊社の年賀メールが届いたら、感想教えてくださいね。

年内の営業は今日で最後になります。
本年も大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

オーギヤマンド トキオ 白金高輪 

松本 知彦 for Private Time/2011.12.28/食べる食べる

先日20年来の古い友人と、忘年会兼ねてご飯を食べました。
昔はクラブとか行きまくって朝まで遊んでたんですが、もう若くもないので、今は年1回おいしいものを食べる会を開いています。
おいしいものを食べてサクッと帰ろうと思うのですが、それでもやっぱりタクシーの時間になっちゃいますけど。
これってきっと習慣でしょうね。汗

img建物の右側から入って2階がレストランです。

さて今回行ったのは白金高輪にあるオーギヤマンドトキオというフレンチ。
同じ白金にあるモレスクのオーナーが新しく出した店です。
打ちっぱなしのスカしたビルの2階にあるので、敷居高そう、、と思うのですが、入るとアットホームな雰囲気で落ち着きます。
オープンキッチンのカウンター形式。

このレストラン、旬なこともあって、来てる客がなんともいえない人たちで、食事しながら彼らを見るのがおもしろいです。(モレスクもそうでしたけど)
あまりよい趣味とは思えませんけどね・・笑
業界人?不倫カップル?とにかく20代の人はいません。
「この人、昼間何やってんだろ?」って思うような人がいないとおもしろくないですからね、レストランは。
来てる人たちの関係を勝手に想像するのが好きです。

さて味の方は・・・・
おいしいです。
黒トリュフのカルボナーラ5600円。
この値段のパスタを食べたのは、エムザ有明以来でしょうか 笑

imgトリュフが乗ってます!

地下にはバーもあるので、2階で食事をしたあと地下で一杯というのもいいかもしれません。
地下もスカしてそう、、と思うのですが、入ると全然スカしてません。
どうしてもイケてる店=スカしというバブルを引きずったイメージがあるのですが、今やスカシは淘汰される傾向にあるのでしょうね。
(そもそも今どきスカした店っていうのもあんまりないし・・・)
ファッション同様、表層よりリアルが選択される時代になっているのでしょう。
お酒も飲まず、飲んでも終電で帰る20代にスカしがフィットするわけもなく・・・

しかし、最近白金熱くなってきてるのかもしれません。
そんなことを感じた夜でした。

12月の誕生日

松本 知彦 for Private Time/2011.12.27/仕事仕事

12月に誕生日を迎えるスタッフを祝う会がありました。
新しいルールの誕生日会は、自分からはじまって2回目なので、ちょっとだけレポートしたいと思います。
業務連絡:今後は毎回レポートしないと思うのであしからず →スタッフブログで紹介してください。

img

誕生日を迎えるスタッフは今回2人。
12/24、12/26だったので、連休の前日にまとめて行うことにしたようです。
サンクスカードをまとめるのは、前回誕生日を迎えたスタッフです。
僕は似顔絵を描きました。

img

img

今回、バースデーソングを全員で歌うという企画が、前回誕生日を迎えたスタッフから発表され、全員で歌うことに。
その時、なぜかバイオリンの演奏も。笑
ケーキも用意されました。

img

img

img

2回目だというのになんかバージョンアップしているような印象。笑
企画した人のカラーが出ますね。
あんまり凝ると後の人が大変になっていくので、そこそこにした方がいいようにも思いましたが・・・
サンクスカードを書いて渡すという提案をしたんですが、なんだか恒例のイベントになりそうな予感・・・。
しかし、今回もよい会になりました。
誕生日おめでとう。

妖怪人間ベム 1968-1969

松本 知彦 for Private Time/2011.12.26/映画映画

「それは、いつ生まれたのか誰も知らない。暗い音のない世界で一つの細胞が分かれて増えていき、三つの生き物が生まれた。彼らはもちろん人間ではない。また動物でもない。だが、その醜い体の中には正義の血が隠されているのだ。その生き物...それは、人間になれなかった妖怪人間である。」
有名なオープニングナレーションで始まる妖怪人間ベムです。
最近、テレビで実写版をやってたので見た人もいるでしょう。
クリスマスイブに放映された最終回、見ましたか?
アニメの最終回とちょっと似てました。
杏が演じるベラは、オリジナルアニメそっくりなんですが、ベムは原作だと50歳の男性で、亀梨という配役は疑問でしたが、怪物君同様ジャニーズ枠ってことでしょう。
アニメの内容はあまり覚えていませんが、放映当時リアルタイムで見たという記憶だけは残っています。

img

どうしても、もう1度見たくなって、DVD BOXを購入してしまいました。
相当に怖い話だったはずですが、今見るとストーリーの前に絵が下手で、人物のデッサンが狂っているのが気になって気になって。笑
それが味と言えば味で、逆に怖いんですけどね。
脚本は国内で考えられたようですが、画は韓国で描かれて逆輸入したものらしいです。
そう聞くと、日本にはない無国籍な街並みやドギツイ色彩は、よくわからないながらもなんだか納得感があり。。

img

オープニングと歌



ハニーナイツが歌う主題歌は最高です。
この主題歌含め、物語全編に使われているのがジャジーな曲で、これが今でもこの作品を古く感じさせない理由にもなっていると思います。
エンディングの曲だけは、子供向けド真ん中な歌で違和感がありますが、そういえばテレビでやってたベムもエンディングの曲、違和感ありましたね。
アニメのストーリーでは、犯罪者と金持ちの子供という設定がやたら多いです。
ベストは第3話「死人の町」です。
13日の夜になると街の子供が一人ずつ消えて行くという話なんですが、これがめちゃめちゃ怖い!
普段は優しい母親たちが、13日になると悪霊に取りつかれて子供たちを襲うのですが、それを救うために子供を毎回さらっていたのは夫たちだったという、どんでん返しも用意されていて、子供向けとはいえストーリーがよくできています。

そのほかにも、飛び出す目玉、転がる生首、地を這う手首、などなど恐ろしいシーン満載です。
ベム、ベラ、ベロの3人は3本指で、放送禁止用語もじゃんじゃん出てきますが、ディスクにはそのまま収録されています。
エライ。

The Beatles/Christmas time

松本 知彦 for Private Time/2011.12.22/音楽音楽

皆さん、週末は素敵なクリスマスを過ごしてください。
この曲をお届けします。

The Beatles / Christmas time (is here again)

driade  Philippe Starck  MIMIAMシリーズ

松本 知彦 for Private Time/2011.12.21/ライフスタイルライフスタイル

今は無き、青山のドリアデで購入したフィリップ・スタルクのカップ&ソーサーです。
当時この商品を見た際にはそのコンセプトに感嘆しました。

img

img

スタルクがデザインを手掛けるこの食器シリーズからは、色々なサイズのボウルや、カップが出ていて、その商品どれもが凹凸で組み合わせられることがコンセプトになっていました。
このカップ&ソーサーもソーサー側にある凸と、カップ裏の凹が噛み合うようにデザインされています。
このシリーズにはたくさんの魅力的なプロダクツがあったのですが、今はどこへ行っちゃったんだろ・・・。
買う気満々だったんですが、ドリアデ閉店によりどこで買えるのかわからなくなりました。
シリーズ商品だったので買わなくてよかったかもしれませんが。
手元にはこのカップ&ソーサーだけがあります。
かなり気に入ってますが、もう手に入れることはできませんね。

img

ドリアデはミラノにあるモダン家具メーカーですが、以前ミラノに行った際に立ち寄る機会がありました。
日本ではヤマギワが代理店になってますが、現地で購入すれば同じ商品でも日本よりかなり安い価格で購入できます。
巨匠ヴィゴ・マジェストレッティのソファなんか、元値が高いので日本より何十万も安く買えます。
今は円高だから、さらに差が広がって驚愕の値段になっていることでしょう。

と書いていたら、ヤマギワ倒産のニュースが・・・・・
びっくりです。
インテリア好き、特に北欧好きの人はショックでしょう。
ドリアデ撤退、秋葉原本店閉店、最近どんどん縮小していくと思ったら、こういうことでしたか。。。
家具メーカーはリーマンショック以降、どこも相当厳しいようですね。
しかしヤマギワ、残念です。

社員旅行 箱根2

松本 知彦 for Private Time/2011.12.20/仕事仕事

さて前回に続き社員旅行2日目。
前日に続き、天気もよくて旅行日和です。
朝起きると、ホテルの部屋から山がとってもきれいに見えていました。

img朝食食べてま〜す。

朝食は和食にしましたが、おいしかったぁ。
エクシブ箱根、やりますね。
朝また温泉に入ってから出発です。
バスに乗ってしばらくしてロープウェイに乗換えて、最初に行ったのは大涌谷。
ここの黒卵は有名ですね。
食べると寿命が延びると言われています。
いい天気で富士山がくっきり見えました。

imgロープウェイで移動中

img黒たまご1個で7年寿命が延びると言われています。

そのあと、またバスに乗って、今度は芦ノ湖の海賊船に乗り換え。
前日、フォレストアドベンチャーで1時間半も予定時刻に遅れたので、船に乗り遅れることを心配したバスのドライバーさんから、時間厳守というのを何度も言われましたが、無事予定通り船に乗れました。笑
平日の月曜だったんですが、たくさんの観光客がいたのでちょっとびっくりです。
箱根町で船を下りたあと、歩いて箱根の関所、そのあと箱根神社を回りました。

img芦ノ湖の海賊船です。船上は風が冷たくて寒かった。

img箱根の関所には忍者がいました。ニンニン

箱根全体がパワースポットとして知られていますが、特に箱根神社の中にある九頭龍神社は霊水で有名です。
芦ノ湖湖畔に位置する九頭龍神社が本社で、箱根神社境内にある九頭龍神社は新宮だそうですが、霊水のエネルギーは訪れた箱根神社境内にある新宮の方が強いそうです。
ここの水をペットボトルに入れて持って帰る人も多いらしく。
金運、開運、商売繁盛、縁結びにご利益がある龍神様として奉られています。

img90段の石段を上ったところに箱根神社があります。パワースポットらしい厳かな雰囲気。

imgなぜか手水の説明イラストが少女マンガなんですけど、笑。しかもうまい!

箱根神社のあと、ランチを挟んでから御殿場アウトレットに向かいました。
この頃になると、昨日の疲れが出て、ほとんどのスタッフはバスの中で寝ています。
静かでした。笑

御殿場アウトレットでは、バラバラに行動です。
僕は何も買いませんでしたが、スタッフは何を買ったのかなあ。
前の日にやったゲームで勝者がゲットした商品券は役に立ったのだろうか??
アウトレットからのバスの中もやっぱり静かでした。笑
やっぱり初日がこたえたのかな。

代々木上原に着いたのは予定通り19時半。
あっという間の2日間の旅行でした。

彫刻の森美術館や仙石原などを除いて、箱根はほぼ網羅というくらい色んな名所を詰め込みましたが、みんなどう感じたか感想を聞きたいですね。
この短い旅行が社内にどう影響するかわかりませんが、よい旅だったのかどうかも含めて検証しながら、また色々考えて行きたいと思います。
これが来年からの励みになって、よい結果を生み出せる強い組織になってくれればいいなと切に願っています。

imgもうすぐ終点です。

社員旅行 箱根1

松本 知彦 for Private Time/2011.12.19/仕事仕事

先日社員旅行で箱根に行ってきました。
社員旅行へ行くなんて、前回のハワイから久しぶりですが、いろんなことを考えると行くタイミングは今しかないだろうなと判断して行ってきました。

組織を作り上げることを今期の目標として掲げています。
そのためにはチームを基点に課題に対して自分たちで考えるスキームを作り上げなければならない、それにはコミュニケーションが欠かせません。
来年から始まるいろいろな挑戦の準備のために、今いるスタッフ全員で時間を共有する必要がありました。
同時に去年まで行っていた社内イベントを見直した結果、最初の行事として考えたのが社内旅行でした。

コミュニケーションを深めてスタッフが楽しい時間を過ごすというのはもちろんですが、それ以外に旅行中に会社として課題に対してチーム全員で解決策を考えるチームビルディングという目標も同時に掲げていたのですが、旅行にスタッフ全員が参加できなかったため、この目標ついてアクションすることができず、旅行はスタッフ同士のコミュニケーションとして楽しい時間だけとなってしまいましたが。。。。

さて行ったのは箱根です。
会社でリゾートトラスの法人会員になったので、エクシブ箱根離宮に宿泊することにしました。
リゾートトラストが所有する施設はすべて会員制ですが、その中でも去年完成した箱根離宮は新しい施設として知られています。
会社が法人会員になったことで、リゾートトラストの全施設をスタッフおよびスタッフの家族、友人が利用できるようにしました。
今回の旅行はこの施設を全員に知ってもらって、利用を促すという目的もあったんです。
自分たちが利用するだけでなく、両親にプレゼントしたらきっと喜ぶと思います。
僕が以前企業に勤務していたとき、自分がそうしたように。
家族と、友人と、彼氏彼女と、みんなぜひ利用してもらいたいですね。

1泊2日でしたが、まずは初日のことを書きたいと思います。
旅行の段取り、行く場所、タイムスケジュールなど、すべて僕が決めて手配したので、なんだか自分で書いても驚きなどは伝わらないと思います。
どっちかっていうとスタッフに楽しんでもらうために、あれこれ考えて準備したので。
スタッフを連れて行く前に、事前リサーチで現地にも行きました。

当日、代々木上原の駅に9時45分に集合、貸切バスで出発です。
えー!貸切バスゥー?なんて書きたいのですが、自分で手配しているので驚きもなく。。笑
こういうのはスタッフに感想書いてもらったほうがいいですね。(スタッフブログに書いて欲しいです)

imgdig様御一行と書かれたプレートが笑えます。

最初についたのは地球博物館です。
神奈川県立のこの施設は地球の成り立ちから現在までを展示によって俯瞰できるようになっています。
溶岩や恐竜の骨、動物の剥製など展示が工夫されていて、子ども向け?と思いきや大人でも十分に楽しめます。
事前リサーチで行ったとき、これはスタッフにも是非見せたいなと感じてスケジュールに組み込みました。
上野の国立科学博物館と展示の内容が似ていますが、こっちのほうが展示物との距離が短く、身近に感じていい内容となっています。

img展示は大迫力。機会があったら是非行ってみてください。

img箱根湯本にあるお蕎麦屋さん「初花」のおそば。おいしかったです。

地球博物館から箱根そばのランチを挟んで、いよいよフォレストアドベンチャーです。
フランスからやってきたフォレストアドベンチャーは全国に施設がありますが、その中でも一番むずかしいのが箱根だと言われています。
木と木の間にロープが張られていて、そこを渡って進んでいくのですが、これがなかなか一筋縄ではいきません。
命綱がついているので落ちる心配はないのですが、地面から結構な高さがあって怖いのです。
一応小学生でもクリアできるレベルなんですが、運動不足の大人にとってはむずかしいと感じる人もいるでしょう。
最初の説明で、1つのことをやり遂げるチームビルディングの競技です、という説明を受けて、じゃ今回の目標にピッタリじゃんと思ったのですが、なんとスタッフの1/3くらいが脱落・・・・へたれチームという結果に。。。
会社の今後がかなり心配になりました。。。。汗
おまけに全員の進行が遅いために、施設で目安とされている時間を大幅に過ぎてしまい、集合時間に1時間半も遅れるという、、、とんでもない結果になってしまいました。汗

img相当な高さです。下に見えているのが道路ですからね・・・・

imgみんな笑ってますが、ヘロヘロなスタッフもいます。

そのあと急いでホテルにチェックイン。
これも僕は2回目なので、あんまり施設に関する感想も言えませんが、みんなどう感じたかぜひ教えてほしいものです。
できてから1年しか経ってないので、きれいな施設です。
よく晴れていたので、温泉の露天風呂から見える月がとってもきれいでした。

夜から参加するスタッフも加わって、夕食のあとはレクリエーションです。
ここは一番社歴の短いスタッフ2人に進行をまかせました。
プロジェクターを使用しての(会社から持って行った!)ゲームがあったのですが、よく内容が考えられていて、みんな盛り上がりました。
感じたのは旅行の段取りもそうですが、人を楽しませたり、驚かせたりすることは、それなりの労力がかかるものだということです。
よく準備されているものは安心して楽しめますね。きちんと相手に伝わります。
要は仕事と同じだということです。
ゲームの獲得点数が高い人は、二日目に行く予定の御殿場アウトレットのチケットが賞品。
点数が低い人には罰ゲームもありました。笑

img得点の低かった人は、罰ゲームで顔に墨が塗られます。

1日目はイベント盛りたくさんで、かなり充実した内容でした。
身体を動かすことはいいですね。
若干の疲労を感じつつ、二日目に続くのでした。

Made You Look / Sagmeister

松本 知彦 for Private Time/2011.12.16/本

ステファン・サグマイスターはオーストリア生まれでアメリカに渡ったデザイナー。

img

img

自分の7年間の作品を集めたこの本はユニークな装丁でいくつも賞を獲得しました。
ローリングストーンズやルーリードなど音楽の仕事が多いです。
透明ケースから本誌を引き出すと、それまでおとなしかった犬が牙をむくという、ショッキングな表紙は
日本の雑誌でも色々紹介されていましたね。

imgトーキングヘッズのジャケットの仕事。

有明 the SOHO

松本 知彦 for Private Time/2011.12.15/東京東京

建築設計は片山正通、音楽は藤原ヒロシ、プロデュースはトランジットの中村貞裕、ロゴデザインはグルービジョンズ、などなどその筋で人気のクリエーターたちが集結してデザインした賃貸オフィスビルがthe SOHOです。
360室もあるSOHOは世界最大級だそうです。
リノベーションならわかりますが、それを新築でゼロから建てちゃったっていうのが、3年前の東京の気分だったんでしょう。
今、その気分はどこにもありませんが。。
この建物の広告、一時期あらゆる雑誌に掲載されていましたね。

img色々なタイプの部屋があります。誰もいなくてちと不気味。

共用の会議室のほか、図書室、バー、フィットネス、コンビニ、スパまであったり、会社に車がなくてもカーシェアリングというサービスで車が借りれたり、宅配でクリーニングサービスがあったり、設備自体はものすごく充実しています。
ロケーションはかなり不便ですが、これが渋谷にあったら即満室でしょう。

imgロビーラウンジにはドーンとビリヤード台。

img右に蜷川実花の写真、センターは幅さんのセレクトした書籍です。

http://www.the-soho.com/

話題を創り上げようと、第一線のクリエーターたちを起用した意図はわかりますが、募集を開始した2009年はリーマンショック直後で、思うように契約が取れてないのではないかと、広告を見る度に勝手に想像していました。
オープンから2年、今回はじめて行きましたが、1/4くらいは空室でした。

さて、なぜこの建物を訪れたかというと、パーティがあったからです。
アマランスラウンジという代官山にある知り合いのお店が企画したバーレスクパーティに誘われたので行ってきました。
バーレスクとは、僕も詳しくないので説明するのがむずかしいですが、昔あったグランドキャバレーやナイトクラブで行われていた最後までは全部脱がないギリギリのヌードショーのことです。
ストリップのちょい手前って感じでしょうか。

建物の13Fにあるthe BARがパーティ会場でした。
ここがなかなかよい場所で、有明だけあって全面ガラス張りで海が一望できるという空間です。
そしてデッキチェアが置かれたルーフバルコニーにも出られるようになっていて、夏はきっと気持ちがいいことでしょう。
当日はものすごく寒かったですが。
しかし、そんな場所でかかっている曲はなぜかロカビリーです。笑
そういう趣旨のパーティだからですが、ロカビリーで踊れるクラブっていうのもイマ時あんまりないのではないかと。
エゴラッピンもかかってましたって言えば聞こえはいいですね。
和服あり、金髪あり、モデルあり、仮面ありで、パーティに来ている人も不思議な人たちばかりで・・・

ドラッグクイーンの出演もあったので、リップシンク(口パク)のショーもありました。
はるな愛もやってますが、リップシンクもショーとして成り立つのです。
しかしバーレスクってなかなかキワどく、お酒の入ったパーティやクラブイベントにはもって来いのショーですね。

インテリア、景色、ファシリティ、著名クリエーターたちが仕掛けた消費を煽るためのデザイン戦略を堪能しながら、ロカビリーを聞いて、バーレスクのショーを見る、不思議な有明の夜は更けていくのでした。

img全面ガラスの向こうは海。手前は踊る人たち。

img

imgバーレスクのショー、写真がブレててよかった。汗

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版