タンタンの冒険 2011

松本 知彦 for Private Time/2012.01.16/映画映画

映画「タンタンの冒険」です。
タンタンは1929年からベルギーの新聞に掲載されていた漫画の人気キャラクター。
それをスピルバーグが映画化しました。

img

映画は1本のストーリーになっていますが、実際には3本の原作から構成されています。
メインとなっているのは「なぞのユニコーン号」ですが、そこに「レッドラッカムの宝」、「金のはさみの蟹」の2つのストーリーが織り交ぜられています。

img

実は僕はタンタン好きなのです。
大学生の時、バイト先の女の子から誕生日に本をプレゼントされました。
確か僕が似ているからという理由でしたけど、似てないですから(ウォーリーには若干似てますが、)たぶん雰囲気と当時の髪型のせいだろうと思います。
それが初めてのタンタンとの出会いでした。
もらったのは「黒い島の秘密」「不思議な流れ星」の2冊。
それから25年・・・僕の子供が本棚にあった古いタンタンの本を見つけて読み出し、今では本棚に全シリーズが揃っています。

img

img

24話ありますが、最終巻が出たのはつい2、3年前のことです。
25年かけて全シリーズを出版する出版社もすごいですが、父親が女の子からもらった25年前の本を、息子が受け継いで全シリーズ揃えるっていうのも、なんだかおかしいですね。
初期の頃は、フキダシの文字は全部手描き文字だったのに、最近出版された本はデジタルフォントに代わっています。
比較すると、手描き文字の方が当然味があっていいですから、最後まで手描き文字で続けて欲しかったですね。
以前タンタンの日本語版の本を持って息子とスペインに旅行に行った際、街角でスペイン人から話しかけられたり、イビサ島ではタンタンのTVアニメもやっていたりして、世界共通なのだなあと感じました。
それが引き金になって帰国後にDVDも購入することになるのですが(吹き替え版あり)

img

映画は登場するキャラクターの顔がとてもリアルです。
ハドック船長など造形は原画に忠実ですが、表情や動きはアニメを通り越して本当にリアル。
タンタンの顔だけはう~ん・・あんまり好きになれません。。。
そしてCGがスゴイ。
ほとんど実写を見ているようです。
技術的にこれだけスゴイCGを作れるようになったんですね。
しかし最新のCG技術を駆使して莫大なお金をかけて作られた映画を見たあとに感じるのは、やっぱり本が一番いいということです。
これには個人差あると思いますが。

img

img

タンタンショップというのが世界中にあって、東京では代官山のヒルサイドテラス店によく行っていましたが、2年くらい前にクローズしてしまいました。
残念です。
今ショップがあるのは原宿だけです。

img

ドリフターズのようなチーム

松本 知彦 for Private Time/2012.01.13/仕事仕事

僕はドリフターズが大好きです。
「8時だよ、全員集合!」のDVDはだいたい持っていますが、今見てもかなりおもしろい。
これを当時は生放送でやっていたというのがすごいですね。
リアルタイムで当り前のように見ていましたが。

img

荒井注が好きでした。
注さんがやめて志村に代わる時、その後メインのポジションが加藤茶から志村に取って代わった時、とっても悔しい思いをしたのを子供心に覚えています。

僕らの会社のメンバーは選抜でもなければ、シード権の推薦枠でやってきた優秀な選手でもありません。
言ってみれば、ドリフターズのような寄せ集めのチームです。
嵐やSMAPのように、ピンで番組を張れる才能を持ったスターの集まったチームではないのです。

ドリフのメンバーは、それぞれに一風変わった味のあるキャラクターですが、あくまで脇役としてのキャラであり、ピンで番組を持つようなスター性が各自に備わっているわけではありません。
志村以外はコメディアンとしての修業を積んだわけではなく、もともとバンドプレーヤーとして集まったメンバーだというのが理由かもしれません。

毎週8時には全員が集まって、与えられた役割をきっちり全員で演じる。
生放送ということもありますが、各自のキャラを生かし、小さい成功モデルの積み重ねをベースに、そこには血のにじむような練習と努力があったはずです。
結果、最高視聴率50%以上という驚異的な数字と長寿番組を作り上げた。

僕にとっては、加藤茶も志村けんも一人のドリフターズであって、独立したキャラクターではありません。
全員が揃ってはじめてドリフターズ。

ちょっと横道に逸れますが、サッカーの話です。
バルセロナで育ったメッシが、アルゼンチンのチームで結果を出せない理由。
それは、チームのために自分が第一に何をすべきか、を幼い頃から叩き込まれて教育されてきたメッシが、チームワークより個人技を重視するアルゼンチンのチームに合わないからです。
オレがオレがという個人主義ではなく、チームに自分が貢献できることを第一に考えて行動する。
この考え方は、ちょっとドリフにも似ています。
今、僕が求めているのはこの考え方です。

img小学校2年生の時、はじめて買ったレコードがドリフのズンドコ節でした。

ドリフはやっぱり長さんの力が大きかったと思います。
今は僕が長さんとして、グイグイやっていかなければならない期間でしょう。
長さんの書いた著書「だめだ、こりゃ」を読みましたが、その中で「晩年、俳優業をやるようになって、全体の流れを自分が組み立てるのではなく、誰かが組み立てた中に身を委ねることを知った。それがとても心地よく、全体の流れの中で自分が求められた役割を精一杯演じることに目覚めた。」というようなことを語っていますが、これを読んだとき、僕は大きく同意しました。
それだけ長い間、使命感に駆られて全体をディレクションしていたということでしょう。

僕も同じような心境です。
僕がやらなければならない。
そして、もし失敗したら・・・・
長さんみたく、「次行ってみよう」で次々挑戦して行きたいと思っています。
そして時には「ダメだ、こりゃ」も言わないとね 笑

会社と幸せ

松本 知彦 for Private Time/2012.01.12/仕事仕事

昨日、出身大学が発行した自分のインタビュー記事を掲載しましたが、その中に幸せと言う言葉が出てきます。
今日はその言葉と仕事について思うことを書きますね。

自分が知っている会社で離婚を推奨している会社があります。
離婚をすると家庭のわずらわしさから解放されて、さらに仕事に打ち込めるからというのがその理由だそうです。
上場しているこの会社は、名前を聞けば誰でも知っている大きな企業ですが、社長自らもそれを実践しています。
しかし、僕はあまりこの方針には賛成できません。

よく言われることですが、
プライベートを犠牲にしないと会社は成長できないのでしょうか?
外から見ると会社は拡大路線で成功しているように見えますが、社長の家庭は崩壊していたり、社員は決して楽しんで仕事に取り組んでなかったり。
数字を追うこと、拡大戦略を取り続けることで、いつのまにか虚構に突き進んでいる企業もあるのではないでしょうか。
会社が大きくなれば知名度も上がり、お金がたくさん入ってきて、得るものも多くなる。
認知されて社会的地位も上がる。
でもそれで幸せになれるのでしょうか?
自分の欲を満たせば、それが幸せと言えるのだろうか?と思います。

それだけではありません。
多くの社長の家庭は崩壊し、その家族も決して幸せではないというのはよく聞くことです。
幸せではないどころか家族がいなくなってしまったり、トラブルで泥沼、離婚率も高く、社長個人だけでなく、周りの人も巻き込んで不幸になっているケースが多々あります。
社長はそれだけ責任が重く、生活にひずみが出るほどプレッシャーの中で仕事をしている。
確かにそうかもしれません。
企業で起こることの全責任を負うのは社長1人ですから。
それだから企業の先頭で全員を引っ張って働く社長が不幸になってしまうのは、仕方のないことなのでしょうか?
前を見て突き進むあまり、自分のまわりの人たちが見えなくなって、大切なことも顧みなくなってしまうのでしょうか。
会社ではなくとも、上昇志向が強く、仕事に貪欲に取り組む人のプライベートは、ほとんど破綻している場合が多いです。
そうじゃないと仕事で結果が出せない?何かを切り捨てないと何かを得ることができない?
そんなことはないのじゃないかと思うのですが。

自分一人の幸せだけでなく、組織にいるスタッフの幸せを目指すなら、まず自分がそのモデルになるべきだろうと思います。
そうでなければ一緒にいるスタッフに幸せを説くことはできません。
特別なことではなく、何でもない日常の何気ない中に幸せはあります。
たくさんのお金を得たから、会社が大きくなったから、知名度や社会的地位が上がったからと言って、僕は幸せになれるとは思えません。
いえ、中にはそれで幸せを感じる人もいるでしょう。
しかし、僕はむしろそうなったという人ほど、幸せになっていないように思います。
多くの経営者がそうであるように。

僕は今会社にいるメンバーと一緒に幸せを目指したい。
だから僕自身スタッフのためにも、家族のためにも、みんなのために幸せでいる必要があるのです。
そのために仕事を通して、会社を通して努力していかなければならないと思うのです。

武蔵野美術大学校友会インタビュー

松本 知彦 for Private Time/2012.01.11/私の履歴書私の履歴書

もう昨年のことになりますが、自分の卒業した大学が発行する小冊子の取材を受けました。
卒業生&在校生6万人に配られる冊子です。

img

img

インタビューの内容は、クリエーターとして大事にしていること、普段仕事で感じていること、そしてもちろん自分が卒業した大学のこと。
シリーズで今までYMOの高橋幸宏、アートディレクターの森本千恵、建築家の鄭秀和などなど、第1線で活躍する有名な卒業生がたくさん出てるんですが、そんな中に混じって、自分なんかでよいのだろうか?と思うのですが・・・・
取材の意図はたぶん若い卒業生&今の大学生に、先輩から教えられること、アドバイスできることを語ってください的なことだと思うんですが、自分はそんな年齢になったのかと感じたり、事務所のスタッフならともかく、知らない多くの人たちに偉そうに教えられることは何もないなぁとも思ったり。
教えるというより、普段自分が感じていることをしゃべって、それが少しでも誰かの気づきになればいいかなあと思いながら、取材では脈略なく語った感じです。
プライベートなことしかしゃべってない印象ですが、サイトにも掲載しましたので、時間のある時に読んでみてください。
↓以下から読めます
http://www.dig.co.jp/corporate/image/img_pub_musabi.pdf

しかし、A4の表紙全面笑顔なんですけど・・すごいインパクトです。汗
編集部の人に松本さんは笑顔がよいですから、と言われても、こんだけ大きく扱われるとちょっと恥ずかしく・・・。
しかも改めてビジュアルにするとサンオツだしねえ。。。

僕はこのブログをプライベートとしてではなく、仕事としてやっていますが、最初書くことがないので私の履歴書というカテゴリーを作って、そこに生まれてから現在までの自分のプロフィールを書こうと思っていました。
日経新聞朝刊のパクリなんですが。(これが毎回おもしろい)
そんな内容がこの大学のインタビューで、少し先に出た感じですね。
ダイジェストですけど。

しかし、誰も読まないのじゃないかなぁとも感じたり。
もし読まれた方がいたら感想教えてくださいね。

dig ビルディング

松本 知彦 for Private Time/2012.01.10/仕事仕事

昨年12月に、今入っているビルのサイン工事をしました。
所有権移転に伴って、ビルの名称をdigビルディング.に変更したんです。

ここに来るまでには色々なことがありました。
なかなか記事には書けませんけど・・・汗
不動産って10年分くらいの労力使いますね。。
本当にストレスです。
仕事が手につかないくらい・・・
過去にも何度か経験ありますが、こうした非常に辛い想いをしなければ、前に進めないという・・・・
どうにかならないんでしょうかね、こういうの。毎回感じます。
不動産屋、銀行、以前のビルオーナーさん、テナントさん、近隣の方、ものすごく関係者が多く、利害関係が絡んでいるので、それを1つ1つ解いていかなければなりません。
簡単にハイっとはいかないんです。
色々なことがありましたが、今回は銀行との契約が一番の綱渡りでした。
この経緯や苦労について、スタッフは知る由もないことですが(わざわざ話す必要もないし、前向きな話でも全然ないので、、)僕自身はたくさん勉強させてもらいました。
今後はビル自体の管理もやっていかなければなりません。

img

このビルに引越してから半年が経ちましたが、とっても快適です。
以前と比較すると格段に環境はよくなりました。(オフィス内、オフィス外ともに)
目には見えませんが、仕事の効率にも必ず影響していると思います。

引越す前の事務所は、ゼロから設計して建てたユニークな建物だったので愛着がありました。
そこを去るときに感じた寂しさは、今思えばノスタルジーでしかなかったという気がします。
普通のビルに引っ越すことで、会社も普通になっちゃうのではないか?という心配の声がスタッフからも上がりましたが、僕は普通になることは非常によいことだと思っています。
そんな表面的なところだけで差別化を図ろうなんてまだまだ甘い。笑
過去にユニークなオフィスを建てて・・・などと言っておきながら勝手ですが、今ではそんな風に思います。
外部からの見え方として、エッジがなくなっていくことへの危機感なら、イメージとしてのエッジをまた作って行けばいい。
それは第一に仕事のアウトプット、パーソナリティ、企業の力、スタッフの存在などなど。
オフィスはその中の1つに過ぎません。
といいながらも、企業のアイデンティティが現れるので結構重要ですけどね。

快適さでいえば、それは今の方が快適なことは間違いなく、今回スタッフを一番に考えての引越しは成功だったと感じています。
僕個人のリスクだけが、どんどん高まってますが・・・・汗、汗、汗

オフィス、人、福利厚生、本当に昨年は企業の基本部分に投資した年でした。
それもこれも今年から勝負をしていくための準備です。
がんばらないといけません。

さて今回工事したサインは、ステンレスにヘアライン処理の切り文字にしてみました。
このdigという書体は、コーポレートタイポグラフィーとしてオリジナルで作成したフォントです。
ビルのサインもこの書体を採用しましたが、おもしろいことに会社名とビルディングの英語のスペルって似ていることに気が付きました。
回転するだけでビルのサインのアルファベットが出来上がります。

img

img

あとは3階と屋上の工事が残っています。
本当は、来客の打ち合わせスペースとして考えている3階にこそ一番お金をかけないといけないんですが、2階の改装費に結構なお金を使ってしまいました。
う~ん・・・・どうしましょうね。。。汗、汗、汗
今回の年末年始は、なぜか汗がたくさん出ることが多いです 苦笑

代々木上原の駅から徒歩1分ですから、皆さん近くに寄った際には是非dig bidg.にも気軽に遊びに来てください。
このサインが目印です。

img

imgこのドアの向こうがオフィスです。

年賀メールのコンセプト

松本 知彦 for Private Time/2012.01.06/仕事仕事

今年は紙の年賀状をやめて、年賀メールにするということを、先日このブログでお伝えしました。
創業15年目にして、はじめての試みです。
心配でしたが、何通か返信をいただき評判はそこそこのようですね(って一部の方だけかもしれませんけど。。)

昨日打ち合わせに行った先で、デザインの意味を尋ねられた&年賀メールを受け取ってない方向けに、ちょっとだけここでご説明しますね。
5年前のテーマ「built office オフィスを作る」に代わって、今年からのテーマは「build organization 組織を作る」です。
新年のあいさつにも少し書きましたが、今年は結果を出す強い組織作りを目指していきたいと思っています。
この目標を達成するためには、松本一人だけでなく、全員がそれぞれ与えられた役割をきちんと演じて、確実に結果を出していく必要があります。
プロセスに関係なく結果だけが問われることは、最終アウトプットの質だけが問われる僕たちの仕事と同じです。

今いる16人(本当は17人)が各役割を担ってちゃんと仕事をして結果を出す、それを映画「オーシャンズ11」をパクって「おー、ちゃんと16」にしているわけです。
オーシャンズ11は泥棒のプロフェッショナル集団。
ジョージ・クルーニーによって集められたメンバーが、それぞれ与えられた仕事を完璧にこなして、大金を盗み出すというストーリーです。
大きな目的に向かって念入りに計画し、メンバー同士が協力しながら、各ポジションで自分の得意分野(映画では軽業、金庫破り、ハッカーなどなど)で確実に結果を出すというのがいいですね。
僕らも今年は大金をゲットしたい・・・という裏のテーマもあります 笑
映画のポスターをモジっているんですが、年末慌てて作ったにしては、おもしろい、かっこいい、ちょっとお洒落、というコンセプトはクリアしているかと。。
こういうのは真面目にやらなくてはいけません。
表現を間違えると稚拙になってしまうので、フィニッシュは必ずカッコよくないと。
むずかしいバランスですね。
でもコンセプトは非常に重要です。

img

2012 新年

松本 知彦 for Private Time/2012.01.05/仕事仕事

皆さん、あけましておめでとうございます。
旧年中は色々な方に助けられ、またご指導いただき本当にありがとうございました。
今年も昨年に引き続き、Make differenceのスローガンに沿って満足度の高いアウトプットを目指し、スタッフ全員弛まぬ努力をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

img

今日から仕事はじめという方も多いと思いますが、皆さんは冬休みどのように過ごされましたか?
例年より暖かく天気もよかったので、帰省された方も伸び伸び過ごされたのではないでしょうか。

昨年は東北地震や原発の問題、金融不安による円高、株安、継続する不景気、自分たちを取り巻く環境に大きな出来事が数多く起こりました。
先行き不透明な状況が続く中で、企業を継続させていくことの意味、また働くことを通して人々の幸せについて考えさせられた1年でした。

会社としては早いもので、今年で創業15年目を迎えます。
長いようで短かった15年、その中でも昨年は、会社で大きな2つの出来事がありました。
1つはオフィスの移転です。
6年間を過ごした自社オフィスから、駅1分のビルに移転しました。
更地から計画して建てたオフィスでしたので思い入れもありましたが、スタッフのことを第1に考えての移転は、結果的によかったと思っています。
2つめはこれを機会に組織を再編し、結果を出せる体制作りの最初の一歩を踏み出せたことです。
社内イベントの見直しや10年ぶりの社員旅行、福利厚生の充実など、スタッフが働きやすい環境を作るために、企業としての基礎固めを行いました。
これらは、これからはじまる挑戦にみんなが一枚岩で臨むための基盤作りとして行ったものです。いわば先行投資です。

売上や数字のことを全体会議で話し、目標を示し、そこに全員で向かおうとする試みを始めたのも15年間ではじめてのことでした。
会社なのに数字のことを言わないのか?と不思議に思われる方もいるでしょうが、うちの会社では15年間数字や売上のことを口にしたことはありませんでした。
それは質の高いクリエイティブを提供することが我々の最優先のミッションであり、数値は後からついてくるものであると考えていたからです。

しかし、今のスタッフと一緒に次のステージに行きたいと考えるなら、数字は避けては通れません。
全員を幸せな方向へ導くには、この方針を取るしかないと感じました。
僕がやりたい、やりたくないに関わらず、選択肢はこれしかないと昨年は強く思ったんです。
そういう意味では僕自身に15年間感じたことのない、大きな変化が訪れたんだと思います。

昨年が準備段階の基礎固めとしての投資なら、今年は結果を出して回収していく1年にしたいと思っています。
Build organization オフィスを作った後は組織を作っていきます。
チームで結果を出せる強い組織を作りたい、これが今年のテーマです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版