Antonio chiterio B&B SIDE TABLE

松本 知彦 for Private Time/2012.03.13/インテリアインテリア

イタリアのデザイナー、アントニオ・チッテリオはB&Bから多くの優れたプロダクツを発表しています。
特に97年に発表したソファ「チャールズ」は、B&Bのブランド名とともに彼の名前を世界中に知らしめました。

imgカタログから。B&B Italia charles

このB&B社製サイドテーブルもチッテリオの手によるものです。
青山のB&B Italyのショップでセールの時、半額で購入しました。

imgピエール・リッソーニがデザインしたBOXソファとの組み合わせ

チッテリオのデザインの特徴は、一言でいえばミニマリズムの流れを汲む直線的でシンプルなものです。
今もヒットを続けるチャールズも、余計な要素を排した極めて直線的な構成、そのたたずまいは見ているだけで美しいです。
ソファの座り心地よりも視覚的なデザインに優先度を置いていると言えます。

このサイドテーブルは天板がミラーになっています。
周りの景色が天板に映りこむことで、その存在感を消そうと意図しているのです。
チャールズが座面クッションの厚みを薄くし、床からソファ下までの空間を他社のソファより広く確保することで、視覚的にソファそのものを軽く見せようとしているのと同様に、このサイドテーブルも重力に逆らって存在を消そうとするような見た目のトリックがあります。
視覚的な快感を優先するチッテリオの特徴が表現されてますね。

時代のトレンドはモダンからナチュラル、そしてオーガニック、ヴィンテージへ。
ミニマリズムのブームは過ぎ去りましたが、チッテリオのデザインだけはいつ見ても好きですね。

img

KORRES

松本 知彦 for Private Time/2012.03.09/香り香り

ギリシャで作られているシャンプーKORRES(コレス)。
1989年にスタートした割と新しいブランドです。
ギリシャアテネの薬局に勤めるジョージ・コレス氏がはじめました。

img

パッケージデザインには製品ごとにカラフルなビジュアルが使われ、視覚的に商品ラインナップがすぐ判断できるようになっています。
シンプルでストイックなオーガニック系のグラフィックが多い中で、明るく元気なデザインは、やっぱり"太陽の国ギリシャ"だからでしょうか。
パッケージにはロシア語にも似たギリシャ語のタイポグラフィーがあります。

アロエ&ソートウォートシャンプーを使っていますが、シャンプー使用時はあまり泡が立ちません。
むしろよいのはコンディショナーの方でしょう。
アチリアコンディショナーは、とてもよい香り。
ギリシャが経済的に破綻したことなどまったく感じさせない、豊かなバスタイムを提供してくれます。

ギリシャと言えばエーゲ海。
エーゲ海と言えば、チチョリーナが出ていた映画「エーゲ海に捧ぐ」by 池田満寿夫。
同じく池田満寿夫が監督した2本目「窓からローマが見える」は、あびる優のお母さんが主演した映画です。
1本目同様、ポルノぎりぎりの際どい内容だったような気がします。
まったく関係ないですけど、ギリシャつながりで突然思い出しました。笑
くだらないネタですみません。。汗

imgこちらは限定商品の小さなボトルです。

Mando マンド

松本 知彦 for Private Time/2012.03.08/ファッションファッション

最初このブランドの名前を聞いたときは変わった名前だなあと思いました。
日本のブランドだとは知っていましたが、それがデザイナーの名前だったとわかってちょっと驚きです。

img可愛いロゴ。でも描くのは大変。

高巣満導(Mando TAKASU)さんは、今は無きアルファキュービックで22年間、メンズブランドのデザインを手掛けた人です。
自身の名前をつけた「マンド(mando)」のスタートは1997年。
はじめてこのブランドを知ったのは10年くらい前、ユナイテッドアローズ原宿本店だったと思います。

以前も書きましたが、商品を購入する際の判断基準は、ブランドの知名度より型紙が自分の身体に合うかどうかに尽きます。
ジャケットは、サイジングこそが命だと思っていますから。
その点マンドは国内ブランドでは珍しく、自分の体にもフィットするモデルでした。

クラシックをベースにしながらもどこかエキセントリック、ほどよいモード感があって好きなブランドですね。
スーツ発祥の地、英国サヴィルローでテーラリングの技術を習得した経歴があることを知って、さらに好きになりました。
レディスもあります。

img

img

GLOBAL 包丁

松本 知彦 for Private Time/2012.03.07/ライフスタイルライフスタイル

現在まで世界で2000万本売れている包丁です。
しかしそのほとんどは海外で、日本では意外に知られていません。
僕もてっきりヨーロッパで作られた包丁かと思っていました。
でも2000万本って半端じゃないですね。

img

刃と柄が一体化しているので衛生的。
水による侵食がないため従来の包丁の様に柄が抜け落ちるなどの心配がない。
持ち易さを考慮した柄の形状と滑り止めのためのドットにより、フィット感が抜群。
刃は手術用のメスと同じモリブデン・バナジュウムを含む超硬質ステンレスで造られているため、切れ味は抜群。
と、いいとこ尽くしの包丁。
これが日本製というのがうれしいですね。

「新潟県の吉田金属工業が1978年に開発を始め、ステンレス加工の技術とテーブルナイフ製造のノウハウを応用させて1983年に完成。工業デザイナー・山田耕民のデザインによるオールステンレス一体構造の包丁」、らしいです。

受賞も多数。
2002年度、グッドデザイン賞ロングライフデザイン賞受賞
2001年、フランクフルトメッセデザインプラス賞受賞
1992年度、オランダ・コックギルド(料理人同業者組合)賞受賞
1990年度、1991年度インターナショナルデザイン年鑑掲載
1990年度、グッドデザイン賞受賞

スタイリッシュで美しいデザインなのに、機能性能も高い。
当然、使うシーンではモチベーションがあがります。
改めて、高い次元での機能とデザインの融合は、美しく素晴らしいことだと感じますねえ。
とか言いながらも、僕はあんまり料理はしないんですけど、デザインで購入です。。。汗

しかし、これを作り出す努力は並大抵のことではなかったでしょう。
モノを生み出すとは、そういうことです。
改めて感じますね。

img一体構造のデザインが美しい

タンタン月ロケット

松本 知彦 for Private Time/2012.03.06/インテリアインテリア

タンタンの話の中に、ロケットに乗って月面へ行くお話があります。
僕がタンタンのファンだというのは、以前このブログでも書きましたが、うちにはこの月ロケットの模型があります。

img

img

img

以前、ピエールというフランス人の友人と一緒に、彼の友人で同じくフランス人の家に遊びに行った際、このロケットの巨大なオブジェ(模型)が部屋に置いてあってびっくりしました。
そして、やっぱフランス人はタンタンが好きなんだ、ということを改めて感じましたね。
タンタンのキャラクターって日本で言えば何でしょう?
冒険ダン吉?のらくろ? 
時代的にはそのくらいだと思うんですが、今の日本人には古すぎて、冒険ダン吉の本を持ってるどころか、きっと知ってる人もいませんよね。
僕は本持ってますけど 笑
みんなが愛着持っているのは、ウルトラマンや仮面ライダーなどTV時代からでしょうか。

img

さて、うちにある月ロケットは木製で高さが40センチくらいあります。
以前、代官山にあったタンタンショップで購入しました。
量産品でなく、フランスから輸入しているので3万くらいしたと思います。
高っ。
リビングに飾っていますが、これを見てタンタンの月ロケットだとわかる人は、今まで一人もいませんでした。笑
息子もタンタンが大好きですから、僕がいなくなったあとも、きっと彼は部屋に飾ることでしょう。
僕は父から何も受け継ぎませんでしたが、親から受け継ぐもの、それが嗜好品ならなおさらいいと思います。
そんなことを考えている自分がいるんだなぁということに気づかされるのでした。

img

ひな祭り

松本 知彦 for Private Time/2012.03.05/私の履歴書私の履歴書

先日の土曜はひな祭りでしたね。
松本家でもお雛さまを飾りました。

img

img個人のfacebookでアップしたので、既に知っている人もいると思います。後ろの切り絵は父の作品。

ひな祭りと言えば、やっぱりお雛様。
赤いひな壇の一番上に、御内裏様とお雛様、その下に右大臣、左大臣、そして五人囃子、総勢15名が飾られる7段飾り。
女の子の子供がいて、これを全部揃える家って今どのくらいあるのでしょうか?
調べたわけではないですが、昔より減ってるんじゃないですかねえ。
女の兄弟がいない僕は、小さい頃これがうらやましくて仕方ありませんでした。
同級生の女の子の家に遊びに行ったとき、雛壇があると欲しくてねえ。
人形が欲しいというより、実物をそのまま小さくしたミニチュアの造形がジオラマみたいで、男心をくすぐられたのでした。
当時はいっつもプラモデルを作っていて、模型が大好きでしたから。

それ以外に、吊るし雛というものがあることを最近になって知りました。
これは布で作られていて、高いところから吊るすタイプ。
こんなのあるんですねえ。
子供の頃、雛祭りの時に見たのがこれだったら、欲しがらなかったと思いますけど。笑

img

img

雛祭りには、ちらし寿司を食べる習慣があるというのも、大人になってから知りました。
うちでも、近所にある「すし勘別館」というお寿司屋さんでお寿司を注文します。
このすし勘、にビル・ゲイツが来日のたび食べにくるという、知る人ぞ知るお寿司屋さんです。
とてもおいしいのです。

こうした日本古来の行事・文化は、ずっと続いて欲しいものですね。

Craft Design Technology ステープラ

松本 知彦 for Private Time/2012.03.02/文房具文房具

以前このブログでも紹介したブランドCraft Design Technology。
今回はホッチキスです。
以前紹介したハサミと同じ鄭秀和のデザインですが、共通するテイストはあるものの、こちらの方が好みです。
それはなぜなのか考えてみると、デザインが誇張されていない、威張って主張しない感じがあるからでしょうか。
しかしながら、このブランドの特徴とも言える斜めをコンセプトにしたデザインは、若干癖があってやっぱり大好きとは決してならないですけど。。汗

img

このホッチキスはデスクに立てたまま置いておけるので、収納場所に困らない、と商品コンセプトの解説文にありますが、ホッチキスをデスクに立てて置いておく人っていったいどれくらいいるのでしょうか?
かなり疑問です。
机に立てたままなんて中途半端なことするなら、引出しにしまおうよって個人的には思います。笑
デザインはともかく、ハサミと同じように使いやすい商品です。
ステープラは金属がむき出しの商品も多いですが、色が真っ白なのは清潔感あっていいですね。

imgこっちの絵はアップしないつもりでしたけど、一緒に上げちゃいましょう。

Zoot money/ZOOT! LIVE AT KLOOL'S KLEEK 

松本 知彦 for Private Time/2012.03.01/音楽音楽

ブリティッシュモッズ、R&Bバンドのセカンドライブアルバム。
1966年5月の演奏です。

img

Zoot moneyというバンドは、あんまり日本では知られてませんが、オルガンをメインにソウルフルな曲をグイグイ演奏するR&Bバンドです。
オルガンのジョージ・ブルーノは、のちにアニマルズなどでも活躍しました。
なぜ人気があまりないのかというと、カバーの曲が多かったり、このジャケットもそうですが、リーダーの風貌がどう見てもイケてなかったり(笑)、モッズのスタイリッシュな感じがないからかなぁと思ったり。
女子には受けないでしょうね。

ジョージ・フェイムより激しいですが、Whoやsmall facesのようなロックの要素は少なく、R&Bド真ん中の演奏です。
このアルバムでは、当時のロンドンのクラブの雰囲気がそのまま伝わってくる、熱い演奏を聴くことができます。
以前このブログでも紹介した、同じくオルガン奏者のブライアン・オーガーのMCから始まって、オーティスレディング、ジェイムスブラウンなどなど、次々とファンキーな曲を演奏します。
かなり熱いです。

人気がないからか、それとも違う理由なのか、ムービーが見当たりません。。。
ソウルフルなボーカルとオルガン。
映像はないけど、名曲the uncle willie。シャウトしてます。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版