建築ロード2

松本 知彦 for Private Time/2013.02.28/仕事仕事

前回の続きです。
代々木公園の有名なパン屋ルヴァンの前を通り過ぎて、そのまままっすぐ行くと緩やかな坂道になります。
まず坂の下には、ワークショップの木下道郎先生が設計して最近完成した集合住宅があります。
ワークショップというのは会社名なのですが、知らない方のためにちょっと補足しておきますと、80年代のポストモダンの流れの中で、横浜国立大学出身の建築家、木下道郎、谷内田章夫、北山恒の3人によって作られた建築チームの名前がワークショップと言いました。
90年代になってこのチームは解散しますが、3人ともワークショップという名称を今でも使っています。
この3人に共通するのは、打ちっ放し、機能丸出しの設備、集合住宅というキーワードでしょうか。
木下道郎先生の設計したこの共同住宅にも、その特徴が現れています。
ご本人にも会ったことがありますが、ボブ・ディランが大好きなクリエーターって感じの人でした。

imgワンルームがメインの打ちっ放しの集合住宅です。南側全面ガラスで陽当たりいいです。

少し坂を上がると、千葉学先生の設計した個人住宅があります。
千葉学先生は今確か東大大学院の准教授だと思います。
この先生の特徴もやはり打ちっ放しで、共同住宅もたくさん手がけています。
直線を多用するスタイルは、少しモダニズム入ってます。
サーフィンもやられるみたいで、僕は数年前に発表されたサーファーが集まる家?の建築が好きでした。
この住宅は2年くらい前に建ったものです。

imgこちらも打ちっ放しのお宅。でも上のワンルームより当然内装にお金かかってます。

img千葉学先生もう1つの作品もこの通りから10mくらい入ったところ。

千葉学先生の向かいには、ちょっと趣の異なる住宅が。
これは今は亡き伊丹潤先生が98年に自邸として建てた建築を、建築家自らがリノベーションしたものです。
実は友人が6、7年前に購入した家なんです 笑
90年代後半に建築ブームが起きた時、TOTOの建築マップにもリノベーションする前のこの建物が墨の家2として掲載されてました。(墨の家1がこの人の出世作)
家の前に大きな桜の木があって、友人はライトアップする照明装置をつけて、花見のときには美しい夜景を坂を上る人たちに提供しています。

img左端に見えるのが桜の木で、春はとても美しいです。

その友人の家の2軒隣に旧digはありました。
って言ってるそばからもう取り壊しが・・・・
せつない気もしますが、建築とはそういうものです。
取り壊し現場に入ってみましたが、この建物の中でたくさんの仕事をしたことを少しだけ思い出しました。
代官山蔦屋で最近デザイン賞を受賞して話題になったクラインダイサムアーキテクトのマーク・ダイサム&アストリッド・クライン先生の設計でした。
http://klein-dytham.com/architecture/heidi-house/

img奥に少し見える特徴的な壁のデザインが残っています。

imgクラインダイサムにもらったオフィスの模型

撮影スタジオも併設していたので色々なモデルが訪れてここで撮影を行いました。
全盛期の海老ちゃんも来たし、モデルだけでなくキョンキョンも布袋も、ちいさんも訪れましたね。

img天井高が6mあるエントランスでした。ここで色々撮影を。

次に続く。

建築ロード1

松本 知彦 for Private Time/2013.02.27/仕事仕事

代々木公園駅から井の頭通り方面に5分くらい歩いたところに、有名なパン屋さんがあります。
ルヴァンと言って、その筋ではかなり知られたお店です。
現在のようなパンブームが来るもっと前から、オーガニック系のパンを作っていました。
5,6年前には隣に新しくカフェも併設して、今でも人気です。
好きな人は大好きみたいですが、僕はあんまり好きではないですんでけどね。

img

img知ってる人も多い、その筋ではかなり知られたパン屋さん。

井の頭通りから入って、ルヴァンの前の道をそのまままっすぐ行くと、緩やかな坂道になります。
この坂道を上ると、東北沢につながる東大宇宙研究所の通りにぶつかるのですが、そこまでだいたい200メートルくらい。
そんなに長くないこの坂道に、色々な建築家が手掛ける建物がたくさん建っているのです。
代々木公園や代々木上原には、アトリエ系の建築家が建てた建物がたくさんありますが、この短い通りには特に多い気がしますね。
そしてこの道沿いに、引っ越す前のdigの事務所も建っていました。

imgまっすぐに上るこの坂道が好きでした。

先日この道を通ったら、旧digの建物に建築計画の看板が・・・
壊されちゃうんですね。。
それは仕方ないですけど。
もう1年半くらい、まったく使ってなくて老朽化しています。

img道路側には雑草もかなり生えてます。

imgエントランス。そして歩道から見上げた建物の外壁。

img主人がいなくなった建物は少し寂しそう。

建物が壊されちゃうのはなんだか悲しいことです。
次は何が建つのかなあ。
次に続く

岡本一宣の東京デザイン / 岡本一宣

松本 知彦 for Private Time/2013.02.26/本

岡本一宣を知ったのは翼の王国を見ていて、この斬新なレイアウトは誰だろう?と興味を持ったのが最初だったでしょうか。

img小さい版型にギッチリ詰まってます。装丁がよいです。

写真の配置と文字組みが素晴らしいです。
この作品集はエディトリアルをやる上でバイブルと言えるのではないでしょうか。
ボリュームにまず圧巻されますが、自身で手掛けている装丁もよいです。
アスクルのカタログも彼のデザインだと知った時は驚きました。
雑誌の出版だけに縛られず、カッコいいことだけに捉われず、求められた要求に応じて最適な自分の引出しを開ける、デザイナーってこうじゃなきゃダメだよなって思います。

img

以前は重版になってなかったのか、手に入りませんでしたが、今では普通に書店で購入できます。
同じシリーズで図版だけを集めた「岡本一宣のピュア・グラフィック」も是非。

ディズニーの腕時計

松本 知彦 for Private Time/2013.02.21/ファッションファッション

一部の人しか知らないと思いますが、今腕時計でリボンベルトが静かに流行っているんです。
これはファッションでプレッピーが流行しているせいもあるんですが、これから夏になって腕をまくったりする機会が増えると、その兆しはもっと顕著になるかもしれませんね。

img結構うまく描けましたね。

さて、そんな腕時計の1本です。
なんと懐かしいミッキーの腕時計。
僕が高校生の頃には、この時計が流行っていて、周りでもしている友人が何人かいました。
特に女子ですね。
当時、IVY(ハマトラ?)にミッキーの腕時計というのはお約束だったんです。
クルーズやシーズのトレーナーにミッキーの腕時計、ファーラのパンツか巻きスカート、、、って言っても何を言っているのか今じゃさっぱりわかりませんよね。汗

僕は高校2年生から美術大学受験専門の予備校に通っていましたが、そこでもちょっと気になる女の子がこの時計をしていました。
その娘、オシャレでしたけど、絵は下手だった(!)
入試で美大は全部落ちちゃったけど、今頃どうしているのかなあ。
この時計は、自己愛が強くて可愛い自分が大好き、でも基本受動的で仕事はそんなにできましぇん、みたいな女子がしている印象があります。
本当に剛速球な偏見でスミマセン、特にこの時計をしていた女子の皆さん・・・笑
でも当時ロレックスのレディスしてた人とは、明らかに異なる志向性だと思います。

img

まあ、とにかく僕にとってこの時計は懐かしい商品で、店頭で見つけるなり購入してしまったんです。
最初ついていたのは黒のリボンベルトでしたが、買った時にトリコロールに変更してみました。
これなら夏に紺のポロシャツにも合います。
この時計、ミッキーの2本の腕が動いて時刻を示すというお約束の商品。
今じゃ携帯があるし、腕時計は本来の機能を失い、アクセサリーになっちゃいましたね。

今流行っているプレッピー商品の中には、自分が10代の時に好きだったものがたくさんあります。
今もう1度それらを買おうとは思わないんですが、でもこのミッキーの腕時計や、以前このブログでも紹介したLLビーンのバッグのように、懐かしくてついつい買っちゃうものもあるんです。
http://blog.10-1000.jp/cat32/000825.html

それは単なるノスタルジーなのか、変わらない定番商品だからなのか、はたまた流行っているからなのか、自分でもよくわかりません。
しかしファッションにおいて、一生モノとか、定番っていうのは個人的にはまったく信用ならないモノだと思います。
移ろいゆくからこそファッションなのであって、変わらないものは進化しないもの、それが脚光を浴びるのは、時代が巡ってニーズが再びそこにマッチしたからに過ぎません。
スタイルは生き方ですが、ファッションは表層で絶えず変化していくもの。
時代のトレンドやその時の気分に左右される人の感性は、本当にいい加減なものです。

このミッキーの時計が僕にもたらすもの、それは昔のちょっとした思い出、そして今の気分、それがブレンドされた形容しがたい感覚ですね。

KIEHL'S ultimate white

松本 知彦 for Private Time/2013.02.20/香り香り

あまぁぁぁぁぁ~い。(大きい声で)
なぜ甘いのかはわかりませんが、甘い洗顔クリーム。

img

恥ずかしい話ですが、僕は今まで石けんをつけて顔を洗うことが、生まれてからほとんどありませんでした。
お風呂に入っても顔だけは石けんをつけずに洗ってました。
顔を石けんで洗うと、油分が全部飛んで顔がカピカピになり、そのあと乾燥してバリバリに張るからです。
痛いくらいに。

しかし、以前このブログにも書きましたが、顔に保湿クリームをつけるようになって、やっぱり洗った方がいいのかなあと。
そこで洗顔デビューと相成りました。

img

アメリカ生まれのブランド、キールズの製品を購入すると、たくさん試供品がもらえるのですが、その中に洗顔クリームがありました。
以前から使ってみて洗い心地がよいので、お店に行ってその商品をリクエストすると・・・・
毎日洗ってはいけない洗顔クリームがあるとのこと。
角質を落とす細かい砂のようなプチプチのもの、スクラブというものがたくさん入っていると肌がダメージを受けるとのことでした。

それで勧められたのがこのウルチメイトホワイトという洗顔クリーム。
(なぜ商品名がホワイトなんだろう?顔が白くなるのか???)
これなら毎日洗ってもよいとのことでした。
これにもスクラブが入ってます。
タピオカに似てます。
この粒粒が顔を洗っている最中、手のひらの中で小さくなって消えていく感触は、とっても気持ちのよい体験ですね。
香りはグレープフルーツのようなよい香り。
たぶん男女兼用です。

使用感はとてもいいのですが、冒頭に書いたように口に入ると甘いのです。
まあ、あまり口には入りませんが。
しかし、しつこく言いますが甘いのです 笑
このジャンルまったく詳しくないのですが、甘いって普通なのかなあ。。。

しかし前も書きましたが、年を取ると色々なものを買わないといけなくなるのですね。
過度にケアしてる人も嫌ですが、汚いおじさんにならないように最低限気をつけないといけないという・・・。
悲しい現実です。

京都 銀閣寺

松本 知彦 for Private Time/2013.02.19/旅

京都の名所旧跡は中学の時の修学旅行で訪れましたが、それ以降は来る機会がなかなかありません。
清水寺だけは、何度か訪れてますが。

imgなが~い三十三間堂。中は荘厳(撮影禁止)。

小学校の時に銀閣寺のプラモデルを作って、自宅のリビングにあるテレビの上にずっと飾っていました。
プラカラーで色も塗って、結構リアルなプラモデルでした。
でも実際に銀閣寺には行ったことがなく、前から1度は行ってみたいと思っていたんです。
修学旅行でも銀閣寺が入っている見学コースは選びませんでしたから。
先日京都への出張があり、はじめて銀閣寺を見る機会がありました。

img世界遺産にも登録されているんですよ。

銀閣寺は500年前に足利義政が作った山荘。
当時は12棟の風雅な建物が点在して豪壮なものだったそうですが、現在では銀閣と東求堂の2棟が残されているだけです。
建築だけでなく、東山文化を代表する散策路や庭園としての魅力もあります。

しかし・・・・・
小さい!!
実物ってこんなに小さいんですね。
小屋のような小さい日本家屋で、茶室に通じるものがあります。
昔の日本人のモジュール、サイズ感ってこうだったんでしょうね。
現代と全く違います。

img家で焚いても、なんともいい香りです。オススメ。

銀閣寺に入るためのチケットを買う場所には、何やらよい香りが漂っています。
それがとてもよい香りで、なんだろう?と思っていたら、
銀閣寺オリジナルのお香でした。
サンタマリアノヴェッラとコラボした商品も出している、これまた京都老舗の松栄堂のお香。
松栄堂は1705年創業。
銀閣寺より200年若いですが、それでもなんと300年お香一筋です。
以前このブログでも書きましたね。
http://blog.10-1000.jp/cat35/000495.html

img

img銀閣寺を訪れることがあったら買ってみてください。

我が庵は月待山の麓にて
かたぶく空の影をしぞ思ふ
義政

白山陶器 シェルシリーズ シェルボール

松本 知彦 for Private Time/2013.02.12/ライフスタイルライフスタイル

またまた白山陶器。
森正洋デザインのシェルシリーズ、シェルボールの4号と5号です。
1983年に発売、97年にはグッドデザイン賞のロングライフデザイン賞を受賞しています。

img

サイズは5種類。
青山の白山陶器のお店で購入しましたが、Webで探そうとしても見つかりません。
なぜだろう?

厚みがあってどっしりしていて重さがあります。
表面にはギザギザがあって滑らず、持ちやすい、
裏はマットで、滑らなくて重宝します。
白磁は料理も映えますね。
白山陶器と森正洋のダブルネーム。

img

1983年スペイン・バレンシア第13回国際工芸デザイン展陶芸部グランプリを受賞し、ヨーロッパやアメリカで80年代90年代大人気だった商品です。
ニューヨーク近代美術館の1983年クリスマスカタログの表紙も飾りました。
こういう商品が今も継続して販売されているのは、とってもうれいしいことですね。
皆さんの家にも1つあるときっと重宝します。
使いやすくて美しい、オススメです。

Molton Brown キャンドル

松本 知彦 for Private Time/2013.02.08/香り香り

1973年、ロンドンのサウスモルトン通りでヘアサロンとしてスタートしたモルトンブラウン。
高級ホテルのアメニティに採用されたことで、その評判が世界中に広まりました。

imgホントに良い香り。置いておくだけでもお洒落です。

僕がこのブランドを初めて知ったのもホテルでした。
新宿にあるパークハイアット東京の部屋のアメニティが、オープン当初すべてこのブランドで揃えられていて、使ってみると何ともいえない豊かな気持ちになったのを覚えています。
国産のシャンプーにはない、はじめての体験、とても豊かな体験でした。
それはまだ10代の頃、当時の自分には高くて買えなかった外国の雑誌を洋書屋さんで手に取り(主に嶋田洋書ね)、ページをめくると、ほのかに立ち上る香水サンプルの香りに、遠い外国を感じてちょっぴり豊かな気持ちになったのと似ています。

そういう意味では、ヘアケアの分野で一番最初に僕に海外を、ヨーロッパを教えてくれたのは、このモルトンブラウンかもしれません。
その体験が忘れられずに、このブランドが国内のどこで買えるのか調べて、一時期続けて購入したものです。
当時はイギリスからboots、コンランショップなどが次々と上陸し、都内にモルトンブラウンの直営店もありましたから、そこで購入していました。
bootsもモルトンブラウンの直営店も今はもうありませんね。
そしてコンランショップも日本のコクヨの経営に。

3年前、スタッフの誕生日には、このブランドのキャンドルを全員にプレゼントしました。
それは、自分の新しい扉を開いてくれた数少ない経験をみんなにもしてもらいたい、という自分なりの想いもありましたし、単純にモノや情報を知って見聞を広げるだけでなく、できるだけ体験して欲しいという気持ちもありました。
しかし10種類以上ある中から、あげる人のキャラクターに合わせて毎回キャンドルの香りを選ぶのは骨の折れる作業で・・・・

img写真だとよくわからないですが、キャンドルが入っているパッケージも洒落てるのです。

img玄関のサイドボードの上で火をつけたり。

他社のキャンドルよりかなり大きく、インテリアとしても使えます。
そして箱のパッケージが素晴らしく、ヨーロッパを感じます。
スタッフみんなにプレゼントしたあと、自分用にも1つだけ購入しました。
時々火をつけますが、やはりいい香り。
パークハイアットがオープンしてから10年以上が経過しますが、香りを嗅ぐたびにあの頃の気持ちに立ち返るのでした。

ここでユーミンの「あの日に帰りたい」が流れ出す・・・

SAMUEL GASSMANN サミュエル・ギャスマンのカフス

松本 知彦 for Private Time/2013.02.07/ファッションファッション

フランス人デザイナー、サミュエル・ギャスマンのカフリンクスです。
黒蝶貝にアルファベットが刻印されています。

img

フレンチカフのシャツにカフリンクスを普段からしている人ってどのくらいいるでしょう?
たぶん日本で働いているビジネスマンの5%以下なんじゃないかと思います。
以前は帽子やタイピンと同様、紳士の身だしなみとして必携アイテムでしたが、今ではフォーマルを着る特別なイベント以外は、モチベーションを上げるためだけにアクセサリーとして存在する商品だと思います。
クラシック好きのコスプレにはマストな商品ですけどね。
でもカフスをするなら、一部の隙もないクラシック一辺倒なコーディネートではなく、気軽な感じでしたいものです。

img

img右手と左手で異なる自分のイニシャルをしています。

普段使いでもお洒落に使えるサミュエル・ギャスマンのカフリンクス。
一見ただのカフスですが、よく見るとイニシャルのアルファベットが刻印されているなんていいですよね。
それも決してこれ見よがしに、目立つように入っているわけではなく、注意して凝視しないとわからないのがよいです。

imgパッと見だけではわからないのがいいですね

白い貝のものもあるのですが、白は大文字が彫られています。
僕は小文字が刻まれている黒い方を選びました。

おかめ 東北沢 

松本 知彦 for Private Time/2013.02.05/食べる食べる

寒い季節は、おでんです。
今の時期、毎年食べたくなりますよね。
今回紹介するのは、知ってる人は知っている通の?おでん屋。

img最近、このタッチに凝ってます。

このお店、なんてったってアイドルの小泉今日子先生御用達のおでん屋さんです。
場所は東北沢から徒歩5分くらいですが、かなりエントランスが狭く、看板らしきものも出てないので、知らなければ通り過ぎてしまうでしょう。
え?こんなとこに?という場所にあります。
以前は取材拒否で住所も出てなかったのですが、食べログはじめWebメディアの登場で、今では検索すればどこにあるか出てきますので、行ってみたい方はそちらで。

img

imgいわゆるオープンキッチンスタイル、、って言っていいのかな

和風の細いエントランスを抜けて店に入ると、カウンター席のみになっています。
2人など少人数で行く場合、予約はできないので早めに行くことをオススメします。
4人以上なら2階席の予約ができます。

img

img白子のおでんです

おいしいですよ。
寒い日はやっぱりおでんですねぇ
食べに行きたくなってきました。

img

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版