ハイブランドのシャツ

松本 知彦 for Private Time/2014.06.24/ファッションファッション

以前はハイブランドのシャツを購入する機会もありました。
でも今はまったく興味がありません。
なぜでしょう?

img

img

自分がブランド名というものに付加価値を感じなくなったことが大きいと思います。
それはいつから?
リーマンショックと一緒にやってきたファストファッションによって、自分の中でブランドに対する価値観が変化したこともあるかもしれません。
今ではブランドは疑うべきと思っています。
自分の工場で作ったものではない服を、大量の広告宣伝費を使って、これまた相当な費用をかけて作ったブティックで売るのだから、商品は高くなって当然でしょう。
ハイブランドを着ている人がお洒落とはまったく思いませんし、むしろそうした単純な構造に自分の身を疑問なく置けることはうらやましいなあとも感じます。
自分はハイブランドに身を包むことによる優越感もなく、モチベーションも上がらなくなりましたから。
以前は違ったんですけどねえ。
自分が素直に好きなもの、着やすいもの、リアルクローズへと興味はシフトしています。

img

img

じゃフライのシャツはどうなの?
ハイブランドのシャツと金額変わらないじゃない、という人もいるでしょう。
しかしシャツメーカーとして何十年もシャツ1筋でやってきた企業と、そうした工場でプロダクツを作らせているハイブランドには明らかな差があるように思います。
でも、一方でこんな考察も大部分は時代の気分的なものが占めていて、ただの錯覚かもしれませんけど。

決してインターナショナルなハイブランドが悪いとは思ってはいないんです。
でも今はどちらかというとハイブランドというジャンルの区別なく、ある視点で横断的に集められた編集力そのものに興味があります。
ワークスタイルが変化してオンとオフが限りなく接近してきたように、体制へのアンチテーゼの視座もなくなり、1つだけの世界観で生活を演出することは困難になってきています。
ファッションもハイ&ロー、インポート&ドメスティックという差異はほとんどなくなってきた気がします。    
日本人はみんな同じ格好をしたがる傾向にありますが、以前よりパーソナライズ化は進んでいるのではないでしょうか。
だから、自分の生活スタイルに合ったものだけを色々な分野からセレクトする力が必要になってきています。
しかしトレンドという幻想があったり、男子の場合はダンディズムという面倒なものがあったり、ルールがあったり、自分の好きなものにブレンドしたくなるような誘惑は多いです。
女子はH&MのTシャツを着て、クリスチャン・ルブタンのヒールを履く感覚を持っていますが、そんな感性を持ち合わせている男子はほとんどいません。
ウンチクが好きな男子にとって、それはなかなか難しいんでしょうね。

img

img

img

ファッションは他人へのプレゼンテーションですが、自分を満足させるための自己投資でもあります。
矛盾したことを言いますが、自分の好きなハイブランドへの投資に価値を感じられれば、それはそれでいいのです。
でも自分は、、、、最近全部リサイクルショップに持って行きました。

まこ展のレポートをアップしました

松本 知彦 for Private Time/2014.06.17/クリエータークリエーター

今年5月に3階のSPACE8で行われた「11年目のまこである展」には多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
連日、かなりの来場者で展示は大盛況でした。

何人の方が見に来てくださったか正確にはわからないですが、芳名帳を見ると800人の名前がありますので、たぶん1000人は軽く超えていると思います。
改めてまこの人気を実感しました。

友人である主催者の優太郎氏に聞いたところ、特にプロモーションしたわけではなくて、ブログとFacebook、twitterでお知らせしたのみとのこと。
ファンはSNSを相当にチェックしてるんですね。
すごいなあ。

会期中に、今回展示を行った優太郎氏、映像作家の大谷さん、インスタレーションを行ったBALさんにインタビューを行いました。
その記事をアップしたので興味のある方は是非読んでみてください。
↓↓
「11年目のまこである。」出版記念写真展レポート

imgレポートぜひチェックしてみてください

うちのスタッフを全員集めて、優太郎氏によるクリエイティブ談義もやってもらいました。
カメラマンのアシスタントを経て、エディトリアルデザイナーへ、そしてまこの出版という経歴を持つ優太郎氏は、常にクリエイティブに携わってきた人。
そういう人の話が聞けるのは、同じクリエイティブに携わる者として、きっと刺激的なのじゃないだろか、勉強になるのじゃないだろか、と感じて松本が彼に頼んだのでした。
そういう話が聞けることも、ここで働く人の特権というか笑
でも有意義な話なので、スタッフだけではなく本当はみんなに聞いてもらいたかった。
それをちょっとでも感じてもらえれば、ということで話の内容を記事にして掲載しています。

img今回クリエイティブ談義をお願いした友人の優太郎氏

しかしまこ展の展示はすごかったなあ。
準備に朝から晩まで5日間、相当気合入ってました。
半端じゃないっす。
来た人もすごーいと言ってましたが、人を驚かすってことは手間がかかるってことですね。
愛情を感じます。
来場いただいた方はそんな展示のことを思い出して、来られなかった方はまこを身近に感じるために、是非グッズを購入してみては?笑
オンラインショップでは、SPACE8限定販売の写真が新しく追加されています。
こちらもチェックしてみてください。
↓↓
http://space8.jp/store/products/list.php?mode=filter&category_id=23

img展示はホントめちゃめちゃ気合入ってました。見せ方の参考になりましたね

組織の適正人数

松本 知彦 for Private Time/2014.06.12/仕事仕事

まっちゃんは会社をやってるの?社長なの?へ〜。それでスタッフは何人?
友人や知人から、この質問を今までどのくらい聞かれてきたでしょうか?
たぶん100回以上は聞かれてきたと思います。
それが何の意味を持つのかわかりませんが、スタッフの人数が多い=成功の規模と見なすようです。
でもこの質問を受ける度に僕は辟易していました。

成功の大きさをスタッフの人数でしか計れないわけがない、と思っていたからです。
そもそもビジネスにおける成功とは何なのだ?というのも疑問でした。
僕の考える成功、、それは、第1に大前提として働くことが楽しいこと=よい仕事ができること、第2にそこで働くみんなが幸せであること、第3にもの凄く裕福でなくていいけど、ちゃんとした報酬が得られること、そしてその状態が長く続くこと。
会社の規模や人数は一つも出てきません。

これを目指すなら適正人数があるはず。
ずっと以前からそう考えていました。
それがいったい何人なのか、わからないまま15年が過ぎました。
よい仕事ができるとは、納得のいくクオリティレベルを保つことであり、これを第1に守るためには自分の目が届く人数、自分がコントロールできる裁量の範囲を守るべきだと長い間考えてきました。
組織が大きくなれば当然、スタッフを見るための監督者を置かなければならない。
それは間違えればクオリティとは別の、統制や効率化を目的としたチーム編成になることを意味しています。
最良なクリエイティブを生み出すことに適した環境とはいったい何人編成なのだろうか?

自分がやりたいこと=クリエイティブに集中できること。
効率化や売上だけを追い求める組織は、時にそれを阻害します。
人生で自分がやりたいことを仕事にできる人は決して多くはありません。
やりたいことができる環境、僕自身で言えば、それがクリエイティブに正面から向きあえる環境でした。
働くことが楽しいこと、仕事において自分が必要とされていることを実感できる瞬間、それが幸せになることにつながると思っていました。
いえ、今でもそう思っています。
そのためには、最良なクリエイティブを生み出す環境を作る必要があったんです。

繰り返しになりますが、幸せになれる適正人数というものがあって、これを越してはならないと長い間思ってきました。
そのため10年間人数を増やさずにやってきました。
大事なものを忘れて、拡大戦略を取ることに違和感を覚えて、勤めていた企業を退職してクリエイティブに特化した組織を自分で作ろうと思っていたんです。

小さくて愛される組織、それでいてエッジの効いた会社を作りたい。
長い間そう思ってきました。
しかし今この気持ちは、少しづつ変わり始めています。

社長の仕事って何だろう?
それはクリエイティブに最適な環境を作ることだけではないはずです。
スタッフ個人の成長と会社の成長をリンクさせて、利益を確保し、最終的な責任を負うこと、
毎年スタッフにきちんと給料を払って、よい仕事をしてもらうこと。
それが社長の仕事だと気が付くのに10年もかかってしまった。
会社の中で、自分が最前線のクリエーターとしてバリバリやることからそろそろ降りる時が来たようです。

img

MEISTER×喜八工房 Clam Shell Plate

松本 知彦 for Private Time/2014.06.11/ライフスタイルライフスタイル

目黒通りにあるインテリアショップ、マイスターが、山中漆器の老舗、喜八工房(石川県)とコラボレーションして作った商品、クラムシェルプレートです。
とってもモダンなデザイン。

img

imgビビッドでありながらも、和を感じる赤が美しいですね

木製ですが、持つとびっくりするくらい軽いです。
素材は栓(せん)という木らしいですが、こんなに軽い木があるんですね。
ろくろを回して薄く削られて、仕上げられたプレートです。

名前の通り貝殻を連想させるアシンメトリーの有機的なフォルム。
木目が美しいです。
そして色はウレタン樹脂塗装によって、漆では表現できない鮮やかな色でマットな質感になっています。

コンテンポラリーでモダンな空間にも、和の空間にも、どちらにもマッチすると思います。
クッキーを入れたり、みかんを入れたり、来客の時ちょっとしたお菓子を入れたり。
サラダを盛り付ける食器としても使えるとお店では言ってましたが、うちでは食器としては使ってません。
部屋のアクセントに物入れとして使っています。

うちの庭には古い梅の木があるのですが、毎年この季節にはたくさんの実がなります。
それを採る時にも、このプレートを使ってみたり。
採った梅の実は、時間をかけて梅酒にしています。

img毎年6月、家の庭では梅が採れます。色が綺麗

img底にはマイスターの名前があります。

色は赤と黒、SMLの3サイズがあります。
写真は赤のLサイズ。
黒も持っていますが、オススメは赤ですね。

大友克洋×河村康輔 Re:construct in TOKYO

松本 知彦 for Private Time/2014.06.09/クリエータークリエーター

先日、表参道にあるベイプ(A BATHING APE AOYAMA)で開かれていた大友克洋の展覧会を見てきました。
大友克洋と言えばやっぱり「AKIRA」ですよね。
世界に知られた作品です。

img1階に出てた告知ポスター

今回の展示は、コラージュアーティストの河村康輔とのコラボレーション展でした。
この河村康輔という人について、僕は詳しく知らないのですが、根本敬とコラボしたり、漫画近辺の仕事が多い人のようです。
大友克洋のポスターなども制作しているみたいですね。

imgネオンの階段を登ると、、、

imgでっかいプリントが窓に貼られてました。

展示は2階のフロアで行われていて、展示されていた作品は20点くらい。
コラージュアーティストとのコラボなので、当然すべてがコラージュ作品です。
拡大縮小したコピーを切り抜いて、何枚も重ね合わせ、貼り合わせたものを1つの作品として展示してありました。
まあ、言ってみれば音楽のサンプリングやリミックスと同じで、それを紙でやっているってことです。
流行のカット&ペーストですね。
それをマンガでやるっていうのが目新しい、、、、のかな?
見た感想は、、、そんなにおもしろいものではなかったですが。

img

img額装されていた展示を撮影したら怒られてしまい・・・汗

コピーを貼り合わせたものが大友克洋の作品だからよいのか?コラージュの面白さがあるのか?自分にはその良さはわかりませんでした。
原画まんまの方が100倍いいだろうし、そこにコラージュならではの新しい視点があるか?というと、そんなこともなくて、まあ、当たり前なのかもしれないけど、原画を超えられないし、コラージュだからよいということも特別ない気がしましたね。
コンピュータ上で画像を貼り合わせ、色を塗ったりして、別の新しい世界を作り出していれば、おもしろいのかもしれないですけど。
紙を切り抜いて貼るというアナログ感がいいのでしょうかね。

imgTシャツやバッグなどが限定で販売されてました。洋服屋だからそりゃそうですよね。

展示に合わせて色々なグッズが売られていましたが、店側はそれが目的なのかなあ。
あんまり店舗で開かれる展示って行ったことがないですが、こんなものなのかなあという感じもしました。

展示とは関係ないですが、青山のBAPEに行ったのは久しぶりだったものの、やっぱり片山正道のインテリアデザインは冴えてますね。
青山のBAPEは、彼がインテリアデザイン界で頭角を現わすきっかけとなった店舗ですが、今行ってもカッコいい。
作品よりも、片山正道のインテリアデザインの方が印象に残っています。

imgインテリアは今でも古くなくてカッコいい。

MAXVERRE バロン

松本 知彦 for Private Time/2014.06.05/ファッションファッション

マックス・ヴェッレはナポリで造船の設計からキャリアをスタートさせます。
その後1993年にファッションの世界へ。
95年にはプレミアータを立ち上げ、2001年にマックズ・ヴェッレをスタート、2006年にはトム・フォードのデザインディレクターに招聘されています。
UA会長の重松さんがお気に入りのブランドですね。

img一言で言うとグラマラスな靴

「バロン」というモデル。
表革のタッセルスリッポンですが、タッセルをレザーとメタルのコンビにするだけでエレガントに。
一言で言えばその特徴はグラマラスなフォルムにあります。
美しい局面を作り出すロングノーズでシャープなライン。
5年くらい前に買いました。
マックズ・ヴェッレはこれで2足目。

前回紹介したエドワードグリーンとは全く違う、真逆のテイストです。
マックズ・ヴェッレはマッケイ、グリーンはグッドイヤーウェルト製法で作られています。
説明は省略しますが、興味のある方は調べてみてください。
イギリス好きなら絶対に買わないマッケイ。
こういうのってどうでもいいことだと思うのですが、男子とはこういうメンドクサイことにこだわるのです。
特にマニアになればなるほど。。
僕は(ど)クラシックではないので、そんなことはどっちでもよいと思っています。
要は自分が満足できればいいのです。
製法が自分を満足させる要素なら、それはそれでよいと思いますが。

なんかこういう話、「ぼかあさぁ、ポルシェ乗っちゃってるんだけどさぁ、96年型で水冷式エンジンの最終モデルなの。やっぱ音が違うんだよにぃ、サウンドっつーの?ぼかあさぁその音が好きなんだよ」っていうエンスーな話と同じで、何がその人の心を満足させ得るのか、マニアックな話だと思います。
どこにでもありますよね、こういうの。

imgタッセルスリッポンはなぜかいつも持ってる靴

最近マックス・ヴェッレも元気がないような気がします。
トム・フォードもだんだん勢いが落ちているような。
やっぱり英国や流行のアメリカ勢に押されちゃってるせいかなあ。
今売れまくっているアメリカ製のオールデンとは対極にある靴ですね。

img中底のステッチもMになってるのが可愛いです

マックス・ヴェッレでもう1つ気に入っている点は、箱のデザインがとてもカッコいいことです。
そんなのどうせ捨てるんだし、どうでもいいじゃない?と思われる方も多いと思いますが、自分にとっては、そういうことがとても重要なんです。
本体にこだわっているのはもちろんですが、そうした本体以外のことに、要はブランディングやデザインに手を抜かない姿勢がとても自分には重要なのです。
それは他人への気配り、サービスにつながることだと思います。

などと書いてますが、前回に続き今回も読み手の共感はまったく得られないのを知りつつのアップです。。笑
2回も続けてマニアックな話題でホントすみません 汗

EDWARD GREEN チェルシー

松本 知彦 for Private Time/2014.06.02/ファッションファッション

1890年に英国のノーザンプトンで、エドワード・グリーンが3人の息子とともに靴の生産をはじめたのが、このブランドのはじまりです。
100年以上靴を作り続けています。
英国靴メーカーが集まる紳士靴の聖地のような場所ノーザンプトン。
その中でもグリーンは、靴が好きな人なら誰でも知っている王道中の王道のようなブランドですね。

img極めてシンプルで普通なストレートチップです

このブランドを象徴するモデルは2つ。
1つはストレートチップの「チェルシー」。
スワンネックと呼ばれるステッチが特徴的なデザインで知られています。
同じ英国靴であるジョンロブの「シティ」、クロケット&ジョーンズの「オードリー」と比較されることが多いですね。
もう1つはUチップで有名な「ドーヴァー」。
スキンステッチと呼ばれる高い技術を誇る手縫いのつま先部分が独特です。

今回紹介するのは前述のチェルシー。
冠婚葬祭用に1足、黒のストレートチップがあってもいいかなと思って8年くらい前に買いました。
どの雑誌でも、最初に買うべき基本の靴として紹介されている靴ですね。
でも自分の場合、あんまり出番は多くないです。

img

img冠婚葬祭用に1足はこうした靴を持っていた方がいいです。

ブリブリのクラシックが好きな兄貴の多くが支持するこのブランド、通常ならクラシックなラウンドトゥを選ぶと思いますが、僕は888のスクエアトゥのラストを選んでいます。
ラストというのは木型のこと。
チェルシーはモデル名ですが、形はいくつかのラストから選べるのです。
ビスポークではない既成靴を購入するときは、モデル(デザイン)を選び、ラスト(木型)とサイズ、ウィズ(足の横幅)を選び、自分の足にあったものを絞り込みます。
僕は同じ英国靴であるジョージ・クレバリーのようなスクエアトゥが好きなのです。
ジョンロブで言えば8000番。
以前ブログでも紹介したフランスのブランド、コルテが好きな理由も鋭角的なスクエアトゥが好きだからです。
マニアになってくると「今日履いているグリーンは○○年に廃版になったラストで、今売ってる現行モデルは好きになれないんだよねぇ~」とか、ホントに変態レベルのメンドクサイことになってきて、、、
そういう(ど)クラシックな人、僕は苦手なのですが。。

img中底にはゴールドで名前が印字されていますが、書体がカワイイ。

グリーンの靴は英国靴だけあって、スーツと同じく作りはガッチガチです。
買って3年くらいは、履く度に左の小指が痛くて仕方ありませんでした。
有名だから、名門だから、価格が高いからいい靴か、というとまったくそんなことはないというのを、この靴で勉強しました。
結論からいうと、自分にはあまり合わない靴です。
でも100年前のクラフツマンシップを感じるというか、お国柄が感じられる靴だと思います。
それが英国靴ファンにはたまらない魅力なのだと思います。
質実剛健で、イタリア靴のような色気はまったくありません。
わかりやすく性格でたとえるとしたら、まじめで頑固、皮肉やジョークも言うけど、そんなに面白くはない人(笑)みたいな感じですかね。

でもこうした靴を履く経験も、人生には必要だと思わせるに足りる靴だと思います。
今回は男子にしかわからない、いやその中でも一部の人にしかわからない話題で失礼しました。汗

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版