小さな夢の実現 ロンドンへ その1

松本 知彦 for Private Time/2014.09.17/私の履歴書私の履歴書

僕の父親は昔、漫画家でした。
世間にその名前を知られた時代もありましたが、今では本当に一部の人しか知らない漫画家です。
彼の名前が知られていたのは僕が生まれる前、大手が少年ジャンプやマガジンなどの週刊誌を出版する前の時代、1950年代に隆盛を極めた貸本というジャンルでのことでした。

imgロンドンのカートゥーンミュージアムで展覧会を開くことになりました。

今と違って、フリーのクリエーターという職業は、明らかにマイノリティだった時代。
社会的に相当なハンデがあったはずです。
300人がマンガ家になることを目指しても、なれるのは100人、そのうちきちんと収入が得られて残るのは1人くらいでしょう。
仮に売れたとしても、そのうち収入はゼロになり、廃業を余儀なくされてしまう厳しい世界。
学校の校長先生であった厳格な父(僕の祖父)に猛反対され、読んでいたマンガを目の前で破り捨てられた経験をしても、なぜ彼がマンガ家という職業を志したのか、その理由はわかりません。
しかしそこには覚悟があったと思います。
そして、その後には悔しさや諦め、後悔もあったかもしれません。
父親は覚悟を決めて飛び込んだであろう自分の職業について、晩年は卑下していたと母に聞きました。
そこには色んな思いがあったんだろうと思います。

自分の子供時代、家庭は経済的に困窮していたはずですが、それを僕に気づかせず、一家の生計をサポートしていたのは母でした。
母は僕が物心着いた頃からずっと働いていて、家にいない時も少なくありませんでした。
結婚すれば、ほぼ全員が専業主婦の時代に、他の家庭と自分の家が明らかに違うことを感じ取ってはいましたが、それについて自分から質問することはありませんでした。
そして父の仕事についてもほとんど感知することなく、いえ見て見ぬ振りをしながら僕は徐々に大人になって行きました。

その父が2005年に亡くなります。
父が病床で最後に僕に託したこと、それが70年代の作品を集めた単行本「たばこ屋の娘」の出版でした。
既に寝たきりになっていた父は、編集者とのやり取りを自分に代わって息子である僕に依頼したのでした。
「知彦、これ進めてくれるか?」
本当に短い言葉でした。
父が仕事のことを自分から僕に話したのはこれが最初で最後です。
それまで一切自分の仕事について息子に語ったことはありませんでした。
この短い言葉が特別な響きを持って、今も僕の耳にずっと残っています。
この時まで僕は父の仕事に関して何も知らなかった。
そこから父を知っている人たちに会い、父のことを調べ、父に関する活動を少しずつはじめるようになり、今に至ります。

img

img父が70年代にビックコミックに連載していた「劇画バカたち」。その原画もロンドンで展示します

いくつかわかったことがあります。
父親は、さいとう・たかをさん、辰巳ヨシヒロさんと3人で大阪、東京の同じアパートで一緒に生活しながら作品を描いていたこと。
その中で劇画という表現を生み出し、それが今のマンガの発展に大きな影響を与えていることを知ります。
そして劇画という表現を、世界で初めて作ったのは父親だったという事実も知ることになるのです。
父は劇画に先駆けること1年半、劇画のルーツである駒画という表現に到達していました。
これを知った時、父親が祖父の大反対を押し切ってでもやりたかったことは、これだったのではないかと瞬時に感じました。
劇画が生まれた背景には、新しいことを作り出そうとする父の真摯で激烈な想いを感じることができます。
この事実を知った僕は、劇画が登場した当時の息吹、想い、葛藤を1人でも多くの人に知ってもらいたい、そう思うようになりました。
父だけの作品ではなく、さいとうさんや辰巳さんの作品も含めて、劇画の革新性を世に伝える活動、劇画が今のマンガに及ぼした影響を認知してもらう展示をやりたいと、密かに思うようになりました。
しかし周りの関係者にこの話をしても、誰一人として展覧会の企画に賛同してくれる人はいませんでした。
ビジネスにならないからという理由だと思います。
でも僕はあきらめませんでした。
仕事をしている時でも、展示のことはいつも頭の片隅にありました。

劇画=さいとう・たかをさん、日本ではそう見ている人がほとんどです。
その表現がいつ、どこでどのように生まれたのか、スタート地点には何があったのか、それを知る人はいません。
興味を持つ人もいないからビジネスにはならない。
駒画についても、多くのマンガ評論家は呼び名が違うだけ、劇画vs駒画という構図でしか捉えておらず、その関係性について正確に論述されている書籍は1册もありません。(読み手側に興味がないので書く必要も無いのでしょうけれど。)
先行する駒画は革新的な表現やコンセプトだけを残し、後からやってきた劇画に飲み込まれていきますが、「駒画と劇画は同じもの」生前父はそう言っていました。

img叫ぶさいとう・たかをさん。1950年代の父自身の言葉でしょう。

父親が飛び込んだマンガの世界、そこで到達した新しい表現。
それを押し進め、既存の表現を乗り越えていった多くの作家たち。
そんな内容を紹介する展示を海外で開くことはできないものか。
長い間、胸の奥に秘めて来た想いが、とうとう今月ロンドンで実を結ぶことになりました。
構想から8年くらいが経過していますが、ようやく形になるのです。
ここまで長い道のりでした。
http://cartoonmuseum.org/exhibitions/current-exhibitions/gekiga

SPACE8の次の展示は「やる気まんまん」!!

松本 知彦 for Private Time/2014.09.16/クリエータークリエーター

SPACE8で開催していた「カワイイの原点 高橋真琴展」は昨日で終了しました。
会期中はたくさんの皆さんに来て頂き、本当にありがとうございました。
日本のカルチャーを作った真琴さんの貴重な原画をこんなに近くで見ることができて、そこには発見やオドロキ、感動がありました。

imgこの肩に乗っているキャラクター、1度は見たことあると思います。

さてそんな中、次の展示の企画が進行中です。
皆さんは「やる気まんまん」というマンガを知ってますか?
牛次郎の原作で、横山まさみちさんが描いた成人向けマンガです。
タイトルを聞いて知らないなあと思っても、絵を見たらきっと思い出すと思います。

この「やる気まんまん」、夕刊紙の日刊ゲンダイに1977年から2003年まで、なんと26年も連載されていたエロマンガなのです。
あんまり話題にされませんけど、毎日出る新聞に26年間も連載を続けたというのはスゴイことです。
しかも小さい4コマ漫画などではなく、タブロイド紙とはいえ紙面1ページを使って連載された作品ですからねえ、驚きです。
そして内容はエロマンガですよ!!
もちろんセックスと性描写でストーリーが構成されているのです。
週刊誌じゃなくて、エロマンガを毎日新聞に連載ですよ。
今じゃ考えられないですよね。
スゴイパワーです。

img会場では今は手に入らない、レアな単行本も販売します。

imgオットセイ、懐かしい!

子供も普通に見る一般の新聞に連載されていたマンガですから、閲覧者の年齢制限はありません。
しかしあまりにリアルな描写はまずいので、男性のアソコはオットセイ、女性のアソコは貝で表現されています。
このオットセイのキャラクターを見たら、みんな思い出すのじゃないでしょうか。
アニメ化もされましたが、杉作J太郎さんが監督した実写版も話題になりました。

次回は、この「やる気まんまん」の原画展をSPACE8で開催することになりました!
高橋真琴さんの描く作品は女子が必ず通ってきた少女のあこがれの世界、次回の展示は男子が必ず通る道、しかも中学生からおじさんまで幅広い男子が通って来た道なのです。笑
少女世界からエロマンガ、展示内容の振り幅がものすごいでしょう?笑
しかしどちらも息のなが~い活動で、その分野を開拓した第1人者として、リスペクトされるべき作家なのです。
今回は父親同士も顔見知りですが、息子同士の交流から展示が実現しました。
http://space8.jp/schedule/2014_11/

img登場する女子のキャラクターの顔だけは女の人が描いていると知りました。

男子のみならず、女子の皆さんも是非見に来てください。
ある意味、こういう機会がないと見られないと思います。
展示は9/25~10/3まで。

高橋真琴さんの少女イメージを見て癒され、横山さんの「やる気まんまん」を見て元気を出して行きましょう!
お待ちしています。

Pierre Marcolini 銀座店

松本 知彦 for Private Time/2014.09.12/食べる食べる

夏だ、アイスだ、マルコリーニだ!
と言っても、この記事を書いた時と違って、もうあんまり暑くないのですが。
今日はピエール・マルコリーニのことを書いた記事です。

imgお店は交詢社ビルのある通り、銀座5丁目くらいにあります。

銀座にこのお店ができたのはいつだったか。
たぶん5年くらい前でしょうか。
店がオープンした時は常に行列ができていて、最低でも15分、長い時は30分以上は待たなければ買えませんでした。
お店はカフェとテイクアウトと2つのゾーンに分かれているのですが、どちらも常にたくさんの人。
カフェを利用する際は2階より上、3階まで席があるのですが、フロア面積が狭いのですぐ満席になってしまうのです。
同様にテイクアウトの方もいつも人が並んでました。
2年くらい前に、店舗がリニューアルされて、そのせいもあるのか最近ようやく待たずに食べられるようになってきましたね。

img2011年に撮ったリニューアル前の写真

imgカフェでの定番はチョコレートパフェです。

imgこちらはチョコアイスだけの組み合わせ。

ベルギーからやってきたここのウリはチョコレートです。
アイスが有名ですが、やはりチョコブランドなのでチョコを使ったアイスがウリです。
カフェではチョコレートパフェが定番です。
ジャンポールエヴァン、デメル、カカオサンパカなどがライバルでしょうか。
これからの季節、例年の如く、銀座に行った時は必ずここのお店でアイスを食べるつもりです。(ちょっと公開が遅くなってしまったので、これからの季節と書いてます)
最高ですから。

imgテイクアウトは、、、何でもおいしいです。

imgえーと、今日は何にしようかな。

imgいろんな味の組み合わせが選べます。

チョコのマーケットは熾烈を極めてますよね。
インポート、ドメスティック、双方入り乱れて、バレンタインの時にはものすごいことになってます。
しかしデパートはともかく、駅ビルなんかにマルコリーニが出店しているのを見ると、ちょっと悲しくなります。
自分の中では、やっぱりベルギーからやってきた高級チョコの代名詞だというイメージがあって、新宿駅の切符売場の脇に出店していたのを見た時は、ホントに衝撃的、「え?ヒロタのシュークリームと何が違うの?」って思いました。
テンポラリーでの出店だったのかもしれないけど、内装もチープで明らかにイベント需要に対応するためのショップでした。
銀座で味わうラグジュアリーな時間を提供する印象はそこにはなくて、会社帰りのOLたちにチョコを売るっていう意図しか感じられず・・・
それだけチョコ戦争が激化しているってことでしょうか。

僕が若い頃に舶来チョコ=高級ブランドだと信じていたゴディバも今や明治チョコみたいになってしまったし・・・
本国からの指示ではなく、国内主導で数字を取る戦略に舵を切ると、駅に出店することもやむなしってことなんでしょうかね。
しかしなあ、個人的にはやっぱりそんなことをせず、ブランドを大切にしてほしいなあと感じます。

高橋真琴展 サイン会は大盛況でした

松本 知彦 for Private Time/2014.09.10/クリエータークリエーター

高橋真琴さんの展示も始まってから6日間が過ぎました。
既に多くの人に来ていただいて、会場で色々な声を聴かせていただいています。
本当にたくさんの女子のハートを掴んでいる(いた)ということを実感しましたね。

img皆さん、作品の魅力を知るには原画を是非見てください。

img会場ではグッズはじめ、書籍もたくさん売られています。

「デラマ私も買ってた~(デラマ=デラックス・マーガレットの略→初めて知りました!)」
「このスケッチブック覚えてる。わたし持ってました。」
「この手の部分とか髪の毛、何度も真似して描いた。」
「子供の頃、この人の絵を見て自分も美術の道に進もうと思った。」
などなど
多くの女子から懐かしいという声があがっていましたが、その中でも真琴さんの描く世界がいかに自分の人生に影響を与えたかという驚くべき話もありました。
40オーバーの女子はほぼ全員、真琴ワールドを通過しているのですね。
特に40代後半の女子には本当に大きな影響を与えたようです。
今の時代、こんなにたくさんの人に影響を与えるものってあるのかなあと思います。
プリキュアが自分の進む道に影響を与えるってことはあるのだろうか?
セーラームーンが大好きで、今もその世界を追っている人はいるのだろうか?
それらは大人になってから見た時、ただ懐かしい、で終わってしまう気がします。
真琴ワールドは、子供向けで終わらない、大人のハートも魅了してやまないのが特徴でしょう。
その理由は実物の原画を見ればわかります。

img展示のメインであるデラックス・マーガレットの表紙絵シリーズ

img個人的に一番好きな70年代の作品。ショウワノートから。

img細部の描き込みがハンパじゃないです。

印刷物は実物の100分の1くらいの魅力しか伝わらない。
僕も実物を見てそう思いました。
やはり実物を見ないとダメですね。
原画はものすごく緻密で色がキレイ。
そして修正のホワイトをほとんど使っていない。
画面全体がデザインされていて、職人技が随所に見られます。
このクオリティの作品を今も年間100枚描いているというのですからオドロキです。
真琴さんは自分の作品をアートゥーン(アートとカートゥーン=マンガを組み合わせた造語)と呼んでいましたが、僕には現代美術のようにも思えました。

imgサイン会当日はたくさんの方に来て頂きました。

img一人一人とお話をして握手

そんな真琴さんのサイン会がこのあいだの日曜日にありました。
オリジナルグッズを購入した人には、その場でサインがもらえるというイベント。
大盛況でした。
真琴さんは今月80歳になりましたが、とってもお元気です。
僕が直接インタビューさせていただいたのですが、父のことも聞くことができてとても嬉しかった。

そうそう、会場でしか販売していないSPACE8オリジナルグッズのぬりえ3点セット、
こちらはSPACE8のサイトでも購入可能ですので、会場に来られない方、来たけれどもう1セット欲しい方はこの機会に是非ご購入ください。
このグッズ、買われた皆さんから封を開けられない、開けられても着せ替えは切り抜けない、はたまた使う用と保存用で2セット大人買いの人もいるというファン悶絶グッズなのです。
真琴さんからも「これはみんな喜ぶに違いない」とお墨付きをいただきました。
↓↓ショッピングはこちらで↓↓
http://space8.jp/store/products/detail.php?product_id=269

高橋真琴展は9月15日の3連休最終日まで。
この機会に貴重な原画を一人でも多くの人に見てもらいたいと思っています。
是非。

img真琴さんと私・・・・・

高橋真琴展 はじまりました!

松本 知彦 for Private Time/2014.09.03/クリエータークリエーター

何度かこのブログでも紹介してきましたが、真琴さんは60年もの間ずっとあこがれの少女のイメージを描き続けてきた作家です。
きっと皆さんもどこかで1度は見たことがあるでしょう。
http://space8.jp/schedule/2014_10/

img今回3つのオリジナルグッズをセットで販売しています。

そんな真琴さんの展覧会を開くにあたり、ここまで色々と準備を進めてきました。
展示の内容については、このブログでも時々触れてきましたが、少しだけ紹介しますね。
現在の日本のストリートカルチャー、ファッション、アートなど様々な分野に見られる日本のKAWAIIカルチャー、その原点には真琴さんの描くイメージがあると思います。
独自の成長を遂げて、いまや世界が注目する文化にまでなった日本の” KAWAII”、そのルーツを一人でも多くの方に知ってもらいたいというのが企画の主旨になっています。
きゃりーぱみゅぱみゅやロリータファッションしか知らない世代にも日本のKAWAIIのルーツを知ってもらいたい、そんな思いもあります。
真琴さんのイメージが全国に広がり、一世を風靡したのは70年代でした。
そんなことから、今回は今まで展示されたことのない貴重な70年代の雑誌マーガレットやショウワノートの表紙絵なども展示させてもらいました。

そして今回の展示内容に合わせて、うちでオリジナルグッズを作ることに。
やはり70年代当時のものをできるだけ皆さんに届けたいという想いから、当時のものを復刻して作ることにしました。
70年代にショウワノートが発行していたぬりえノート「パリジェンヌ」、同じく着せ替え、動物シールの3点です。
ショウワノートは当時のものをお借りして、ページ数、色、紙まで探してそのまま復刻しました。
もちろんショウワノートさんに了解の許可をいただいています。

img右が70年代のオリジナル、左が今回復刻したものです。完璧!

imgノートは色も紙質もそのまま復刻しました。表紙は5色印刷。

img動物シール、最高です笑

シールは復刻ではありませんが、少女のイメージではなく、真琴さんの作品の中でも特徴的な動物たちだけを集めたシールを作りました。
これ、可愛いです。
そして着せ替え。
こちらも70年代のショウワノートの復刻ですが、当時はなかったミシン目や爪を入れて切り抜いて実際に着せて遊べるようにアレンジして復刻しています。
紙の人形に服を着せるというのが何ともレトロですが(20代の子たちは知らないでしょうね・・・)、このファッションが新しい!
そう、今でも十分に通じる可愛いデザインなのです。
美のカリスマ、君島十和子さんみたいです。
ここだけの話、僕が一番やりたかったことは、シャネルなどのハイブランドとコラボして、今季のファッションを真琴さんに描いてもらって、最新コレクションで発表すること。
そしたら絶対にいいと思うんですけどね。
フェミニンなモードブランドとの組み合わせはきっと最高です。

imgきせかえは5枚のセットです。

imgボディや洋服を紙から切り離して遊べます。

imgボディに洋服を着せるとこんな感じ。可愛いでしょう?

オリジナルでカードも作りました。
こちらも今までにない、70年代の作品をカードにしています。
さてそんなわけで、高橋真琴展は本日から9/15まで。
貴重な展示も多い内容になっていますから、皆さん是非足を運んでください。
7日にはなんとご本人によるサイン会もあります!
この機会に是非。

img貴重な作品を含む40点の展示、たくさんあります。

HOUSE OF LOTUS 

松本 知彦 for Private Time/2014.09.01/インテリアインテリア

夏休みに、伊勢丹新宿店に期間限定で出店していたHOUSE OF LOTUSに行ってきました。
オーナーはタレントの桐島かれんさんです。
桐島ローランドのお姉さんですね。

img現在のうちの玄関です。

このHOUSE OF LOTUSというお店、本店は広尾の天現寺の交差点近くにあります。
どんなお店かというと、タイ、インドネシア、インド、トルコ、モロッコなどなど、世界各地から民芸品や衣装をインポートして販売するセレクトショップです。
アメリカンラグシーのインテリアをもっと追究したようなテイストと言ったらわかりやすいかもしれないけど、その比喩が合ってるかどうかは疑問です 笑

桐島かれんの店という知名度もありますが、別に誰がセレクトしていても関係なく、ラインナップは魅力的。
今年で伊勢丹への出店は3度目(1年に1回なので3年目)とのことですが、なんだかもっと頻繁にやっている印象。
僕はたまたま1回目から行ってますが、今回は売場がリニューアルされて広くなったこともあり、今までよりたくさんの商品が展示してありました。
売場が広くなったことも関係あると思いますが、今年はヴィンテージの本屋として知られるカウブックスとコラボレーションしていました。
これがいいのか、悪いのか、僕にはよくわからないですが、なんか若干世界観が違うような・・・

imgリニューアルされた本館の5階でやってました。

imgエスニックな商品とヴィンテージ書籍のコラボです。

HOUSE OF LOTUSがセレクトするのは、今流行のオーガニックバリバリの女子=リネンワンピースカルチャー(僕はそう呼んでます 笑)とも異なる、ファッションフィルターを通したセンスのよい小物。
ずっと前から思っていたのですが、こういうエスニックのインテリアをモダンなファニチャーと組み合わせるとお洒落だと思います。
かなり上級者のテクが必要だと思いますが・・・
一方カウブックスはどっちかっていうとリネンワンピースカルチャー寄り、リネンまで行かなくてもボーダーシャツ着ている人、北欧な感じです。(リネンとボーダーシャツ着ている人の差、わかるかなあ 笑)

今回、タイで作られたセラミックの花瓶?壺?を買いました。
セラミックに描かれたネイビーの図柄とゴールドの金具の組み合わせが美しい商品です。
さっきHOUSE OF LOTUSの商品は、カウブックスと世界観が違うとか書いておきながら、家ではスウェーデンからインポートしたローズウッドのヴィンテージ家具と組み合わせちゃってます 笑
いい加減ですねぇ。

img写真だと見えにくいですが、ゴールドのあしらいが素敵です。

img松本家の玄関は、現代美術とヴィンテージ家具、そしてタイの壷の組み合わせ。

僕は4年前バリに行ったときに、バリの職人が作るブリキの箱と、葉で編んだ籠のボックスに魅せられました。
これは素敵だと思い、ブリキの箱と籠を飛行機に持ち込めるだけ買い込んで帰ってきたのでした。
30個くらい買いました。
このデザインが大好きで、調べたら当時はフランフランで少し扱っていただけだったので、個人的にこの箱のお店を日本でやろうかなくらい思っていました。
その後少し経って、HOUSE OF LOTUSでこのブリキの箱と籠がたくさん売られているのを見つけて、やられちゃったよって思ったんですけどねえ 笑
現地で売られている価格を知っているので、日本での販売価格には驚いちゃいますが、でもやっぱり日本には何でもあるなぁと感じた次第。

imgバリ島で売っているブリキの箱がたくさん。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版