またフォントの話 チョークアートって知ってますか?

松本 知彦 for Private Time/2015.04.27/クリエータークリエーター

今巷では、コーヒーでもファッションでも、何でもブルックリンが流行ってますが、今日はその中でもチョークアートについて紹介します。
3年くらい前からニューヨークのブルックリンで流行しはじめ、今では東京でも見られるようになりました。

imgチョークアートは、またしてもブルックリンから

チョークアート。
それは言葉そのまんまで、チョークを使って黒板に描くアートのこと。
最近では僕の卒業した美術大学の学生が、黒板ジャックと言って、小学校の黒板にチョークで緻密な絵を描くプロジェクトが話題になっていましたね。
元々はホテルや飲食店で、オススメのメニューやサインを黒板に描いて客に見せていたもので、ルーツはイギリスのようですが、1890年くらいからアメリカでも流行した表現のようです。
しかしデジタルの波が押し寄せた現代では、古い店舗以外ではほとんど見られない、まあ言ってみれば過去の時代の、今は誰も見向きもしない古臭い表現。

img

img使われているフォントもクラシック

それを現代にアートとして復活させたのが、ブルックリン在住の女性アーティスト、ダナ・タナマチです。
ブロードウェイで開かれるショーのポスターデザインからキャリアをスタートさせて、今では自身のデザイン&レタリングスタジオ、タナマチ・スタジオで活動しています。
今、巷ではデジタルフォントなのに手描きのテイストを備えた、クラシックなフォントが流行しているということを、以前このブログでもフォントのトレンドとして紹介しました。
彼女の作品も一見、コンピューターで作られた組み見本をそのまま黒板に描き写していると思われがちですが、彼女の動画を見ていると、ラフスケッチを見ながら描いたり消したりして、極めてアナログ的に作品を仕上げている。
コンピューターに頼らず、あくまで手描きにこだわっている姿勢がとてもよいと思いました。
なかなか大変そうです。
彼女の有名な仕事には、Google、Yahoo!、Ralph Lauren、The Ace Hotelなどがあります。
Ace Hotelとチョークアートの組み合わせなんて、まさに今の時代の気分にぴったりですね。
ナイキのマラソンイベントのトータルデザインや雑誌、スマホカバーなどの作品も発表しています。

imgこの人がダナ・タナマチ

imgメジャーだけのガイドで、全部手描きですからね

img描く黒板もでっかいです。

このチョークアート、ブルックリンだけではなくヨーロッパ、またサーフカルチャーとも結びついて、今や世界的な流行になっています。
日本でも書店や雑貨屋、レストランなどで目にする機会もあるでしょう。
日本にもチョークアートをやっている人たちがいます。
Paint & Supplyという2人組のユニット。
土堤内祐介と井澤卓という人たちらしいけど、彼らはデザインの専門的な教育を受けていないというのがちょっと意外でした。
ACEホテルの部屋にチョークアートの作品が掛かっているのを見て始めたという・・・笑
それは前述のダナ・タナマチによるものではないでしょうか。

img日本からもチョークアーティスとが登場。Paint & Supplyの2人組。

デジタルからの反動だと思いますが、ハンドドローイング、シルクスクリーン、版画、活版、もう誰も見向きもしないと思われた100年以上前の技術が今見直されています。
ちょっとノスタルジックで、暖かくて楽しい、今そんな表現を人々は求めているのでしょうね。

IBM Design from Japan/ 日本IBM

松本 知彦 for Private Time/2015.04.24/本

10年以上前に出版された、ちょっと前の書籍です。
三木健の装丁によるIBM のデザイン、特に同社のthink padをメインに取り上げた本。
自分はthnk padの愛用者ではないので内容にそれほど興味はないですが、装丁が素晴らしい。

img今まだ売っているかわかりませんが素晴らしい1冊

thnk padのPCを使う際の最大の特徴、それは指でマウスを操作する際に使う、キーボードの中心にある赤いボタンでしょう。
それをこの本では、視覚的に視点を誘導する装置としてグラフィックデザインに落とし込んでいます。
赤いボタンだけでなく、それを操作する手も、グラフィックの重要なエレメントして扱っていて、ブルーノ・ムナーリの手のシリーズを思い起こさせます。

1955年にIBMでは既に「Good Design is Good Business」というテーマを掲げ、全社的にデザインを重視していたそうです。
50年代と言えば、ポール・ランドがIBMのCIロゴを手掛けた頃。
60年代のブラウン、2000年代初頭のアップルもそうですが、デザインを経営戦略の中心に位置付けて活用していくということが、如何に重要で経営にインパクトをもたらすか、それを物語っていますね。

imgビジュアルコミュニケーションともいえる、テキストなしの贅沢な誌面構成はブランドブックならでは

IBMが目指すデザインの方向は、みんながsmileを感じられるデザイン「Think Smile」というキーワードを掲げて、4つのデザイン手法によってそれを実現しているそうです。
企業らしさや印象などに関わる「Brand Design」
国境や文化、年齢や障害などに関係なく製品を利用してもらうための「Universal Design」
利用者を中心に考えた「User Centered Design」
感性に訴えかけるような「Smile Design」
なるほど、他の企業にもすべて当てはまるデザイン手法ですね。

それにしても、僕の大好きな三木健のクリエイティブワークの真骨頂ともいえるこの書籍は、自分にとって貴重な1冊です。

batak バタクのオーダーシャツ

松本 知彦 for Private Time/2015.04.16/ファッションファッション

バタクのオーダーシャツです。
バタクはマニアの間では知られたテーラーです。
以前は代官山にお店がありましたが、一昨年日比谷に移転、去年は新宿に新しく本店をオープンさせました。
日比谷のお店では、接客サロンと縫製の工房が1つになっています。
そうサヴィルロウによくある昔ながらのビスポークテーラーと同じスタイルです。

img

なぜマニアの間で知られているかというと、1930~60年代に英国で完成された黄金期のスーツを研究し、それを現代に蘇らせていることがその筋の人に支持されているからです。
こうしたテーラーは他にもあって、サヴィルロウ1番地にあるギーブス&ホークスで修業した有田さん率いるテーラー&カッター、同じくギーブス&ホークス出身の久保田さんのブルーシアーズ、元モッズ根本さんの西荻にあるリッドテーラーなどなど。
これら日本人が経営している英国系のテーラーはイタリア系に比べると圧倒的に数は少ないですが、どこも英国スタイルを売りにしていて、ドレープスーツが好きな人なら1度はお店に行ったことがあるでしょう。
中寺さん率いるバタクもその1つです。

imgオーダーのフィット感を知ると、既成はもう着れなくなっちゃいますね。

ここのスタイル、悪く言うと懐古主義なレトロクラシック、よく言うと今のサヴィルロウより英国的。
ここ2、3年のクラシックブームで注目されているかもしれませんね。
でもテーラーということもあるのか、店でお洒落なお客さんとあまり会ったことがない。笑
(お洒落の定義はむずかしいですが、あくまで僕の感じるお洒落な人です)
みんな(ど)ストレートなクラシック好きのマニアな感じです。
もしくは100%ビジネス用途のスーツを求めている人。

僕もここでスーツをオーダーしたことがありますが、ラインがユルいので(クラシックならそれが鉄則なんですが・・・)どうにも自分のスタイルには合わない。
大好きなショーン・コネリー演じる60年代の007のスーツを研究、完全復元しているモデルがあって、それもオーダーして作ってはみたのですが、現代的解釈がないのでやっぱりユルい。
(クラシック好きの人には怒られちゃいますね・・・すみません 汗)
ほとんどのテーラーがピッティの情報を受けてイタリア風を目指す中、ボンドスーツを本気で作っているテーラーは数少なく、そういう姿勢がとても好きでオーダーしてみたんですが。
3着オーダーしてみて、ここでスーツを作るのはもうやめようと決めてはみたものの、英国好きとしては常に気になるテーラーです。
また懲りずにトライしてみたくなってしまう。

imgラウンドタブカラー。丸い襟にネクタイを留めるボタンがついてます。

imgあんまりこういうシャツを好んで着る人は少ないですよね。そもそも売ってないし。

今ではシャツをメインにオーダーしています。
お店にはシャツのテーラーとして70歳くらいのベテランの方もいて、オーダーの仕上がりはとてもよい。
まさに英国らしいMade in Japanです。

イタリア志向のテーラーには見られない、袖に3つボタンがついたシャツ、トリプルバレルをはじめ、ターンナップやラウンドタブなど、ターンブル&アッサーに見られる60年代のディテールをこの店のオーダーで作ってもらって着ています。
007に習って、既製品では絶対にないシーアイランドコットン(海島綿)の素材で、ターンナップ仕様のカフでオーダーしたり。
女子にはまったくわかりませんね・・・スミマセン

imgイギリスで唯一英国製を貫くシャツ生地メーカー、エイコーンでオーダー。

でもなあ、こういうクラシックなディテールをモードにアレンジして着る人はいないみたいですね。
昔買ったジルサンダーのコートなどを着ていくと、お店の人にスゴク奇異な目で見られます。笑
そんな服とコーディネートして着る人は、まったくいないからでしょう。
やっぱりこの店を訪れる人は、靴からスーツまで英国クラシックな人ばかりなのです。。。
それも嫌いじゃないですけどね。
でもそういう人はお洒落というカテゴリーではなく、、、もうコスプレの域です・・・・

バーチャル花見 2015

松本 知彦 for Private Time/2015.04.14/仕事仕事

今年も会社で花見のイベントを開催しました。
しかし、、、、今年はなぜか本社の3階で開催。
バーチャル花見となりました。

img準備完了とのことで、覗いでみてびっくり。

幹事を担当するメンバーは年ごとに変わるのですが、今年の幹事は週末金曜の開催と夕方直帰にこだわったために、天候にめぐまれず、このようなことに相成りました・・・・・汗
平日の昼間に10年続けていた花見ですが、今年だけは例年と違う会に。

imgピンクの照明の中でバーチャルお花見が始まりました。

img壁には花見の映像で雰囲気を盛り上げておりました。

室内にシート?
床には、散った桜の花びらとおぼしき、ちぎったピンクの紙。
天井からのライトには、同じくピンクの紙が巻かれてピンク色の光に。
そして壁にはプロジェクタで投影された満開の桜の映像。
なんともバーチャルな空間。
クリエイティブな会社だけあって、幹事が工夫したようです。
スタッフの奈良さんが作った美味しいトン汁をみんなでいただきました。

img後半はビンゴで、当たったスタッフは餃子50個無料!。

不思議な会でしたが、来年も楽しい会が開けたらよいと思います。
みんなお疲れさま!

ハインツ・ベック 丸の内 

松本 知彦 for Private Time/2015.04.09/食べる食べる

「年に1回は美味しいものを食べる会」(笑)で、話題のレストランへ行ってきました。
去年の11月に丸の内に新しくオープンしたイタリアン、ハインツ・ベックです。
僕は知らなかったですが、食通の間ではかなり知られた店とのこと。

img今話題のレストランの1つです。

ハインツ・ベックというのはシェフの名前なのですが、この人がスゴイ人物のようです。
1994年にローマで開業して、ミシュランの3つ星を獲得。
その後イタリア国内、ロンドン、ポルトガル、ドバイにも店を出して、ミシュランだけでなく、ガストロノミーの全ガイドで最高評価を獲得、世界最高峰のシェフと称賛されている人物とのこと。
なんだかよくわからないですが、スゴイということだけは伝わってきます。笑
日本に2店舗同時オープンとのことですが、場所は同じで1階と2階に同時に店を出した、ということのようです。
1階は「センシ バイ ハインツ ベック」という名前で、割とカジュアルなダイニング、
僕たちが行ったのは、シェフ自身の名前を初めて冠したという2階の「ハインツ・ベック」でした。

imgセカンドは何かの粉、説明されたけど忘れちゃいました 笑



店が入っているのは、日本生命丸の内ガーデンタワーという新しいオフィスビル。
皇居のすぐ脇にあって、ビルが全部ガラス張りなので2階からは皇居のお堀が見渡せます。
以前皇居の近くに、皇居を見下ろすような高さのビルは建てちゃダメというルールがあると誰かに聞いた記憶がありますが、今は解除になったのかな。
たぶんビルの上階からは皇居を見下ろせちゃうと思います。
オフィスビルなので夜は人があまりおらず、不思議な雰囲気。
景色は確かによいけど、出店はこの場所でよかったのかな・・・という疑問も。
なぜなら行ったのは週末金曜の夜だったのですが、僕ら以外にほとんど人がいなかった・・・汗
(つーか正確に言うと誰もいなかった 笑)
たぶんメインは1階のダイニングなんでしょう。
1階は、丸の内OL御用達の女子会ランチやディナーには持って来いの価格とロケーションだと思います。

img

img

img

インテリアデザインは植木莞爾。
知ってる人は知っている大御所です。
そしてコスチュームデザインはコシノジュンコ。
インテリアの見せ場は1階から2階へ上がる吹き抜け部分でしょうか。
でもその向こうには、ガラス越しに人のいないオフィスビルのロビーが見えていて、なんだかやっぱり不思議な場所。
駅から直結というのも便利ではありますが、別に便利である必要はないのでプラスには働かないかもしれないです。
やっぱり丸の内で働く人たちのビジネスディナーや、ちょっとした会を開催する場所として機能させる想定なのかもしれないですね。

img静かな店内。つーか誰もいないんですけどー。

料理は普通においしいです。
でも世界最高峰のシェフの料理、というほどでもないかなという感想。
分子料理の要素も入っているのかな。
煙が出たりします。
でも店を印象付けるのは雰囲気が大きいと思いました。
2階ではなく、むしろ1階の店の方に行ってみたいですね。
屋外にテラスもあるし、これからの季節、皇居のお堀を見ながらのランチは気持ちよさそう。
行ってから時間が経っているから、今頃は2階もお客さんでいっぱいになっているかもしれません。
しかし、こういう旬のスカしたレストランに行ってみるという体験は、とても重要だと行くたびに毎回感じます。
色々なことが勉強になるし、体験するということは何事にも替え難い貴重なことだからです。
「年に1回は美味しいものを食べる会」は年に3回くらいの開催にしたいなあ 笑

またまたブルックリンからGORILLA COFFEE 日本初上陸

松本 知彦 for Private Time/2015.04.01/食べる食べる

今ドイツもコイツもオランダ人も、ブルーボトルコーヒーのことばかり書いているので、僕はあえて別のコーヒーのことを書いてみたいと思います。
しかし前からこのブログでも書いてますが、なぜこんなにコーヒーが流行っているのでしょう?
いつから?どこから?
う~ん、、、自分にはよくわかりません。。

img渋谷に今年1月にオープンしたゴリラコーヒー

今日紹介するのは今年1月に渋谷にオープンしたゴリラコーヒーです。
ここのコーヒーも今流行のブルックリンから。
書いてて自分で言うのも何ですが、何でもブルックリン、ブルックリンって、もーそろそろいいんじゃねーの?と。
若干おなかいっぱいです。
そもそもなんでブルックリンなの?って前から思ってますけど。
しかし、日本人は本当に海外から上陸というのに弱いですね。

敗戦国だからかなあ。。。
海外の都市でこういう現象ってあるのでしょうか?
ロンドンではワサビっていう寿司のファーストフードがあちこちにできてましたが、日本から初上陸でも何でもなくて、向こうで誰かが勝手にはじめた商売ですし、ロンドンで有名なワガママというラーメン屋の経営者が日本人ではなく、中国人なように、もしかしたら海外で流行のジャパニーズフードに目をつけて外国人が始めた商売かもしれないです。
パンケーキにしても、コーヒーにしても、○○からやってきたとか、外人セレブ御用達みたいなフレコミが本当に日本人は好きですね。
でも実は現地ではあまり有名ではないというケースが多かったり。笑
ゴリラコーヒーもブルックリンに2店舗しかなく、渋谷が3店舗目ってことなので、ブルックリン市民もこのコーヒー屋についてどんだけ知ってるのかは謎ですが、NYデイリー紙で「NYで飲める美味しいコーヒーBEST5」に選出されたお店だそうです。
BEST1って書かないのは1位じゃないからでしょうかね。

img場所は公園通り近くの以前アクアガールがあった場所

さて2002年にオープンしたこのお店、ゴリラの強さをイメージして、ガツンと来るコーヒーが飲めるっていうコンセプトみたいですが、ゴリラのようにガツンと来るってどんな味なんでしょうか 笑
サードウェーブの特徴であるシングルオリジン、100%オーガニックの水出しコーヒーなどがウリだそうです。
オーナーはキャロルと言うアメリカ人女性らしいのですが、反して内装含めデザインは男性的。
ブランドカラーは黒と赤でゴリラがモチーフになっています。
鉄の素材と白いタイルで構成された店内は、がんばってはいるのでしょうけれど、ちょっとディズニーランドにあるテーマレストランみたい。
黒と赤っていうのがねえ、スポーツジムみたいなデザインです。

img黒を基調に、白いレンガの壁とフローリング

img洋服屋がやってるだけあって、洋服も売ってます。

img店のインテリアで一番いいなと感じたのが2階へ上がる鉄の階段でした。笑

img2階にはPCの電源設備のある大テーブルがあります。

経営は何処だろうと思って調べてみたら、ベイクルーズでした。
ジャーナルスタンダードやエディフィスなどを手掛けるアパレル企業です。
やっぱりねえという感じ。
ま、スタバもサザビーだから、先取りっていうのはアパレルの得意技なんでしょうね、きっと。

imgこちらがバナナ&チョコレートシェイク

ゴリラのようにガツンと来るコーヒーにはあんまり興味がないので、僕はこちらも有名とのフレコミだったバナナ&チョコレートシェイクを頼んでみました。
フレッシュなバナナを1本半も使っているそうで、確かにボリュームがあります。
そしてシェイクの上には、オレオのようなチョコレートクッキーが。
これがですね、かなり、かなり甘くて、、飲んでるとノドが痛くなるくらい甘いです。
スタバのフラペチーノよりずっと甘い。
ブルックリンの人は、こんなに甘いシェイクをいつも飲んでるのかな。
ゴリラもびっくりでしょう。
フードのメニューを見るとおいしいそうなので、機会があれば食べてみたいと思います。

しかしいつまでブルックリンが続くのかなあ。
ゴリラコーヒーもいつまで続くか見極めたいものです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版