さよなら ホテルオークラ東京本館

松本 知彦 for Private Time/2015.08.31/東京東京

とうとうこの日がやってきてしまいました。
今日はホテルオークラ本館の閉館日です。
本当に今日で最後。。。
あの谷口吉郎が手掛けた名建築を体験できるのも今日で最後なのです。

imgこのロビーも見納めです・・・・

今から53年前、東京オリンピックの開催に合わせて建てられたこのホテルは、当時相当にモダンでカッコよかったことでしょう。
そのモダニズムの精神は現代でも十分に魅力を放っています。
日本古来の装飾美と西洋の近代建築を融合させたジャパニーズモダンの頂点ですね。
ロビーの空間に身を置くと、町家の坪庭のような、箱庭のような、そう京都の龍安寺にも似た小宇宙にいるような気分になります。
説明できないこの独特な感覚はなんでしょう?
古くは古墳時代、平安時代から続く日本の古典文様がモチーフとしてあちこちに配されています。
日本人は限られた空間に独自の美意識を表現することに長けているのだと思います。
「藤原期の雅を建築によって再現せよ」とオーダーした建築主の大倉喜七郎、それに応えて設計を担当した谷口吉郎。
帝国ホテルを超えるホテルを作るという2人の意気込みが感じられます。
そんな東京の魅力が今日でまた1つ消えてしまうかと思うと、残念です。
日本人だけでなく外国人含め。多くの人が同じように感じていることでしょう。

img木製ルーバー、障子、高さの低い家具、ジャパニーズミニマリズム

img53年前に作られたエントランス部分のデザインもカッコいい。

建築やインテリアも素晴らしいのですが、僕が心奪われたものはもう1つあります。
それは館内のあちこちに配されたサインデザインです。
開館以来、名称変更や大きな配置換えがなかった場所は、たぶん53年前からずっと同じサインを使用していると思われます。
濃いマホガニーのプレートにゴールドの文字という規則で館内のサインはすべて統一されていますが、これは手描き???
新しいものと古いものが一部混在していますが、明らかに手描きだろというものは見てわかります。
いやあ、しびれますね。
オークラの壁や柱に使われている木材は何でしょう?
この木材に施された塗装の色と、濃いマホガニーにゴールドの文字の組み合わせが美しいです。
この表現はオークラだけに限ったものではなく、オークラが完成した当時の1950〜60年代の建築サインにはよく見られた表現です。
でも、、、プレートによって書体は結構バラバラです 笑
書体は同じでも平体かかってたり、字間が違ったり。。。
このあたりは53年の変遷があるので、仕方ないでしょうね。

img館内を案内するサインボードはたぶん古いまま。

img各ドアに貼られたサインはカッコいい。御婦人って今言う人いるかな?

そんな中で見たことがあるサインを発見!!
うちの会社で手掛けた日比谷花壇のロゴでした。
日比谷花壇も明治から続く花屋の老舗。
こんな偉大な空間に、弊社の実績が混在していることが嬉しいなあと感じました。
同時にこの店舗も今日で終ってしまうかと思うと寂しいですね。
日比谷花壇のサインは帝国ホテルに行っても、全国どこでも同じロゴですが。

img弊社で手掛けた日比谷花壇のロゴがこの空間に。

さてそんなわけで、もしこの記事を見て少しでも興味がわいたら、本日中にオークラに行ってください。
分館はあと少し営業しますが、この本館の建築はもう2度と見ることはできないのです。
今日だけなのです。
あとは新しいオークラの設計を担当する谷口吉郎の息子である谷口吉生氏に託されます。
父親の仕事を目に焼き付けて、その息子が手掛ける新しい建築と比較するためにも、今日中にこの建築を体験しておく必要があると個人的に思っています。
谷口吉生がどんな建築を作るのか、そこに父親の要素は残すのか?消し去るのか? 期待したいと思います。

エンボカだけじゃない ルカナル 代々木公園

松本 知彦 for Private Time/2015.08.25/食べる食べる

この間と言っても結構前ですが、ピザの御三家の1つ青山のナプレの記事をブログに書きましたが、その際に代々木公園にあるピザ屋の話に触れました。
今回はそのお店を紹介します。
場所は代々木公園と代々木上原の中間地点くらいで、これまた有名なルヴァンというパン屋さんの井の頭通りを挟んで向かい側にあるお店。

img店は井の頭通り沿いにあります。

今のビルにオフィスが引っ越す前は、会社からすぐ近くだったので、お店がオープンした際に何度かスタッフを連れて行ったものです。
男子2名(今は4名)でやっていて、カウンターしかない小さいお店。
15人も入ったら満席です。
しかしサヴォイで修業した人が焼いてるだけあって、ピザは美味しい。
今までずっと色々なレストランのコンサルをやっていたけど、金儲けとか効率性ばかりを追求するコンサルに飽きて、自分で店をやりたいという想いから、40歳直前に開店したというお店。
できてから4年くらい経ちます。

imgたぶん15人入ったら満席・・・・

こうした小さくてアットホームなお店はいいですね。
店が狭く、お客さん同士の距離が近いので、隣の人と話したり。
海外では当り前なんでしょうけれど、国民性もあってか、なかなか店で会った人と気軽に会話する機会ってないですよね。
ロケーションは決して便利な場所にあるとは言えないのに、流行っている理由がわかります。
最初はメンズ2名でやってたのに、久しぶりに行ったら倍に増えていて、うまく行っているようです。

imgうちではよく持ち帰りを注文します。

imgサヴォイと同じ味のマルゲリータ

imgクワトロフォルマッジ

テイクアウトもできます。
僕は家が近いのでよくテイクアウトを利用します。
サヴォイと同じ味。
おいしぃー!
味が確かなのは重要ですね。

代々木上原のピザ屋といえば、みなさんすぐに「エンボカ」 from 軽井沢を思い浮かぶと思いますが、決してエンボカだけではないのです。
お近くに来た際には是非。

日差しが入るお風呂は採光(最高)です

松本 知彦 for Private Time/2015.08.20/インテリアインテリア

このブログを読んでくださっている方の中で、将来家を建てようと思われている方いますか?
今回はそんな方へ、僕が経験したことで取り入れたらとてもよいと思っている事例を1つ紹介します。

img今日はお風呂のお話。

僕が家を建てることを計画したのは今から10年くらい前。
両親のための家でしたけれど、好きな建築家を指名して彼らと共同で作業することは最初のうちはとっても楽しかった。
しかし、プロジェクトが徐々に進むうちに色々面倒なことが露呈してきて、、、、家を建てるということは物凄く労力を使うことで、今から思い返しても大変だったなあとつくづく思います。
家の場合、建築家と施主が建築を通して仲良くなるということは、ほとんどの場合ないのじゃないでしょうか。
自分の作品としてメディアに発表したい建築家と、自分たちが住む家として夢の実現と考えている施主。
ゴールが異なっているわけですから、プラン、お金、デザイン、仕様、色々な点でぶつかり合うことになるのです。
特に施主がデザイン面で具体的な要望を持っていたりすると、すべてせめぎ合いです。
そんなこともあって家を建てるというプロセスについては、あんまり思い出したくないことも多々あるのですが 汗、その中で今でもこれはよかったなあと思うことがあります。
それはお風呂です。

img普段あんまり考える機会はないですが、天窓があるってよいものなのです。

img天窓からバスルームにお日様が燦々と。

体験しなければあまりわからなかったことですが、お風呂に天窓をつけると、とても気持ちがよいということ。
これがあるとないとでは、相当バスタイムの楽しさが変わると思います。
プラン当初は、1階にお風呂を設置する計画だったのですが、途中で変更を依頼して2階にお風呂を移動させ、そこに天窓をつけてもらいました。
この変更は大きかった。

朝または午後のお風呂は最高です。
僕は休日など午後にお風呂に入ることも多いのですが、日差しがたっぷり入るお風呂は本当に気持ちがいい。
お風呂が1階にあったらこういう体験はできなかったでしょう。
設計変更を依頼してよかったなと今でも思っています。

imgコストがあがってしまうので積極的に天窓を作らない理由もありますが。。

ただしお風呂を2階に設置すると、バスタブはユニットバスしか選択肢がなくなってしまいますけど・・・
(鉄骨造のため防水の仕様を考慮するとそれしか選べない)
もしかすると打ちっ放しや木造だと他の選択肢もあるのかなあ。
お風呂を上階にすることでユニットバスしか選べなかったとしても、天窓のメリットは捨てきれません。
個人的には、もし家を建てる計画があるならば、お風呂には天窓を付けることを1度検討してみることをオススメしたいです。
理由はもちろん、日差しが入るお風呂は採光(最高)だからです。

アジアンリゾートの見直し

松本 知彦 for Private Time/2015.08.14/旅

海外旅行に行く日本人は、年々減り続けているというデータがあります。
僕らの時代、大学生の90%以上は海外旅行に行っていたと思います。
その頃の卒業旅行と言えば、ほとんどの学生の場合ヨーロッパ旅行でしたから。
時代は変わりましたね。

imgタイのサムイ島は美しいところでした

卒業旅行でヨーロッパに行った学生が社会人になると、ワイハに行ってブランド物を爆買いするOLになり、、、。
ワイハだけでなく、アジアンリゾートや南半球に毎年バカンスに行く女子は当たり前の時代でした。
カルチャーに触れるヨーロッパやアメリカへの旅とは違って、南の島や東南アジアへは、ショッピング、美しい海、リゾート施設、現地でのボーイハント、はたまたおじさんたちの買春ツアーまで・・・
様々な目的はあったにせよ、以前日本人は頻繁に海外へ行っていたと思います。
特にバカンスで、毎年南の島へ行く女子は多かったのではないでしょうか。
ハワイ、グアム、サイパン、プーケット、バリ、フィジー、モルディブ、
しかし今、バカンスでこうした島に行く人はかなり減ってしまったと思います。
雑誌でも南の島のリゾート特集なんてどこも組まなくなってしまった。
その影響で、以前はあった現地への直行便もなくなってしまいました。
日本人を相手にしていた現地ビジネスのターゲットは、中国人にシフトしています。

img泊まったホテルはBanyantree samui。

img日本で慣れ親しんでいる商品だけど味が違う・・・

南の島で、今でも継続して人気があるのはワイハくらいじゃないでしょうか。
決まって毎年ワイハに行く女子がいますが、ワイハはなぜ人気があるのでしょう?
自分なりに分析してみると、そこに最先端のエッジーなスタイルはないものの、今まで色々なトレンドを体現してきた、ある年齢に達した女子が求めるものがあるように思います。
ワイハにはゆるいファッション要素もあり、年齢にあった適度なトレンド感もあり、最新モードとは距離を置きながらも流行は忘れたくない、いつまでも自分らしいスタイルをキープしたいと思っている人たちを惹きつける要素がある場所なのではないかと。
ここでいうファッション感とは洋服だけのことではなく、ライフスタイル全般ですね。
南の島でありながら都市であり、アメリカでありながら言葉も通じ、ゆるいトレンド感のあるライフスタイルを送ることができて、歴史的に見ても高度成長期から多くの日本人観光客を受け入れてきた土壌と、親の代から慣れ親しんできた身近な感じもある。
リゾートとはいえ、そこへ行くことは冒険や異文化の発見とは異なる、常に変わらないコンサバなカテゴリーに属する島なのです。
熱海に近い 笑

しかしですね。
色々なトレンドを追い求めてきた人を惹きつける要素があるとは言え、ワイハへのハイシーズンの旅費は高すぎです。
僕は今年タイのサムイ島に行きましたが、サーチャージを入れると同じ時期のワイハのチケット代金の半額くらい。
現地までかかる時間や距離は同じくらいなのに金額が全然違う。
インドネシアのバリ島もワイハより安い。
その差額分を現地での宿泊費や他のことに充てられます。
そして日本人がたくさんいるワイハと違って、東南アジアの島々には今はもう日本観光客がほとんどいないのも相違点でしょう。
多国籍軍に混じって、リゾートにおけるインターナショナルスタイルを体験できるのも楽しいです。

img

img上から7歳、10歳、14歳、51歳のスケッチです・・笑

imgスケッチの際、全員が見ていた景色はこんな感じ。

中国人(香港人)、韓国人が多いのは置いておいて、ドイツ人、フランス人、イギリス人、ロシア人、イタリア人、インド人・・・・いったい何カ国から人が訪れているのだ?という場所です。
意外に多いのはドイツとフランス、ロシア人でした。
というわけで、90年代までの誰でもリゾートみたいなバカ騒ぎの時代を通過して落ち着いた今、もう1度アジアンリゾートを見直してみるのはどうでしょうか?
きっと新しい発見があります。

imgアジアンリゾート、皆さんも機会があればぜひ。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版