Vera Wang on Weddingsが素晴らしい

松本 知彦 for Private Time/2015.09.30/本

今までに何度かウェディングの仕事をしてきました。
日比谷花壇ウェディング、帝国ホテルのカタログ、高見ブライダルのパンフレットやサイト、他にも多く手掛けてきましたが、その度に参考となるウェディングのビジュアルを探さなければならず、それは骨の折れる作業でした。
そんな時、常にバイブルとしていたのが、Vera Wang(ベラ・ウォン)のウェディングブックでした。

imgかなりの大型本です。大型なのにトレぺのカバーがかかってるのがフォーマル想起。

img開くとこんな感じ。表紙と揃えてあるトビラの組みがシャレオツです。

仕事で提案時には、必ずラフのカンプやサンプルとしてデザインを作る必要がありますが、その際にいつも頭を悩ませるのが使う写真です。
フリーの素材画像だけでなく、サイト上にはたくさんのウェディングイメージが転がっていますが、なかなかいいものはありません。
よい写真が見つかったとしても、それらを1本のストーリーでまとめようとすると、バラバラに色んなところから集めているのでどうしても統一感が出ない。
当たり前ですが。。。
1つ1つの写真を集めるのに時間がかかる割に、それらを1つのコンセプトでまとめて伝えようとすると散漫になり弱くなってしまうのです。
一番伝えたいのは1点1点の写真のテイストではなく、それら全体を通した1つのシーンやストーリーなのに、それが伝えられないもどかしさ。
ストーリー展開とそのまとめ方、撮影のテイストひっくるめた編集のお手本を探したいとなると書籍しかありません。
しかし、そうした書籍を探しても求めるイメージに合致するものってなかなかないんですね。
特に日本の書籍で参考になるものはまったくない。
甘すぎたり、チープだったり、、、ただ画像を集めたカタログみたいなまとめ方が多いです。
このVera Wangの書籍は、何回も参考にしました。
最強です。
カッコいい。

imgドキュメントとして組み写真が出てくるのだけど、これがまた美しいのです。

imgこれはフラワーアレンジメントコーナーの写真。

img

img所々にトレぺのページがあるのですが、透けた次のページとセットでデザインされてて美しい。

imgドレスコーナーの写真。モードで美しい。

Vera Wang(ベラ・ウォン)は中国系アメリカ人。
ヴォーグアメリカの編集者を経て、ラルフローレンでデザインディレクターを務めたあと、自身のブライダルブランドをスタートさせました。
彼女のデザインしたドレスを着て挙式をしたセレブも多く、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、シャロン・ストーン、ユマ・サーマン、ジェシカ・シンプソン、ヴィクトリア・ベッカムなどなど。
僕はウェディングドレスのデザインについて、詳しいことはわかりませんが、この書籍の素晴らしさは感じることができます。
編集が素晴らしいです。

モードの要素があって、ベタではない、素敵な世界観で構成されています。
時系列に並べられた画像による流れるようなストーリー展開、スチールのカメラマンが異なるのに、統一感があるのは編集の力によるものでしょう。
特に贅沢なエディトリアルデザインが素晴らしい。
ファビアン・バロンの影響をモロに受けたグラフィックと、お金をかけた装丁。
ヴォーグつながりでファビアン・バロンテイストなのかは不明ですが、とにかく素晴らしい1冊。

img最後にある写真クレジットのデザイン、アイデアがこれまた素晴らしいです。

dig fes 2015 vol.1

松本 知彦 for Private Time/2015.09.24/仕事仕事

うちの会社、スタッフの数が増えたことで、オフィスが狭くなってしまい、去年本社とは別に分室を作った、というのはこのブログでお知らせしたと思います。
しかしですね、分室のスタッフから「オフィスが離れていると不便、本社で働きたい」という声があがり、、、
分室は本社から歩いて3分のところにあるので、遠いということは決してないのですが、スタッフからそういう声があがると、無視することもできないなぁと。
色々考えたのですが、3階のギャラリーをやめてオフィスにすることしか選択肢がなく、来年には分室のスタッフを本社に移動させることにしました。
ギャラリーは、できれば継続したかったのですが、これは苦渋の決断です。

imgフェスのロゴです。

ギャラリーを作った当初の1年目は、努力して色々な展示を企画しました。
それもあって周りの人たちにも認知され、定期的に使っていただく方たちも増えてきて、せっかく軌道に乗ったところだったのですが・・・
仕方ないです。
こればっかりは仕方ない(自分に何度も言い聞かせている・・・)
10月の予定も、ほとんど毎日予約が入っているのですが、あぁ仕方ない。

3階のスペースを使ったパーティーも今後はできなくなってしまう。
15周年の時のように、本社を使って20周年のパーティーはできないなぁ・・・・
そう考えていたら、閉じてオフィスにする前に、3階を使ってもう1度ささやかな会を開こうという想いに至りました。
そして急遽、お世話になった皆さんを呼んでパーティーを開くことにしたのでした。
そう思い立ったらすぐに行動に移さなければいけません。
さっそく準備に入りました。

imgできあがった提灯を屋上に設置します。

imgロゴを配置したはっぴの入稿デザイン。

imgあがってきました!

imgフロントはドリフ仕様になってます!

まず屋上で使うオリジナルの提灯制作から 笑
オリジナルで作るので、提灯に印刷するロゴが必要でした。
最初にそのデザインから着手。
屋上を使ってのパーティーは、2011年から始めたので、ロゴにはその表記が入ってます。
ロゴが決まったら次ははっぴです。
はっぴにも、デザインしたロゴを共通で入れました。
はっぴと言えば何でしょう?
もちろんドリフですよね!!
僕はドリフが大好きなのです。
ドリフと言えば全員集合です。
はっぴには、8時だよ!全員集合のロゴを入れて、これもオリジナルで制作しました。
ギリギリなところで、クールに見えるデザインに留めてます 笑
スタッフ全員分を作りました。
なので、当日スタッフは全員このはっぴを着る前提です 笑

img完成したヨーヨーは全部で5色あります。

提灯、ハッピときたら、次は何でしょう?
ヨーヨーです。笑
過ぎゆく2015の夏、ということで秋祭りがコンセプトなのです。
祭りと言うことで、ロゴを印刷したヨーヨーを準備しました。
スゴイでしょ?笑
提灯、はっぴ、ヨーヨーの3つで、かなり盛り上がってきました。
秋祭りということで、焼きそば、ラムネ、くじ引きなどなど、他にも色々な催し物を準備しています。
ドリフに準じて、裏テーマは昭和です。

そして3階のギャラリーではdigの写真部の作品に加え、スタッフ全員の子供の頃の写真を展示します。
これは展示班が担当しているので、現段階ではどんな風に仕上がるか、全貌はわかりません。
dig制作による代々木上原マップも来ていただいた方全員に差し上げる予定です。
今回は凝ってますねぇ。

開催日は明日に迫りました。
ご案内の結果では100名くらいの方が見える予定ですが、出欠を出されていない、またはお知らせが行っていないクライアントの方で、当日お時間ある方がいらっしゃいましたら、是非お越しください。
そして友人の皆さん、今回はクライアントの方を呼ぶという主旨になっています。
次回可能であれば、誰でも来てもらえる会も開きたいと思っています。
オペレーションが結構大変なので、可能であればですが。汗
個人的にはやりたいです。
Vl.2を楽しみにしていてくださいね。
それでは明日お待ちしています。

imgこちらインビテーション。

とここまで書いたのですが、明日は降水確率90%ということで、延期することにしました。
屋上が使えないと、お越しいただく方全員の収容がむずかしいのと、催し物のほとんどができなくなってしまうので・・・・
明日は申し訳ありませんが、順延とさせてください。
次回の開催予定日は10/7水曜です。
予報によると、この日は雨が降る確率が少ないので。
皆さま、お誘いあわせの上、是非お越しください。
お待ちしています。

ニコライバーグマンという男

松本 知彦 for Private Time/2015.09.17/食べる食べる

何度か行ったことがありますが、青山に去年出来たニコライバーグマンのカフェ。
なぜにこんなに流行ってるんでしょうかね。
このスカンジナビア半島からやってきた男、ただのフラワーアーティストではないです。
きっとビジネスセンスが高いのでしょうね。
ま、どの分野であってもビジネスセンスがないとフロントには出て来られませんけど。

imgハイブランドが集まる青山にお店はあります。

思えば10年くらい前に海外フワラーアーティストブームというのがありました。
フランスからやってきたクリスチャン・トルチュを筆頭に、イギリスからもジェーン・パッカーなどが次々と日本に紹介されて、假屋崎くらいしか著名なフラワーアーティストを知らなかった日本人にとって、本物がやってきた!と海外フワラーアーティストの市場は一気に高まりました。
ちょうどレストラン界でもアラン・デュカスやピエール・ガ二エールが次々日本に攻め込んで来た時と同じ時期だったと思います。

海外から攻め込んでくる外人勢力に負けじと日本でも、以前は代官山の槍ヶ崎交差点近くにあったマチルダや千駄ヶ谷小学校の前にあるミルフォイユなどががんばっていました。
外人チームがやってくる前夜、確かカルティエなど謝礼の花は常にマチルダでオーダーしていたんじゃないかな。(記憶違いだったらスンマセン)
そんな中、割と後発で登場したのが、デンマークからやってきたニコライバーグマンでした。
当時プリザーブドフラワーという技術(花が咲いた状態で乾燥させ、生花のようなみずみずしい状態のままに鑑賞用として楽しめる)が流行し始めたころで、彼もそれを得意技として日本の市場に乗り込んできたように記憶しています。
フランスやイギリスというブランディングに比べると、デンマークというどっちかっていうとマイナーな響きは、登場した時もそれほど目立たなかったように思います。

img花屋なので当り前ですが、店内は生花だらけ。

img写真は去年撮影したのですいてますが今はもっと混んでます。

しかしですね、これが逆だった。
北欧って日本に似たところがあって、親和性が高い。
北欧のインテリアブームも相まって徐々に頭角を現してくるのです。
伊勢丹新宿のメンズ館8階にショップができたのはいつだったでしょうか?
クリスチャン・トルチュやジェーン・パッカーを押しのけて、グイグイフロントに出てきたのでした。
そして青山にカフェまでオープン。
飲食まで手を広げたのです。
お店は青山のハイブランドが集まる地区にありますが、めっちゃ賃料の高いこのエリアに出店するなんて、日本人誰がついてるのだろう?って考えちゃいます。
それとも佐藤可士和、水野学、話題の佐野研二郎よろしく、上昇志向の強い敏腕の奥さんが彼をコントロールしているのだろうか?
41歳、パツキンの美人な奥さんがいるこの男、移住して既に日本に住んでますが、日本語もすっかり話せるようになって今後どこまで日本の市場を開拓していくのでしょうね。

img北欧ブランディングのオーガニックフードが味わえます。

カフェを支えているのは北欧ブランド、オーガニックフードです。
これがですね、いつもめっちゃ混んでいるのです。
客層はほとんど女子ですが、常に混んでます。
そしてこれまた日本人が好きなワークショップができるスペースも兼ね備えています。
このあたりの感性は日本に住んでいないと、狙えないでしょう。
行くたびに、このニコライバーグマンの力を感じる店なのでした。

自分は特に花が好きだというわけではないですが、今のトレンドを見るために1度は行ってみると勉強になります。
花に囲まれてオーガニックフードを食べる、スムージーを飲む、これは確かに今のドンズバなコンセプトですね。

ヴィンテージサインがカッコいい!

松本 知彦 for Private Time/2015.09.15/仕事仕事

先月、京都の祇園にPASS THE BATONがオープンしましたね。
築120年の町屋をそのまま店舗にリノベーションしたのは片山正道。
店舗内には飲食もあって、いやあ是非行ってみたいです。

imgPASS THE BATON表参道店にはギャラリーが併設されてます

さて同じく片山正道がインテリアを手掛ける表参道のPASS THE BATONで、先月開催していたヴィンテージサイン展に行ってきました。
個人的には活版にはじまり、最近文字への熱が高まっています。
今回の展示はアメリカで実際に使われていた60、70年代の店のサインや車のナンバープレートを使った展示。
それらをカットしたり、再度手を加えたりして、リデザインした展示の内容でした。
これがですね、カッコいいんです。
アメリカの古いモーテルにあるような、デカい無骨なブリキ製のサインなんですけど、ヴィンテージなのでいい味が出てるんです。
ついつい欲しくなって、会社用に「d」の字にネオン管が仕込まれたものを購入してしまいました。
「d」の字は、実際にアメリカで使われていたヴィンテージのサインですが、それを日本に持ち帰ってきてネオン管を仕込んだものとのことです。
このネオン管、、、なんだか引き込まれますね。
80年代にたくさん見られたサインですが(横浜とかね)、今また見直されているような気がします。
ファッションブティックのサインなんかに使われる気分ですね。

imgヴィンテージサイン展。いい展示でした。

imgちなみに弊社で購入したのはoldに使われている「d」です。

img他には車のナンバープレートをカットして作ったキーホルダーなどなど。

さてこの「d」ですが、会社のどこにつけようかと。
問題は最初から壁に電源を仕込んであるわけではないので、壁にあるコンセントから電源を取らなければならないということです。
サインからコードが垂れて、見た目カッコ悪いですか仕方ないです・・・
コンセントの上に「d」を設置した方がよい。
そうなると設置場所はほとんど限られてきます。
それにサイン本体にはスイッチがない・・・
コンセントに挿したら付きっぱなしなのです。
そのあたりはオフィスをリノベする際に、プランの段階から仕込んでおく方がスマートなのですが、後付けだとちょっとイマイチですね。
仕方ないですけど。
でも買っちゃったんで設置してみました。
コンセントスイッチもつけてみました。
どうでしょう?

imgミーティングルームの前に設置してみました。

img70年代のブリキのサインの中にネオン管が仕込まれています。

本当は屋外の方がいいんですけど、外にはコンセントがなく。。。
仮に外壁にコンセントがあったとしても、帰るときにいちいち電源を切って帰るのは面倒ですからね。
というわけで、もしうちの会社に来られることがありましたら、このサインもチェックしてみてください。
クライアントの一部の方にお知らせしていますが、もうすぐdig fesがありますので。

ブレイシスって何のことかわかりますか?

松本 知彦 for Private Time/2015.09.11/ファッションファッション

小学校の時はズボン吊りと呼んでました。
それはベルトのことをバンドと呼んでいた昭和の時代です 笑
(そういえば今バンドって死語ですね。)
サスペンダーという言葉があると知ったのは中学生くらいでしょうか。

img箱に入って売ってます。

英国生まれのアルバートサーストンは、1820年創業の老舗サスペンダーメーカー。
180年以上に渡って、英国の伝統的なクラフトマンシップに支えられてきた最高級のサスペンダーです。
現代でこれを使っている人は、コテコテの英国マニアだけでしょう。
マニアの間ではサスペンダーとは言わず、これをブレイシスと呼びます。
サスペンダーをブレイシスと呼ぶ人は、間違いなく英国マニアです。
(自分自身は違うと思ってますが・・・)
そしてブレイシスと言えばアルバートサーストン、そういう王道ブランドなのです。
サスペンダーをしたことがない人のために少しだけ説明すると、アルバートサーストンのサスペンダーのカタチはY型で、前2本、後ろ1本でパンツに固定するようになっています。
ちなみに英国的にはパンツとは呼ばす、必ずトラウザーズと呼びます。
メンドクサイですね。笑
サスペンダーを留めるためには、あらかじめパンツにボタンがついている必要があります。
前に4つ、後ろに2つ、パンツの内側につけられた計6個のボタンでサスペンダーを固定します。
クリップ留めの商品もあります。

imgLONDON 1820が泣かせますね

imgMADE IN ENGLANDも泣かせます

img装着するとこんな感じ。ボタンをかける部分は布製です。

こうしたディティエールは、3ピースがもっとも輝いていた時代、いえそれよりもっと古い時代からのスタイルでしょう。
スーツの普遍的なスタイルは、1930年代の英国で完成したと言われていますが、その頃はサスペンダーとベスト(チョッキ、英国的に言うとウェストコートと言います←毎回ながらメンドクサイですね 笑)、それに帽子は男子にとってのマストアイテムでした。
まさに紳士の必携アイテムだったわけです。

現在イタリアが牽引するファッショントレンドの中で、いくらクラシックが流行っているとはいえ、股上の深い2タックの太いパンツにサスペンダーで3ピースを着ている人は少ないと思います。
そうした古いものを愛する人はクラシック好き、下手をするとコスプレに近いレトロ嗜好を持った人なのです。
よく言えばダンディズムとも言えますが。
女子にはまったくわからない世界だと思います。
女子から見たらサンオツど真ん中で野暮ったく、きっと悲しい初老と映ることでしょう。

imgタキシードはパンツの外側にボタンがついてます。こちらのボタンをかける部分は革製。

imgお気に入りのカモフラは、ロンドンのショッピングサイトで購入しました

ボタンを留める部分はレザーと布で2種類ありますが、現在は布の方が主流でしょう。
僕は両方持っていますが、革の方は厚みがあるため多少かさばります。
素材も夏はライトなコットン、冬なら厚いフェルトなど色々あります。

ウェストコート(繰り返しますがベストのことです 笑)にブライシス(サスペンダー)をした3ピースのクラシックなスーツスタイルは、まるで武装した戦闘服のよう。
しかもスーツの生地が英国製だったりすると、鎧を着ているように重くて身体が締め付けられます。
コンフォタブルとはまったく無縁のスタイル。
いろんな選択肢がある現代に、こんな恰好をあえて選択する人は変態ですね 笑
ちなみにブレイシスは基本的に人に見せるものではなく、ズボンを吊るという機能的なものです。
昔はシャツ=下着と考えらており、人前でシャツ姿になることは下着で歩きまわることを意味していました。
だから上着を脱ぐときは必ずウェストコートを着ている必要があった。
ウェストコートの下につけたブレイシスは見えない(見せない)アイテムだったのです。
着脱時、特にトイレに入った際には大変です・・・
そしてどうやって箪笥にしまうのか?
上級者は、1本のパンツに対して1つのブレイシス、そう、付けっぱなしでクローゼットに吊るすのだそうです。
まあブレイシスをトラウザーズに留める作業も大変ですからね。
朝、その日着て行く服を選んだ後にブレイシスをつけてたら間違いなく遅刻します。

紳士の皆さん。
便利でコンフォタブルな選択肢がたっくさんある今、こうしたメンドクサイことをするのも時にはいいかもしれませんよ。

企業の生存率

松本 知彦 for Private Time/2015.09.03/仕事仕事

会社の18期目が無事に終わりました。
今週から19年目に突入です。
あと1年経ったら20周年、、、、いやあ早いなあ。

img群がってて料理が見えない・・笑

ちょっとデータを調べてみたら、驚愕の事実がわかりました。
設立5年で約85%の企業が廃業・倒産
設立10年以上存続できる企業は6.3%
設立20年続く会社は0.3%しかいないのです。
100社生まれても20年後には、ほぼ1社しか残ってないということです。
うちの会社は来年100分の1の会社に入れるだろうか???
本当に今まで色々なことがありましたが、それでもがんばってきました。
しかし、、1/100という確率はあまりに低い。。

帝国データバンクの調査によると、10年以上生き残る会社の条件は以下のようなものだそうです。
条件1 "成長業界のニッチ分野"に注目し、先駆者として市場参入している
条件2 自社のコアコンピタンスを認識し、そこに資源を集中投下している
条件3 経営者が「明確なビジョン」を打ち出している
2番目はともかく、1と3はどうなのかなぁ 汗
個人的には上記3つが揃っていてもダメだと思います。
やっぱり同じ方向を向くという前提で、スタッフと一緒に自分も、そして会社も成長させていくというコミュニケーションや関係構築は重要なのではないでしょうか。
それは上記3つではカバーできないことだと思います。
また10年以上継続している企業の「経営者の人物像」には共通点があるとも書いてありました。
「ビジョンがある」「積極的」「先見性に富む」「実行力がある」「責任感が強い」
創業から10年以上になるけれど、上記は自分に備わっているだろうか?
自分ももっともっと勉強していかなければなりません。

img自分で巻く手巻き寿司。おいしいです。

img最後は日本酒を回し飲みしてみんな酔っ払いに。

さて節目ということで、みんなで美味しいお寿司をいただきました。
例のビルゲイツも食べにやってくるお寿司屋さんのお寿司です。
みんな本当にお疲れ様でした!
これから1年また頑張って行きましょう。

会社でお寿司を食べたらスタッフは2次会へと・・・
代々木上原の夜はふけていくのでした。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版