The Man in the Gray Flannel Suit グレーフランネルを着る男

松本 知彦 for Private Time/2016.01.27/ファッションファッション

グレーのスーツが好きです。
特に冬のグレーフランネルのスーツが大好きなのです。
フランネルとはフェルトのように起毛したウール素材のこと。
ちょっとだけモコモコした、見た目にも暖かい印象の生地です。

imgグレーと言っても色々あるのです

なぜグレーフランネルが好きなのか?
考えても理由は見当たらないのですが、夏のシアサッカーと並んで、既に持っていても毎年必ず欲しくなる素材なのです。
いつでも少年っぽいベーシックなイメージ、柔らかくて優しい、気の抜けたカジュアル感、オーセンティック、IVYからの影響、たぶんそんな複合イメージがフランネルを好きな理由でしょう。
冬はウーステッドやツイードなんかより、断然フランネルが好きです。
フランネルのスーツを着て、カシミアのネクタイなんかを締めると、気分がとてもよくなります。笑

img冬のクローゼットを覗くと確かにグレーばかり。

うちの冬のワードローブをちょっと覗いてみたら、、、
やっぱりグレーのスーツが多いです。
僕はほとんどの場合、グレーとネイビーしか着ないので、当然そうなるのですけど。
毎年、同じものしか欲しくならないっていうのは、振り幅が少なくて困ったものですね。
白いシャツ、ネイビーのコート、グレーのスーツ、ネイビーのパンツ、ほとんどそればっかりです。

imgモノクロでわかりにくいですが、着ているのはグレーフランネル

img仮縫いの時のグレゴリー・ペック。

しかしですね、グレーフランネルと言ってもなかなか奥が深いのですよ。
1956年にグレゴリー・ペックが主演した「The Man in the Gray Flannel Suit」という、今回のテーマがそのまんまタイトルになった映画があります。
主人公は昇進の遅いサラリーマン、
ある日彼は上司からグレーフランネルのスーツを注文しなさいと進言され、その通りに実行してみたところ、めきめき出世するというストーリー。
以後アメリカではグレーフランネルのスーツを着たビジネスマンは、企業の将来を期待される候補生という意味になったという話があります。
1950年代のアメリカでは、グレーフランネルを着た男=仕事のできるエリートビジネスマンだったわけです。
当時フランネルは高級素材だったのでしょうかね。
日本だとグレーのスーツは誰でも着てて冴えないイメージですけど。
ちなみに映画「The Man in the Gray Flannel Suit」の邦題は「灰色の服を着た男」なんです。
灰色って・・・
日本でフランネルのスーツを着るとアメリカンIVY臭が強すぎて、古いサンオツの感じもありますけど(逆に今はそれが新しいのかな?)

imgFOXブラザースの創業は、なんと1772年!

さてそんなグレーフランネルの代表格と言えば、FOXブラザースでしょう。
フランネルと言えばFOXというくらい有名な英国生地。
1772年の創業なので、ものすごく歴史のあるブランドなのです。
英国製なのでロマンはありますが、硬くて重くて決して着やすい生地とは言えません。
僕もFOXのスーツを3ピースで持っていますが、以前レストランでブレイシズ(サスペンダーのこと)をして、3ピースを脱がずにそのまま飲んだり食べたりしていたら、あまりに重い&長時間カラダが締め付けられていたので、気持ちが悪くなったことがありました 笑
それくらい重くて着にくい生地なのです。

imgナポリで縫い上げてもらったフランネルスーツ

img何も指定もしなったのに、内側にフルネームの刺繍が!!笑

そして今季、自分のワードローブにナポリのハンドメイドによる軽~いグレーフランネルが1着加わりました。
オーダーだったんで、生地は何でもよかったのですが、またしてもグレーフランネルを選んでしまいました・・・
またかよって怒られそうですが。
でもやっぱりナポリですね。
芯地は一切なく、カラダにピタッと来る、これウェットスーツかよ!ってくらいピタピタなグレーフランネルになりました。
FOXを使った英国の仕立てとはまったく異なる、どこまでも軽くてスウェットみたいな仕立て。
国によってこうも違うということを再認識しました。
今回は一部の人にしかまったく意味がわからないと思われる記事でしたね 汗
失礼

ボンドカーと言えば、アストンマーチンDB5

松本 知彦 for Private Time/2016.01.21/インテリアインテリア

皆さん、007の最新作スペクターはもう見ましたか?
僕は昨年末見に行ったのですが、これはダニエル・クレイグが主演した前3作の続きになっていて、完結編ともいえる内容に仕上がっています。

img世界中の男子の憧れ、アストンマーチンDB5

ネタバレしないように注意して、良いところを上げますね
まずキャスティングがよいこと、フランス人女優レア・セドゥーがカワイイ、50歳を過ぎてベッドシーンを演じるモニカ・ベルッチの迫力、スペクター役のクリストフ・ヴァルツの存在感がいい(この人、タランティーノの映画に出てる時からめっちゃ印象強かった)、そして、「SHERLOCK 」で宿敵モリアーティを演じたアンドリュー・スコットが出てるのも嬉しい。
オープニングからずーっとカメラ回しっぱなしで、ノーカットで見せるアクションシーンは見応えあります。

逆によくないところは、、、
う~ん、過去の3作を予習してないと100%は楽しめないこと、そのせいか個人的に今回は感情移入があまりできなかったですねえ。
もちろん007はすべて見ているのですが、前の3作からタイムラグがあって細かい設定は忘れている部分もあり・・・・
ハラハラドキドキしたり、ニヤリとするシーンは思ったより少なかったです。←特に後半
前半の演出に対する力の入れ具合は半端じゃないのに、エンディング近くはあまり盛り上がらない印象。
ダニエル・クレイグ主演以降、新しいボンド像を作ってきたのに、また定型の古典に戻っちゃったのか?って思うシーンもいくつかありました。
オマージュっていえばそうなのかもしれないですが。
やっぱり自分的には、スタイリッシュなのに、スノッブでくだらないジョークを挟むショーン・コネリーの初期ボンドがマスターピースですね。

img新旧ボンドが愛した車がこのアストンマーチンDB5なのです

さて今日はスペクターの話ではなくて車の話です。
ボンドカーといえば、やっぱりアストンマーチンDB5。
1964年公開のゴールドフィンガーで初登場して以降、時々劇中に登場しています。
前作スカイフォールで、敵のヘリコプターからの機銃掃射で破壊されたはずですが、Qに修理されて今回も再登場。
スペクターではアストンマーチンDB10 も最新ボンドカーとして登場し、古都ローマの石畳でジャガーとカーチェイスを繰り広げるシーンもあります。

imgこのミニカーは細部の作りこみのクオリティが高い!

img運転席の細部、ハンドルまで細かく再現されてます。

img鉄製でズッシリ重くて色々な箇所が可動します。

この模型は、AUTOartというアメリカのミニカー専門メーカーが出している1/18スケール。
映画の中ではマシンガンが装備されていたり、追ってくる敵を巻くためにオイル散布や煙幕の武器が装備されていたり、車に色々な仕掛けがあるのですが、模型にはさすがにそれはなく、オリジナルのアストンマーチンに忠実に作られています。
なかなか精巧にできていて、とてもよいです。
展示用の別売りのケースも売られていて、インテリアにgood。

img同じ時期に作られたイギリスの名車2台

imgジャガーEタイプはAUTOart社からも出てるのでそっちを買った方がいいかも

同じ1/18スケールで、ジャガーEタイプも以前購入して持っているのですが、イタリアメーカーのそれと比べると、アメリカ製のAUTOartの方がクオリティ高くて精工にできてます。
特に運転席のエクステリアなどを比べると、アストンマーチンの方が作りこまれているのがわかります。
こういう細部って男子的には重要ですからね。
この他にもAUTOart からは、1967年公開の「007は二度死ぬ」に登場したトヨタ2000GTもラインナップされています。
そう、劇中で丹波哲郎演じるタイガー田中が所有していた白いトヨタ2000GT。
敵のアジトである大里化学(ロケ場所はホテルニューオータニ)の前から、ショーン・コネリーが逃げるシーンで飛び乗る車ですね。
身長188センチあるコネリーが日本人向けにコンパクトなサイズで作られた2000GTには乗れなくて、急遽屋根を取り払って改造したという車です。
そのミニカーの出来も素晴らしくて、そっちも欲しくなっちゃいます。
つか、白ボディで黒の内装、オープンカーというのが、もう既にアストンマーチンよりカッコよく、、しかしながら順番からしたらやっぱりアストンマーチンが先だろうということで、そっちから入らざるを得なく。
アストンマーチンDB5とトヨタ2000GTが揃ってこそ、はじめてコレクションの意味がある、、、
などと勝手な妄想をしながら、トヨタ2000GTのミニカーもいつか買いたいと思っちょります。

imgミニカーって壊れても修理はしてくれないんですよね、注意です。

スタンスミスが止まらない

松本 知彦 for Private Time/2016.01.15/ファッションファッション

もう今さら説明する必要はないと思いますが、2年くらい前から大流行のスタンスミスです。
このスニーカー、僕も20代の時に履いてました。
しかし今さら、またこんなに履くとは思わなかったですねぇ。

img今なくてはならない存在、それがスタンスミスです!

今松本家にはスタンスミスがたくさんあります。
数えてみたら家族の分も含めると10足はあります 笑
めちゃめちゃ多い!
なぜこんなに増えてしまったのか??
流行と言ってしまえばそれまでなんですが、それだけではない魅力もあります。

女子の間では、ネイビーのチェスターコートにスタンスミスを合わせた、セリーヌのコーデがセレブの間で流行したのが最初でしょうか?
男子はイタリア人のファッションピーポーがピッティで履きはじめたのが始まりなのでしょうかねえ?
それともアディダスのマーケティング戦略の成功??
まあ、はじまりはどうでもいいのですが、誕生から40年以上も経つこのクラシックスニーカー、現在多くの著名デザイナーと限定コラボをしたり、サイトで自分だけのオリジナルが作れちゃったり、みんなも知っている通り、大大大ブレイクしております。
記憶に新しいところでは、去年夏に新宿伊勢丹で限定販売したハイクのコラボモデルを買うために何百人も並んで、整理券を発行したのがニュースになったことでしょうか。
(関係ないけどハイクは元グリーンの人たち、早くメンズライン作って欲しい・・・)

img松本家のスタンスミス大集合の図

img限定モデルじゃなくてもたくさんの種類があるのです。

しかしながら個人的には、やっぱりオリジナルのデザインが一番よいと思います。
新進のデザイナーたちとのコラボも悪くはないですが、やっぱりホワイトのボディにグリーンの踵のベーシックな組み合わせがベスト。
踵まで真っ白なものも持ってはいるのですが、真っ白を履くとなんだか物足りなく・・・・
全身のコーディネートで見ると、何気に踵にあるグリーンが効いていて、やっぱりオリジナルが一番いいと思います。
踵がゴールド、蛇革、ネイビー、レッド、白も自分的にはNGですね。
履くならグリーンに限ります!

imgこちらがスタンスミスを履いたスタンスミス氏、ご本人です。

そして何がいいって、まず履きやすいこと。(普段スニーカーを履き慣れている人は、同意できないと思いますが、、、)
これクセになるのです。
今まで僕はほとんど革靴しか履きませんでした。
スニーカーはそんなに好きではなかった。
それはカジュアルな格好をあまりしないという理由もあります。
スニーカーなら、ニューバランスやポンプフューリーのように、他に履きやすいスニーカーはたくさんあるじゃないかと思うかもしれません。
しかし、それらってどうにもスーツやネクタイには合わない。
それに(これは重要なことですが)、スーツにもカジュアルにも、両方イケるのがスタンスミスの最大の特徴です。
ニューバランスも悪くないですが、それを履くのはいかにもポパイ的で、全身アメカジのシティボーイに限ったスニーカーのように思います。
履くならニット帽かぶらないといけないし 笑
モードとクラシック、カジュアルとフォーマル、アメリカとヨーロッパ、それらの絶妙なミックス感があるのがスタンスミスの魅力じゃないでしょうかね。
モデル名にもなっているスタンスミスは、70年代に活躍したアメリカ人のテニスプレーヤーですが、生産はヨーロッパというミックス具合もたまりません。
流行遅れのスーツを着ても、足元をスタンスミスにすれば、1発で今的な着こなしになります!(パンツの丈が長すぎるのはNGですけど)
いま最強のスニーカーなのです。

imgアディダスショップで売っているのとABCマートで売っているのでは仕様が違ったり。

img細かいこと言うと、踵のグリーンも微妙に違うのです。

img中国、インド、ドイツ、うちにあるのを調べたら生産国は3ヵ国でした。

ラクチンで、最旬で、スーツでもカジュアルでも、何でもオシャレにしてくれる、しかも安いという、、こんな商品他にないです!
過去にもなかったんじゃないでしょうか。
ニューバランスは3万もしますからね。
(めちゃ売れてるVANSのOLD SKOOLもスタンスミスと価格は同じくらいだけど、ストリート過ぎるし、、)
スウェット履いてコンビニ行くにも、ジャケット着てクライアント先に打ち合わせに行くにも、ニット帽かぶって自転車乗るにも、すべてのケースで全部OKです。
1発で最旬のお洒落に見えます。
これだけ使い勝手がよいと、次々欲しくなってしまいますね、というか使い回すので日常的に必要です!
だから白とグリーンの組み合わせを見ると、ついつい買ってしまうという、、、、これは仕方ない現象なのです。

2016年はクリエイティブジャンプで行こう!

松本 知彦 for Private Time/2016.01.05/仕事仕事

昨年は皆さんに本当にお世話になりました。
継続的に発注をいただいたクライアントの皆様、多くの会社の中からdigを選んでいただいた担当者の方々、そして常にがんばってくれたスタッフのみんな、いつも喜びと励ましをくれた家族、本当にありがとうございました。
色々な方に支えられて今があることを実感しています。
引き続き今年もよろしくお願いします。

img今年のテーマはクリエイティブジャンプ!

今年もよい年にしたい、いえ今年こそはよい年にしたいという想いがあります。
なぜなら、今年はdig創立20周年の節目の年だからです。
思えばここまであっと言う間の20年でした。
社員が1万6000人もいた会社を退職して、狭い部屋で一人ぼっちで仕事をはじめたのが、つい昨日のことのように思い出されます。
大きな会社はすべてにおいて合理的で、それは往々にして正しいけれど、決してそれだけが常に正しいわけではない、そんな気持ちが当時の自分にはあったことを思い出します。

節目の年初に出す年賀メール。
今年はすべてスタッフの手によるものです。
松本はプレゼントのアイデアを出しただけ。
今まで毎年着想からクリエイティブまで、自分が指揮を取って作ってきましたが、アイデア出しからフィニッシュまでスタッフだけで担当するのは初めてです。
別に決めたわけでも、自分が誰かを指名したわけでもありませんが、スタッフの方からやりたいと申し出てこうなりました。
20周年の節目の年に、スタッフが担当するというのは素晴らしいことです。
こうして自分の手から離れていくのは嬉しいですね。
来年以降も是非頼みたい!

imgスタッフが全員分のジャンプを撮影しました

imgプレゼント用のホッピングを持ってジャンプ!

とってもいい年賀メールができました。
アイデアは成宮&山口、撮影は山口&山﨑、コピーは原、デザインは山﨑、各自が分担して担当しています。
「クリエイティブジャンプ」という言葉が一般的に存在することも、今回はじめて知りました。
一人ひとりジャンプして撮影したものを合成しています。
これがみんないい表情で、本当によいビジュアルになってます。
僕がディレクションしてきた今までのものと比べて、数段よいのではないでしょうか?
自分の会社のスタッフですが、チームワークで作った素晴らしい仕事を褒めたいです。
これはみんなが作ったもの。
たかが年賀メールですが、そこには楽しさやみんなの喜び、クリエイティブの力、アイデア、そんな数値化できない要素が詰まっています。
合理的なことだけを追及する大きな企業はこんなことはしないでしょう。
でも僕は数値化できないことにこそ、差別化の種があると感じています。
そういう意味でdigのスローガン「make difference」がここにもあると思います。
この年賀メールのように、20周年は最高のみんなと一緒に、思い切り高く跳びたいですね。

img撮影した全員分をレイアウトして年賀メールは完成です。

今年はささやかな20周年記念パーティーも開催しようと思っています。
その際にはまた皆さんにお知らせします。
年賀メールには、おまけでホッピングのプレゼントもありますから、是非皆さん応募してくださいね。
ホッピングであなたも今年思い切りジャンプしてみませんか?
もちろん当選された方には、こちらからお届けに伺います!
というわけで今年も20周年を迎えるdigを引き続きよろしくお願いします。

imgホッピング当たりますよー!

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版