ロゴと展開 最後の仕事 

松本 知彦 for Private Time/2016.07.29/仕事仕事

先日開催したdigの20周年記念イベントも、無事終了しました。
会が終わってホッとしたのも束の間、僕たちには最後の仕事が残されていました。
それがお礼状の作成です。

imgイベントを締めくくる最後の仕事がお礼状の作成です

来ていただいたおよそ200名の方全員へ、お礼状を出す仕事です。
当日お品をいただいた方、お花をいただいた方、お越しいただけなかったけれどお品をいただいた方、全部で5種類くらいの文面を用意しました。
僕はすべての方へ手書きの名前と、一部の方へはメッセージを添えて。
担当者も一言ずつメッセージを書くよう指示しました。
これが終わればイベント関連はすべて終了という大切な仕事です。
最後まで手を抜いてはいけないのです。

でも今回の記事テーマは、お礼状の話ではなく、以前からこのブログで触れてきましたが、
VI(ビジュアルアイデンティティ)とロゴの展開についての振り返りです。
通常クライアントからいただいた業務だと、なかなかオープンにできないのですが、今回は自社の案件なので惜しみなく(笑)プロセスを紹介します。

imgまずは基本となるマークの作成

imgオリジナルフォントと組み合わせた基本の組みデザイン

img最初に着手したのはインビテーションでした。

お礼状の制作をもってVIの展開は完了になりました。
イベントの準備もさることながら、マークのデザイン開発から、それをツールに落とし込んで展開するまで、4ヶ月くらいかかってようやくの完了です。

img色々やりましたねえ。

最初に、日本のめでたい行事に使われる水引から発想したマークを作り、
使用する基本色を決めてそこから・・・
オリジナルのフォントを作り、
それを組み合わせたベースのデザインを作り、
招待状を作り、
招待状を入れる封筒を作り、
Webサイトを作り、
ポスターを作り、
Tシャツを作り、
記念冊子を作り、
周年用の名刺を作り、
どら焼きを作り(笑)
ノベルティを入れるオリジナルバッグを作り、
お礼状を作り、
それを入れる封筒を作り、
最後にオリジナルでエンボッサーを作り、お礼状に押して完了です!
4ヶ月・・・長かった 笑

img最後に作ったのがお礼状に押すエンボスマークでした。オサレ

VI作成からツールへの展開は、デザイナーにとって大事な経験なのです。
特に初期のプランニング、コンセプトワークが重要です。
今回は作成したマークを、紙とデジタルの両方で展開し、最後にリアルなイベントで締め括るっていうのが一番面白かった。
紙とデジタルのクロスメディア展開の最後にリアルな体験があるというのは、通常の仕事とまったく同じでした。
紙とデジタルによる販促物をワンストップで制作し、消費者を店舗へ誘導、あるいはサービス体験へつなげる。
メキシコオリンピックのように(笑)、ロゴの発想から1つのVIをトータルに展開した事例になりました。
スタッフはまた1つよい経験になったと思います。

img上が紙冊子、下がWebサイト。1つのVIから2媒体を同時に制作します。

会社の説明って友人にもほとんど(というかまったく!)したことがないですが、
digでは普段こうした仕事をしています。
もしご要望ありましたら、いつでも是非digへ相談いただければ !笑
(っていきなり営業かよ!)

imgスタッフのみんなお疲れさまでした。次行きましょう!

20周年記念イベントへのご参加、ありがとうございました!

松本 知彦 for Private Time/2016.07.26/仕事仕事

20周年のイベントが無事終わり、あっという間に2週間が過ぎてしまいました。
早いものですね。
イベントが終わったあと、継続して親子展が開催されていたこともあり、
毎日忙しくしていて、終わった今は気が抜けてしまったというか・・・
ついつい更新も遅れてしまいました。

img当日大きなケーキをいただきました!

お忙しい中、20周年記念イベントにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。
イベント当日、結果的に会場に集まった人は200人を超え、、
窮屈な思いをさせてしまって、ご迷惑をおかけしましたことお許しください。
カフェでイベント時の来客は、過去177人が最高だったようですが、それを超えてしまいました。。
皆さんを迎えて、もちろん僕らはお越しいただいた方をおもてなしする側、
その立場でこんなことを申し上げるのは忍びないのですが、僕らにとってもすごく楽しいイベントでした。
もしお越しいただいた皆さんも、楽しい時間を過ごしていただけたなら嬉しいです。
お越しいただく方(かた)も、それを迎える方(ほう)も両方楽しいこと、それが実現できたなら本当に嬉しいと思ってます。
記憶に残るイベントでした。
いろいろな発見がありました。

imgイベント当日用に制作したVIを落とし込んだポスター

img乾杯です!司会担当の仲さんの進行はとっても安定してました。

準備はとっても大変でしたが、過ぎてみればあっと言う間で、、、
でもそのプロセスに学ぶことが多々ありました。
プロセスがあるから喜びがあるということを学びました。
イベントを成功させるという1つの目的に向かって役割を分担してみんなで準備する、
まさに、それは仕事と同じなのです。
そこには、チームビルディング、リーダーシップが必要で。
みんなよくやってくれました。
ありがとうと言いたいです。

imgニュー玉川カルテットの演奏。浪曲ではありませんw

imgリンタロとアンヌ。ハートフルな時間だったみたいでみんなに声をかけられました。

imgトリはdigのバンド。真ん中のタンバリン叩く人の顔がイっちゃってますw

個人的にはバンドが楽しかったなあと。
嫌がるみんなを無理やり引っ張り出してよかったと思ってます 笑
スペシャリストを集めて1つのプロジェクトを行うという、これも仕事に似ている体験でした。
練習している時から楽しかったですからね。
イベントが終わってしまって残念なくらいです 笑

もっとカッコつけたイベントにすればよかったのかもしれませんが、僕が主催すると、どうしてもこうなってしまうというか、、、
パーソナリティー丸出しのベタな内容になってしまいました。笑
もっと今っぽく、カッコつけてITっぽくした方がよかったかなw(そういうの嫌いだけど・・)
何より楽しい時間が過ごせたことは、良かったです。
良い会になりました。
当日、結構なお品を頂戴しましたが、後日スタッフでお疲れさま会を開き、おいしくいただきました。

img皆さん、本当にありがとうございました。仕事、頑張ります!

お越し頂いたクライアントの皆さま、ありがとうございました。
ここまで一緒に頑張ってくれたスタッフのみんな、本当にありがとう。
そして大切な友人たち、家族、皆さんに支えられてここまで来ることができたと思っています。
心から感謝の気持ちを送ります。
これから5年後、10年後もまた皆さんとお会いできれば嬉しいです。
20周年を迎えたdigを、これからも引き続きよろしくお願いします。

出ました!!digオリジナルどら焼き

松本 知彦 for Private Time/2016.07.05/仕事仕事

創立20周年記念パーティ、いよいよ明日に迫りました!
連日の投稿になりますが、いやあ、時間の経つのは早いものです。
もう明日なのですから。

イベント前日のギリギリのタイミングで、以前から企画してたものが2つ上がったのでお知らせしちゃいます!
正直ネタバレですが、あまりにカッコよいので(笑)見たらモチベーションが上がってしまい、、ここで紹介することにしました!

dig20周年記念どら焼きです!!!!!
六本木にある老舗の和菓子屋さんに頼んで作ってもらいました。
ちなみにマクロビ和菓子じゃありませんのであしからず笑
自分で言うのもおかしいですが、見た時はホントに興奮しました。
数ヶ月前に作った20周年記念のロゴとVIは、どら焼きにてほぼ完結です。
1つのアイデアを様々なツールに落し込んで展開するのは、なんと言っても最初のプランが重要。
当たり前のことを気づかせてくれました。

img焼き印作って、1つ1つ押してもらってます!

もう1つは記念冊子です。
こちらは20周年を記念して、松本へ20の質問を投げかけるという企画。
構成とインタビューアーはスタッフの原くんです。
答えにくい質問もあったけど、実際に受けた質問に対する回答を彼がまとめてくれています。
スタッフの間では、内容がとても面白いとのことなので、こちらも読んでみてください。

img招待状からサイトまで、1つのビジュアルプランで展開しています。

img中身はこんな感じです。

オリジナルのどら焼きも記念冊子も、明日来られた方にお配りします。
一緒に70年代に描かれた父の作品冊子やコースターも差し上げます。
そしてそれを入れる透明のビニール袋にも、20周年のロゴを印刷しました。

imgこちら当日お渡しするノベルティのお得な(!)セットです 笑

ここまで大変だったなあ。
ロゴの企画にはじまり、周年記念サイトの制作、招待状のデザイン、送る方のリスト作成、展示の企画、自分の展示物の作成、バンドの練習、イベント当日の段取り、ノベルティの企画、お揃いのTシャツの入稿、それ以外にもまだあります...
このブログで報告するのは本当に簡単なのですが、ここまでかなり、かなり大変でした。
特に僕は、自分の展覧会の企画設営と、会社の記念行事の2つを同時に行う必要があり、もちろん通常の業務もあって、ここ1ヶ月はホントにヤバい状況でした。
まだ当日を無事迎えられたわけではないですが、企画していたもろもろは全部が滞りなく間に合って本当によかった。

img全員が持つ名刺にもシルバーで20周年記念のロゴをつけました。

そして、ついでにコーポレートサイトも同時にリニューアルしました。
こちらもイベントまでに間に合って良かった。
いよいよ明日ですが、皆さん時間がありましたら、どなたでも是非覗いてみてください。
20周年記念イベントは、明日7/6(水)18時半から代々木上原駅前のファイやキングカフェで開催します。
詳細はこちらから

http://www.dig.co.jp/20th/

digのバンドがデビューします。

松本 知彦 for Private Time/2016.07.04/仕事仕事

さて、いよいよ今週水曜、あさって6日に迫ったdig創立20周年パーティ。
現在、その準備が着々と進んでおります。
既に100名以上の方の出席を受け付けました。
ありがとうございます!

パーティの企画は主に3つ。
1つ目は、先日からこのブログでもお伝えしている松本正彦・知彦親子展です。
会場となる代々木上原のファイヤキングカフェで先週から開催がスタートしました。
既に売れてしまった作品もありますが、展示は7月17日までやっていますので、皆さんどうぞお越し下さい。
パーティの当日は、僕を支えてくれた父親の絵に囲まれてイベントを行う予定です。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13012564/

2つ目の企画はスタッフによる動画作成です。
全員がそれぞれ異なる場所で、自分自身で動画を撮影し、それらをつなげて1本にするという企画。
こちらは当日会場で流す予定になっています。
僕もまだ出来上がり見てないですが。

imgスタジオで練習中のメンバー。

そして3つ目がバンドの演奏です。
今回3つのバンドが出る予定になっています。
1つは、僕が20歳くらいの時に一緒にバンドをやってた友人と、つい最近組んだバンド。
当時、僕はリリー・フランキーとバンドをやっていましたが、その彼に頼まれて別のバンドも手伝っていました(僕のパートはドラムです)
元BOOWYのサックスの人がいたバンド。
BOOWYのメンバーにサックスがいたなんて、皆さんはたぶん知らないと思いますが、ファーストアルバムの時にはいたんですよ。
ジャケットの写真にも写ってますが、NO NEW YORKの作詞をした人です。
そのバンドでギターを弾いていたのは同じ大学の後輩でしたが、大学卒業後に彼はプロになり、今は宮藤官九郎とバンドをやっています。
そしてベースの彼とは、その後もm-floのリサとバンドをやってCD出したり、フィンガー5のバックをやったり、色々やりました。
そのベースの彼と最近何十年ぶりかで再開して、一緒に遊びでやってるバンドです。
出会ったのが玉川上水なので、ニュー玉川カルテットというバンド名にしました (注:浪曲はやりません 笑)

img自宅で練習中の兄妹。

もう1つはリンタロとアンヌ隊員のユニッットです(松本家の長男と長女)
同じく兄弟で、彼らの好きなバンド、キリンジの曲を演奏するようです。
リンタロが弾くギター1本です。
キリンジの曲はコード進行が相当難しいですからねえ、本当に弾けるのかナゾです。。

imgまずは演奏を担う僕以外の3人。重要です。

img笑ってますが、1回目の練習なのでチョー緊張しています。

そして3つめがdigのスタッフによるバンド。
これがですねえ。
もちろん僕がやろうと提案したんですが、最初は誰も賛同してくれませんでした。
かなり雰囲気が悪かった。笑
参加したい人もいないし、楽器も本当はできるのに手が挙がりませんでした。
とにかく、みんな相当に腰が引けていたんです。
僕は、みんなで力を合わせて1つのことを体験するのはよいこと&絶対に楽しいはず!と思って提案したんですが、みんなはそうは思わなかったようでした。
その様子を見て僕は、みんなが嫌な思いをするなら、また強制的にやらされるという感覚なら、そもそも本来の目的と異なるのでやめようと提案しました。
目的は来た人も、それを迎える人も楽しむことですから。
でもみんな僕に気を遣ってくれたようで、、、(汗)最終的には渋々やることになったのでした。。。

img初めてみんなでスタジオに入って楽しかったー

img僕もドラム叩きます。

でも、いざ練習してみたら、、、、
みんな楽しそうでした。
伝えたいこと、わかってくれたようでした。
事実、楽しかった。
練習はみんなが1つになる、本当に楽しい時間でした。
自分のパートに集中して、全員の共同作業で完成する音楽ってやっぱりいいですね。

img当日全員が着るオリジナルTシャツも出来上がってきました。

というわけで、7/6水曜18時半から
誰でも参加可能ですので、もしお時間ありましたら、皆さんお越し下さい。
※クライアントの方は無料ですが、その他の方は恐縮ですが、お1人2,000円いただきます。
↓↓
http://goo.gl/forms/p3PSF9aONSB7XWmt1

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版