Meister  ZEBRAシリーズ

松本 知彦 for Private Time/2011.11.29/ライフスタイルライフスタイル

目黒通りにある古い民家を改装したマイスターというインテリアショップをご存知でしょうか?
インテリア好き、民芸好きなら知らない人はいないでしょう。
アクメ、モダニカと並んで古くから目黒通りのインテリアブームを支えてきたショップであり、2000年あたりからはじまるミッドセンチュリーブームを牽引する上でも大きな役割を果たしました。
イームズだけでなく、天童木工や柳宗理など、このお店を通して直接商品に触れたという人も多いのではないでしょうか。
特にこのお店とビームスが中心となって東京都美術館で開催したイームズ展は、当時大きな話題となりました(館内サインと作品集のデザインはグルービジョンズが担当)。
ミッドセンチュリー通過後、インテリアブームは中目黒にあるハイクを中心とした北欧スタイルに移っていきますが、今でも民芸を貫くマイスターの姿勢はエライと思います。

さて前置きはこのくらいにして、、、
日本の伝統技術を用いて美濃焼をモダンに仕上げたマイスターオリジナルの「ゼブラシリーズ」です。
以前、本屋でたまたまイギリスの雑誌Wallpaperを立ち読みしていたら、この商品が紹介されていてびっくりしました(もちろん広告ページではなく)。
西洋から見たジャパニーズモダンそのもののイメージでカッコいい記事でした。

img

img

表面に施された紋様は「掻き落とし」という技法を用いたもので、職人の手によって一本一本丁寧に描かれています。
土の素材感と手仕事ならではの温もりが感じられる優しい逸品ですね。
カラーは、ブラック・ホワイト・ターコイズ・ピンクの4色があります。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版