OXO International アングルドメジャーカップ

松本 知彦 for Private Time/2013.06.19/ライフスタイルライフスタイル

2004年にグッドデザイン賞ユニバーサルデザイン賞を受賞しています。
1000ml、500ml、250mlの3種類に加えて、大さじ4杯分までの調味料が計量できる60mlのミニサイズがあります。

img

この計量カップの何がすごいかというと・・・
通常、液体をカップに入れて計量する場合は、実験用のビーカーのように、容器の側面に印刷された目盛を見ながら、注ぐ量を調節します。
この場合、腰をかがめて横から目盛を見たり、カップを持ち上げたり、という動作を繰り返すわけですが、このニューヨーク生まれのOXO(オクソ)のカップは、上から見て計量できる画期的な商品なのです。
傾斜のついた内側の目盛りを上から見るだけで、簡単に計量、調整することができます。
これで米国で特許を取得してるんです。

img1000ml、500mlのカップ

img上から見るとこんな感じ。

imgスタッキングもできます。

それだけではなく、
・mlとcupの両方で目盛を表記
・中身を移すときに、注ぐ口があるので便利
・ぬれた手で触っても滑らない、持ちやすいグリップ
・食洗機の使用も可能
・他のサイズとのスタッキングもOK
などなど、他にもメリットがたくさん。

そして決して高くない。
普段使う製品は、こうでないといけませんよね。
優れたデザインに付加価値があるからと言って、高い価格設定がされている商品はどうかと思います。
気軽に購入できて、手軽で使いやすい、そして美しい、日常生活を豊かにしてくれる道具。
こうあるべきだと思います。

img食洗機でも洗えます。うちで使っている30年前のアメリカ製の食洗機の上に置いて撮影。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版