柳宗理 グレープフルーツスプーン 

松本 知彦 for Private Time/2013.07.12/ライフスタイルライフスタイル

ここ1週間は忙しくてブログの更新ができませんでした。
来週はもうちょっと更新したいものです。
バターナイフに続き、またまた柳宗理のカトラリーの紹介です。
こちらも素晴らしい商品。

imgお気に入りというよりかなり実用的

img先端がギザギザ

皆さんはグレープフルーツを食べる時どのように食べていますか?
僕はグレープフルーツ専用のこのスプーンを使っています。
このグレープフルーツ専用のスプーン、あるようであまりない商品ですよね。
インポートのカトラリーシリーズでは、なかなか見かけないと思います。
しかし僕のようなグレープフルーツ好きにとってはマストな商品なのです。

このスプーンが見あたらなくて、普通のスプーンを使わなければならい時には、かなり、かなり不便を感じてストレスになります。
たとえばホテルなどで。
1度体験したあとは、なくてはならない商品です。

img冷えたグレープフルーツをこのスプンで。本当はピンクグレープの方が好きなのですが。

他社の同じ製品は、持ち手のところが野暮ったかったり、必要以上に細かったり長かったりで、スプンについているギザギザの機能は同じですが、見た目はまったくよろしくないです。
そこはやっぱり柳宗理。
軽いし、シリーズの他のカトラリーと同様、一見どこにでもなる何の変哲もないデザインなのですが、使ってみると使いやすい。
グッドデザイン賞なことを実感できます。

今日も暑いですが、がんばって働きましょう。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版