日用品のブームはまだ続く?

松本 知彦 for Private Time/2016.09.29/ライフスタイルライフスタイル

アートディレクターの平林奈緒美さんがディレクションを務める日用品を集めたサイトGENERAL VIEW。
(現在はディレクションの提携解消)
今年の2月には、カーサブルータスがGENERAL VIEWの特集を組んでかなり話題になりましたね。
この号は相当売れたと思います。

img渋谷ロフトのリニューアルに合わせてできたコーナー

時を同じくして、今年3月にフロアリニューアルを行った渋谷のLOFTに、同じく平林さんのディレクションしたコーナーが設置されました。
これが実に今っぽいというか、箱が好きな自分にとってはかなり興味深いコーナーになっています。
表面が化粧加工されていない粗野な素材である段ボールを使ったプロダクツは、今の気分にぴったりで魅力的。
個人的には、ドナルドジャッドに始まり、箱という形状を見ると何を見ても気になってしまう。
以前このブログでも、浅草橋のシュロがディレクションするブリキの箱を紹介しました。
http://blog.10-1000.jp/cat28/001214.html

imgグレーのボックス。箱好きにはたまらないです

img丈夫な形状の箱もあり

img白い段ボールを使った様々なサイズの箱が買えます

置かれているのは、バンカーズボックスなどで知られるフェローズの白い段ボールのシリーズ、駄箱といわれる板紙を使った様々な大きさの箱のシリーズ、あとはプラスチックのケースやテープなどなどの輸入プロダクツを含む日用品の数々。
中でも、黒の箔押しデザインが施されたグレーの板紙で作られたシリーズは、あるようでなかなかない魅力的なプロダクツ。
板紙と書きましたが、紙の質は竹尾のGAボードよりも少し落ちるくらいで十分にしっかりしています。
色々なサイズがラインナップされているのもよいですね
ハグルマ封筒でも同じようなシリーズを購入することができますが、ハグルマと比較するとずっとこちらの方がしっかりしています。
ハグルマの方はホントに駄箱って感じ(そっちも購入して比較してみました 笑)
黒の箔押しが効いているっていうのもあります。

img事務所で置き去りになった誰も使わない箱 笑

事務所での使用も検討するためにたくさん買ってしまいましたが、それらは事務所の本棚に置きっぱなしで誰も使わない・・・・笑
一応事務所はすべて伊東屋のヘルベチカシリーズで揃えて使っています。
でも段ボールのファイルボックスも魅力的ですね。

img久々に行ったけどロフトってすごい!

話は変わりますが、日用品やデザイン用品を買いに行く際、僕は渋谷では今までハンズのみを利用していました。
今回平林奈緒美ディレクションのプロダクツを見るために久しぶりにLOFTに行きましたが、これがちょっとオドロキの体験だった。
田中一光の不在、西武グループの没落などで、LOFTもすっかりダメになったと思ってました。
でもリニューアルされたフロアはなかなか良くて、多くの発見がありましたね。
ハンズとはきっちり差別化できていて、商品ラインナップや展示はハンズより1ランク上のセレクトで、よい感じです。
昔から渋谷エリアは東急VS西武の戦場ですが、日用品の分野ではLOFTがかなり攻勢を仕掛けてますね。
デザイン戦略は無印良品とも舵取りが似ていて、同じ西武グループ内でマーケットを食い合うのではないか?とも思いました。
でもLOFTのリブランディングのパワーを感じました。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版