プラスマイナスゼロ 2.5Rアラームクロック

松本 知彦 for Private Time/2014.02.19/ライフスタイルライフスタイル

皆さんは朝、どうやって起きてますか?
スマホの目覚まし機能でしょうか?
僕はアナログ派で、子供の時からずっと目覚まし時計で起きてます。
しかし、よいデザインの目覚まし時計ってあまりないですよね。

img知的な佇まいのプラスマイナスゼロのクロック

今使っているのはプラスマイナスゼロのアラームクロック。
以前は無印良品の目覚まし時計を使ってましたが、どちらも深澤直人がデザインに関わっているだけあって、デザインは似ています。
プラスマイナスゼロの方は、文字盤に数字を使っていないというのが違う点でしょうか。
物凄くシンプルで、これ以上削る要素はないくらい。
シリーズを貫くコンセプトで、商品の角はすべて2.5mmの丸みに統一されています。
深澤直人曰く、この丸みも2.5mmじゃなきゃいけない理由があるのだそうです。

プラスチック&小さい(5.8cmの正方形)ので持つと意外に軽い時計です。
寝る前に起きる時間をセット →アラームスイッチをオンに →指定した時間にアラームが鳴る、という他の目覚まし時計と特段使い方は変わりません。
ライトも点灯しないし、だんだんアラームの音が大きくなるとか、止めても3分後に再度鳴るとかそんな凝った機能は一切ないです。
背面も現在の時間合わせと目覚まし時間指定の2つのダイヤルのみ。
文字盤の表示も黒い丸だけ(かなり小さく数字表記がありますが見えません・・・)
黒丸に合わせて、針の先も丸くデザインされています。
ボディ、文字、針、直角部分の角がすべて丸いというコンセプチャルな時計です。

imgこちらが通常の状態。90度回しても同じ形状。

imgこれがアラームセットの状態。上部を引き出します。

デザインはシンプルでとってもいいのですが、デメリットがあります。
形状が正方形で、文字盤表記にも数字がないため、天地がわからなくなるということ。
置き方を間違えたり、枕元にある時計を手で持って時間を見たりする際に、いま何時なのかわからない時があります。
もう1つは起きる時間の時刻合わせです。
これがですね、左周りにしか針が回らない。
右には回らないのです。
細かいことなのですが、あらかじめ朝7時に設定されている目覚ましの時刻を、7時半に変更しようとした場合、目覚ましの針を1周回さなければならないのです。
右回りができれば、一瞬で指定できるんですが・・・・
それをできないようにしているのには何か理由があるんでしょうかね。
ホントにちっぽけなことなんですが、これが結構面倒なんです。
背面にある目覚ましのダイヤルは、突起がないため指で回しにくく、ちょっとイラッとします。笑
(それをするのは必ず夜中なので、、、)
もしかしたら、面倒な操作をする時間をユーザーに与えて、起きる自覚を与えようとしてるのかなあ。

img背面のダイヤルは、なかなか使いにくいのです。

img他の色もありますが、このカラーリングが好きです。

というわけで、
シンプルで可愛いデザインはとても気に入っているのですが、時々イラッとするこの時計
イケアの電池を入れて毎朝起きているわけです。
ディーター・ラムスがデザインしたブラウンの時計も、目覚ましとして使ってみたいものですね。

IKEA 単3電池

松本 知彦 for Private Time/2013.12.11/ライフスタイルライフスタイル

ただの電池です。
でも最初にこのデザインを見た時は一瞬でブランドの強さを感じましたね。
思わず手に取ってみたくなりました。

img

電池の形状は万国共通なので変更ができません。
だから持続時間などの機能性以外では、視覚的な情報のみが商品の選択要因になります。
イケアの電池は、パッケージがすべて黄色で、窓から中の商品が見える構造になっています。
日本のメーカーのように透明のビニールでパックされているのではなく、外装は穴のあいた紙ケースという非常にクラシックな形です。
中身の電池も黄色で、外ケースから中身まですべて黄色一色で統一されていて、それが強い存在感を放っています。
すべて黄色に塗られた本体。
イケアの名前はそこに小さく印刷されています。

img見た瞬間に欲しくなっちゃう電池。

img本体を時計やリモコンにセットする時も存在感があって使うのが楽しいです。

電池本体に色々な情報を盛り込まず、メーカー名よりアルカリという書体の方が大きく扱われているのが好感持てますね。
日本の家電メーカーのように、電池本体にデカデカと社名を印刷するデザインもあります。
サンヨー電機のエネループの販売元がパナソニックに変わって、デザインが変更になった際、エネループという商品名をかなり小さくして、パナソニックのロゴを全面に大きく配置したことが不評で、ネットで話題になりましたね。

無印良品やアップルの無塗装の電池も一見よいように見えますが、IKEAの方が強さがあって個人的に好きです。
ここ最近のデザインは、情報を間引いた引き算のデザインが多く見られますが、IKEAの電池は足し算のデザイン。
それが逆に新鮮に映ります。
ブランドの世界観をこの小さな面積に込めつつ、嫌みではない、存在感ある強いブランディングに成功していると感じますね。

ALESSI CRONOTIME

松本 知彦 for Private Time/2013.10.24/ライフスタイルライフスタイル

アレッシーから出ている小型の置き時計です。
2つの筒状のプラスチックが組み合わされた本体の上部に文字盤があります。
プラスチック2つは同じ形状で、可動式になっているので、回転させて色々な角度に設定できます。
文字盤も回せるので、好きな角度で時計を見ることができます

img

この時計、置いてある姿は、なんか不思議な感じ。
シンメトリーに設定もできるのですが、回転して少しズラすと不安定というか、妙にねじれているように見えて、なんだか植物のようです。
色々自分の好きな角度に設定できるのが、この商品のウリですが。

imgどこか不安定な不思議なバランスの時計です。

img

イタリア人デザイナー、ピオ・マンズーがFIATのノベルティとして1966年にデザインしたもので、ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションにも選定されています。
デザインはやっぱり60年代。
60年代はデザインの黄金期です。
しかし、きちんとした製品ではなくて、フィアットのノベルティとしてデザインされたっていうのがおもしろいですね。

2005年にアレッシーから復刻販売されていますが、当初はホワイトしかありませんでした。
2010年よりブラックとオレンジの2色が加わっています。

OXO International サラダスピナー

松本 知彦 for Private Time/2013.07.18/ライフスタイルライフスタイル

以前もこのブログで紹介したブランド、OXOのサラダスピナーです。
2004年にグッドデザイン賞のユニバーサルデザイン賞を受賞しています。
この商品を最初に見た時は「なるほど!」と思いましたね。
ワクワクするほど素晴らしいです。

img

サラダを作るとき、野菜を洗って置いておくだけでは、なかなか水切りはできません。
簡単に、短時間で水を切りたい、そんな時はこのOXOのサラダスピナーなのです。

透明のボウルに洗った野菜を入れてフタを締め、フタについているノブを押すと、内側のバスケット部分のみが回転し、遠心力によって水切りができるという優れもの。
水が切れたらブレーキボタンで回転を止めて、中の野菜を取り出します。
ノブは柔らかい素材でできていますが、濡れた手で触っても滑らない加工、ボウルの底にも滑り止めの加工がされていて気が利いてます。
収納するときは、ストッパーでノブを格納することができるので、場所を取りません。
さらに、水切りした野菜をボウルに入れたまま冷蔵庫で保存することも可能です。
う~ん、ナイス。

imgストッパーでノブを格納した状態です。ストッパーをはずすと中心の黒い部分が飛び出します。

imgバスケットとボウルの二重構造になっています。

うちにあるのは初期型ですが、現行タイプはフタが透明に変わっていて、上からでも中身が確認でき、さらに便利になっています。
いつも思いますが、OXOっていうブランドは素晴らしいですね。
頭を使った画期的なデザインで生活を豊かにするプロダクツを多く発表しています。
デザインはこういうところに活用されなければいけません。

サイズがいくつかありますから、家族の人数に合わせて是非1台どうぞ。
こちらも一緒に。
http://blog.10-1000.jp/cat28/000939.html
どちらもオススメです。

柳宗理 グレープフルーツスプーン 

松本 知彦 for Private Time/2013.07.12/ライフスタイルライフスタイル

ここ1週間は忙しくてブログの更新ができませんでした。
来週はもうちょっと更新したいものです。
バターナイフに続き、またまた柳宗理のカトラリーの紹介です。
こちらも素晴らしい商品。

imgお気に入りというよりかなり実用的

img先端がギザギザ

皆さんはグレープフルーツを食べる時どのように食べていますか?
僕はグレープフルーツ専用のこのスプーンを使っています。
このグレープフルーツ専用のスプーン、あるようであまりない商品ですよね。
インポートのカトラリーシリーズでは、なかなか見かけないと思います。
しかし僕のようなグレープフルーツ好きにとってはマストな商品なのです。

このスプーンが見あたらなくて、普通のスプーンを使わなければならい時には、かなり、かなり不便を感じてストレスになります。
たとえばホテルなどで。
1度体験したあとは、なくてはならない商品です。

img冷えたグレープフルーツをこのスプンで。本当はピンクグレープの方が好きなのですが。

他社の同じ製品は、持ち手のところが野暮ったかったり、必要以上に細かったり長かったりで、スプンについているギザギザの機能は同じですが、見た目はまったくよろしくないです。
そこはやっぱり柳宗理。
軽いし、シリーズの他のカトラリーと同様、一見どこにでもなる何の変哲もないデザインなのですが、使ってみると使いやすい。
グッドデザイン賞なことを実感できます。

今日も暑いですが、がんばって働きましょう。

柳宗理 バターナイフ 

松本 知彦 for Private Time/2013.07.03/ライフスタイルライフスタイル

以前もこのブログで紹介した柳宗理のカトラリーをもう1度紹介します。
その中でも今回はバターナイフにスポットを当ててみましょう。
他のカトラリーがスマートなデザインなのに、このバナーナイフは相当に無骨なデザインです。
なぜでしょう?
それは使ってみてはじめてわかるのです。

img

柳宗理のカトラリーシリーズの中で突出してよいデザインだと感じるのは姫フォーク、グレープフルーツスプーン、そしてこのバターナイフだと思います。
1974年にグッドデザイン賞を受賞。
でもデザインを最初見た時はなんだか変なデザインで、なぜこれがグッドデザイン???と思っていました。
通常バターナイフはもっと小ぶりで、ナイフの部分がこんなヘラのように大きくありません。
しかし使ってみるとこれがですねぇ、使いやすいんです。

img

imgバターを塗るための面が他のバターナイフより大きいです。

大きすぎるのでは?重いのでは?
全然気になりません。
むしろこのくらいの大きさの方が使いやすいサイズだと思えてくるから不思議です。
やはり実際に使わないとわからないということを痛感しますね。
デザインには理由があるのでした。
特にトーストにバターを塗る時はとても使いやすいです。

imgやっぱりヘラの部分がでかいですね。

僕は今日もこのナイフを使ってパンにバターを塗っています。
北海道産のよつ葉バター、こちらも一緒にオススメしちゃいます。
おいしい。

OXO International アングルドメジャーカップ

松本 知彦 for Private Time/2013.06.19/ライフスタイルライフスタイル

2004年にグッドデザイン賞ユニバーサルデザイン賞を受賞しています。
1000ml、500ml、250mlの3種類に加えて、大さじ4杯分までの調味料が計量できる60mlのミニサイズがあります。

img

この計量カップの何がすごいかというと・・・
通常、液体をカップに入れて計量する場合は、実験用のビーカーのように、容器の側面に印刷された目盛を見ながら、注ぐ量を調節します。
この場合、腰をかがめて横から目盛を見たり、カップを持ち上げたり、という動作を繰り返すわけですが、このニューヨーク生まれのOXO(オクソ)のカップは、上から見て計量できる画期的な商品なのです。
傾斜のついた内側の目盛りを上から見るだけで、簡単に計量、調整することができます。
これで米国で特許を取得してるんです。

img1000ml、500mlのカップ

img上から見るとこんな感じ。

imgスタッキングもできます。

それだけではなく、
・mlとcupの両方で目盛を表記
・中身を移すときに、注ぐ口があるので便利
・ぬれた手で触っても滑らない、持ちやすいグリップ
・食洗機の使用も可能
・他のサイズとのスタッキングもOK
などなど、他にもメリットがたくさん。

そして決して高くない。
普段使う製品は、こうでないといけませんよね。
優れたデザインに付加価値があるからと言って、高い価格設定がされている商品はどうかと思います。
気軽に購入できて、手軽で使いやすい、そして美しい、日常生活を豊かにしてくれる道具。
こうあるべきだと思います。

img食洗機でも洗えます。うちで使っている30年前のアメリカ製の食洗機の上に置いて撮影。

ALESSI  GIROTONDO KITCHEN BOX AKK58

松本 知彦 for Private Time/2013.06.11/ライフスタイルライフスタイル

キャラ商品って大抵はファンシーで、ちょっとチープなイメージなんですが、ALESSIの製品は例外です。
このシリーズ、登場してからずいぶん経ちますが、まだまだ健在。
かなりのヒット商品です。

img

同じキャラを使ったシリーズで、ゴミ箱とかボウルとか、いろんなものがあります。
きっと皆さんもどこかで見たことがあるでしょう。
このシリーズ、ジロトンドっていう名前なの知ってました?

ジロトンドとは、日本でいうところの「かごめかごめ」に似たイタリアの子供の遊びだそうです。
子供が輪になって遊んでいる様子を、キャラクターで表現したもの。
ステファノ・ジョバンノーニとグイド・ヴェントゥーリのユニット、キングコングによるデザイン。

imgこのキャラクター、インテリアショップ等で見かけたことありますよね?

img口の部分には半透明のゴムが装着されてます。

今回紹介するのは、そのジロトンドシリーズの1つ、パスタ入れです。
ガラスの瓶にジロトンドがシルクスクリーンで印刷されています。
ステンレスのフタのジョイント部分にはゴムのパッキンがついていて密閉性が高く、機能性の面でも優れています。
ただの瓶のパスタ入れと言ってしまえばそれまでですが、瓶にキャラがついているだけでキッチンに置いておくと楽しい気分になる商品です。

imgこの商品、あんまりペンスタンドには向いてないみたいです。

うちにはジロトンドのステンレスケースもあります。
こちらは子供の形を型抜きして、ふちを磨き上げた手の込んだ作り。
ペンケースとして使ってますが、隙間からペンがはみ出してきて、こっちはあんまり使いやすくはないですね。。

中田ハンガー 名入れオーダー

松本 知彦 for Private Time/2013.04.03/ライフスタイルライフスタイル

先日伊勢丹でハンガーをオーダーしました。
ハンガーをオーダーするなんて人生で初めての経験なのでちょっとブログに書くことにしました。

img

僕の大学の先輩に香港でお店を何店舗も経営して大成功を収めている人がいるのですが、その人にあることでお世話になったので、お返しに何かよいものはないか、しばらく探していました。
この人、相当な洒落者で当然の如く色々な情報も持っている。
服好きで、スーツをオーダーするためだけにイタリアに行っちゃう人なのです。
だから日本で購入できるものなんかほとんど知っていると予想され、そこらにある商品じゃ驚かないだろうという前提があり、何をあげたら喜ぶか、モノ選びに苦労していました。
普通ならサンタマリアノヴェッラなんかをあげるのですが、そもそもイタリアに年2回服を買いに行ってる人にはあげられませんからね。。汗

最初は200セット限定で発売されている元週刊プレイボーイ編集長、島地さんセレクトのハイボールのセットをあげようと思ったのですが、聞いてみると海外にお酒は送れないとのことで、ボツに。
セット内容は、タリスカー10年(ウィスキー)、トニックソーダ、ペアグラス、ペッパー&ミル、あと島地氏によるオリジナル名言コースターのセット。
ゴージャスで洒落も効いてて、しかも編集商品なので海外では手に入らない、だからちょうどよいと思ったのですが、残念でした。
自分用に買おうかなあと考えています。

imgスパイシーハイボールが自宅でもつくれるセット。なかなかオシャレ。

お酒がダメということで、困ったなあと思っているときに伊勢丹から送られてきた冊子にハンガーのオーダーの記事が出ていて、これにしようと思い立ち、早速伊勢丹へ。
服好きの洒落者にオーダーハンガーなんて、ちょうどよい贈り物と考えたのでした。
自分の名前が刻まれているハンガーなんて自分じゃ購入しませんからね。
受け取る相手が自分じゃ買わないけど、その人らしいものをあげるというのが贈り物の鉄則です。

img今回オーダーしたのはこのタイプのハンガーです。

img名前を彫ってもらう部分はこんな感じ。

img書体は7種類の中から選べます。

作っているのは中田ハンガー。
60年以上もハンガーを作り続けている兵庫県の老舗です。
そのハンガーにレーザーで贈る相手の名前を削って入れてもらいます。
洋服が好きな人ならきっと嬉しいんじゃないかなあと。

僕が見て一番欲しいと思った形があったんですが、1本3万5千円くらいするので、さすがにそれは本人が別の機会に別途オーダーいただくということで、、、(笑)、そんなに高くない入門編を選んで名前を彫ってもらうことにしました。

imgこれが1本3万以上するハンガーです。1つの木を彫りぬくという・・・でもカッコいいなあ。

できあがりまでに約10日。
ハンガー2本を箱に入れてもらって伊勢丹から送ると、送料が1万を超えるので、自分で郵便局から送ることにしました。
郵便局から送ると、香港まで2,400円。
正解です。

しかし、伊勢丹から送らないことを選択したので、名前を彫ってもらった現物の仕上がりは見てないんです。
本当なら仕上がりを確認して伊勢丹から送りたかったんですが、それができないので、商品受取り時に既に海外へ送る仕様で包装してもらったからです。
だいじょぶかなあ。
もしスペルのミスがあったら報告してください。笑

白山陶器 シェルシリーズ シェルボール

松本 知彦 for Private Time/2013.02.12/ライフスタイルライフスタイル

またまた白山陶器。
森正洋デザインのシェルシリーズ、シェルボールの4号と5号です。
1983年に発売、97年にはグッドデザイン賞のロングライフデザイン賞を受賞しています。

img

サイズは5種類。
青山の白山陶器のお店で購入しましたが、Webで探そうとしても見つかりません。
なぜだろう?

厚みがあってどっしりしていて重さがあります。
表面にはギザギザがあって滑らず、持ちやすい、
裏はマットで、滑らなくて重宝します。
白磁は料理も映えますね。
白山陶器と森正洋のダブルネーム。

img

1983年スペイン・バレンシア第13回国際工芸デザイン展陶芸部グランプリを受賞し、ヨーロッパやアメリカで80年代90年代大人気だった商品です。
ニューヨーク近代美術館の1983年クリスマスカタログの表紙も飾りました。
こういう商品が今も継続して販売されているのは、とってもうれいしいことですね。
皆さんの家にも1つあるときっと重宝します。
使いやすくて美しい、オススメです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版