タンタン月ロケット

松本 知彦 for Private Time/2012.03.06/インテリアインテリア

タンタンの話の中に、ロケットに乗って月面へ行くお話があります。
僕がタンタンのファンだというのは、以前このブログでも書きましたが、うちにはこの月ロケットの模型があります。

img

img

img

以前、ピエールというフランス人の友人と一緒に、彼の友人で同じくフランス人の家に遊びに行った際、このロケットの巨大なオブジェ(模型)が部屋に置いてあってびっくりしました。
そして、やっぱフランス人はタンタンが好きなんだ、ということを改めて感じましたね。
タンタンのキャラクターって日本で言えば何でしょう?
冒険ダン吉?のらくろ? 
時代的にはそのくらいだと思うんですが、今の日本人には古すぎて、冒険ダン吉の本を持ってるどころか、きっと知ってる人もいませんよね。
僕は本持ってますけど 笑
みんなが愛着持っているのは、ウルトラマンや仮面ライダーなどTV時代からでしょうか。

img

さて、うちにある月ロケットは木製で高さが40センチくらいあります。
以前、代官山にあったタンタンショップで購入しました。
量産品でなく、フランスから輸入しているので3万くらいしたと思います。
高っ。
リビングに飾っていますが、これを見てタンタンの月ロケットだとわかる人は、今まで一人もいませんでした。笑
息子もタンタンが大好きですから、僕がいなくなったあとも、きっと彼は部屋に飾ることでしょう。
僕は父から何も受け継ぎませんでしたが、親から受け継ぐもの、それが嗜好品ならなおさらいいと思います。
そんなことを考えている自分がいるんだなぁということに気づかされるのでした。

img

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版