Alberto Meda ROLLING FRAME

松本 知彦 for Private Time/2012.05.31/インテリアインテリア

イタリア人デザイナー、アルベルト・メダがカッシーナ向けにデザインしたアルミフレームの構造を持つ椅子です。
座面、背もたれがメッシュで圧倒的に軽いのが特徴でしょう。

img

アルベルト・メダと言えば、1998年にVitra社から発表したオフィスチェア「メダ」がとても有名ですね。
ハーマンミラー社のアーロンチェアと並んで、オフィスチェアのスタンダードとなった椅子です。
このアルベルト・メダという人、アルファロメオで5年間デザイン部長を務めていたんですね。
カーデザインを手掛けていた人が、その後ファニチャーもデザインするというのは、結構よくあるケースなんでしょうか。
先日このブログで紹介したヤカンのデザイナー、リチャード・サパーも以前はメルセデスベンツのデザイナーでしたが。
なんだか意外な気がします。

メダに続いて発表した「メダ2」は、現在もヒットを続けています。
こちらはhhstyle.comで扱っているので、機会があれば座ってみてください。
http://www.hhstyle.com/cgi-bin/omc?port=33311&req=PRODUCT&code=106000201

img

このローリングフレームはオフィスでの利用を想定した椅子だと思いますが、座面がとても固くて寛ぐことはできません。
見た目は美しいですが、この椅子に1日中腰かけることは、結構疲れるのではないかと思います。
そういう意味ではミーティングスペースなどに適した椅子なのかもしれませんね。
うちではPC用の椅子として使っています。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版