尾田伊生家具工房  ケヤキスツール

松本 知彦 for Private Time/2012.06.04/インテリアインテリア

スツールっていう商品は普通の椅子と違って、あまり売っているのを見かけませんよね。
そこにデザイン性を求めるとなると、、、あまり選択肢がありません。
スツールを探している時、目黒のマイスターで見つけて購入しました。
無垢のそのままの素材に惹かれます。

img

尾田伊生は、主に国産の広葉樹を用いた一枚板のテーブルやスツールなどを中心に、素材にこだわったオーダー家具の制作をする木工家具作家です。
「木それぞれの個性を生かすことが大切。作家性が木の個性に勝ることがあってはならない。」というこだわりを持って、すべてハンドメイドで作っています。
デザインで主張しすぎることなく、しかしながらシンプルだけど個性がある表現が魅力ですね。

作品はすべて1点もの。
うちにあるのは、ケヤキで作られたスツールですが、ブナや桜で作られた同じデザインのスツールもありました。
1つ1つ素材が違うので、少しずつデザインが異なっていておもしろい。
経年変化を楽しみながら、長く大切に使いたいですね。

img座面が小さいのに座りやすいのは、椅子の高さのせいかもしれません。

うちでは玄関で靴を履くときに、またキッチンで料理をしながら座るときに、時には子供の宇宙船の操縦席として使って(使われて笑)います。
スツールって1つあるととっても重宝しますね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版