二子玉川 STANDARD TRADE

松本 知彦 for Private Time/2014.04.04/インテリアインテリア

前回このブログで恵比寿にあるインテリアショップ、パシフィックファニチャーサービス(PFS)を紹介しましたが、今回は二子玉川にあるスタンダードトレードを紹介します。
PFSより媒体に出ることが多いので、こちらのお店の方を知ってる人もたくさんいるのじゃないでしょうか?

imgこりゃ店の場所わかりませんわ。

img二子玉川沿いに等々力方面へしばらく行きます。

しかし、、、、常にある疑問が。
知らない人が見たら同じ店?と勘違いするくらい扱っているプロダクツが似ているのです。
2つともアメリカの古き良き時代の家具を再現する、いわば立川の横田基地テイストをコンセプトにしたお店ですが、それにしてもこんなに似すぎてていいの?と思いますよね。

無垢の床材にはじまって、デスク、テーブル、チェアまで、材質も色も商品ラインナップもかなり似ています。
PFSは最近Webサイトをリニューアルしましたが、以前はサイトのデザインまでそっくりでした。
こんなこと許されるのかしら??
そう思って調べてみると、スタンダードトレードのオーナーである渡邊氏は、以前PFSに勤務していた人のようです。

勤務していた会社で学んだノウハウを、辞めたあとに自分でやってるわけです。
そこまでは問題ないと思うのですが、以前いた会社とガチの分野に出店し、シェアも奪っていくという・・・・
まあテイストやスタイルに特許があるわけでもないですから、やるのは全然問題ないとは思いますけど、、、いいのかなあと少し考えちゃいますよね。

img無垢のヘリンボーンの床がいい味ですね。

imgこのスツールかなり欲しいんですけど。

imgこの一人掛けソファも可愛い。

2社が異なるのは、スタンダードトレードはオーナー自らが媒体に出て、自社でリノベーションした自宅を公開するなど、広告塔を務めている点でしょう。
自分で書いた自社のブランド本も出してます。
PFSにはそんなアプローチはなく、個人に依頼されてリノベしたお宅の紹介が時々媒体に出ている程度。
でもプロダクツや内装という売り物=商品だけでなく、そこにオーナーの具体的なパーソナリティや考え方の訴求を加えると、一気にプロダクトが魅力的に見えてくると言う、、人はやっぱり大事ですね。
消費に対する誘因には人間によるストーリーテリングが、かなりの影響力を持っていると思います。
モノだけでは弱いのですね。

imgブルータスに掲載された自社でリノベしたオーナーの自宅

大阪にトラックという、これもその筋では有名は家具屋がありますが、オーナー自身(プラス犬←重要)が媒体に出ることによって、その世界観を受け手にダイレクトに伝えています。
それが成功の1つの要因にもなってるのです。
ファン心理ってそういうものですよね。
商品が好きな人はそれを作っている企業が気になるものです。
同じようにオーナー自身が語っているスタンダードトレードの方が、PFSよりもブランドの世界観を伝えやすい=消費者がパッケージとして理解しやすいという結果になっているのじゃないかと思います。

以前PFSの人に聞いたら、スタンダードトレードの方がメディアに出る頻度が高いので、PFSはスタンダードトレードのパクリですか?とよく言われると言ってました。汗
まあ、どちらが早くにこのビジネスを始めたのかは置いておいて、
僕はどちらが好き嫌いということもないですが、この2社は今後どうなっていくのか見守っていきたいですね。
どちらも頑張って欲しいものです。

img2階もあります。

img2階にも家具がたくさん。ここは福生?錯覚します。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版