日差しが入るお風呂は採光(最高)です

松本 知彦 for Private Time/2015.08.20/インテリアインテリア

このブログを読んでくださっている方の中で、将来家を建てようと思われている方いますか?
今回はそんな方へ、僕が経験したことで取り入れたらとてもよいと思っている事例を1つ紹介します。

img今日はお風呂のお話。

僕が家を建てることを計画したのは今から10年くらい前。
両親のための家でしたけれど、好きな建築家を指名して彼らと共同で作業することは最初のうちはとっても楽しかった。
しかし、プロジェクトが徐々に進むうちに色々面倒なことが露呈してきて、、、、家を建てるということは物凄く労力を使うことで、今から思い返しても大変だったなあとつくづく思います。
家の場合、建築家と施主が建築を通して仲良くなるということは、ほとんどの場合ないのじゃないでしょうか。
自分の作品としてメディアに発表したい建築家と、自分たちが住む家として夢の実現と考えている施主。
ゴールが異なっているわけですから、プラン、お金、デザイン、仕様、色々な点でぶつかり合うことになるのです。
特に施主がデザイン面で具体的な要望を持っていたりすると、すべてせめぎ合いです。
そんなこともあって家を建てるというプロセスについては、あんまり思い出したくないことも多々あるのですが 汗、その中で今でもこれはよかったなあと思うことがあります。
それはお風呂です。

img普段あんまり考える機会はないですが、天窓があるってよいものなのです。

img天窓からバスルームにお日様が燦々と。

体験しなければあまりわからなかったことですが、お風呂に天窓をつけると、とても気持ちがよいということ。
これがあるとないとでは、相当バスタイムの楽しさが変わると思います。
プラン当初は、1階にお風呂を設置する計画だったのですが、途中で変更を依頼して2階にお風呂を移動させ、そこに天窓をつけてもらいました。
この変更は大きかった。

朝または午後のお風呂は最高です。
僕は休日など午後にお風呂に入ることも多いのですが、日差しがたっぷり入るお風呂は本当に気持ちがいい。
お風呂が1階にあったらこういう体験はできなかったでしょう。
設計変更を依頼してよかったなと今でも思っています。

imgコストがあがってしまうので積極的に天窓を作らない理由もありますが。。

ただしお風呂を2階に設置すると、バスタブはユニットバスしか選択肢がなくなってしまいますけど・・・
(鉄骨造のため防水の仕様を考慮するとそれしか選べない)
もしかすると打ちっ放しや木造だと他の選択肢もあるのかなあ。
お風呂を上階にすることでユニットバスしか選べなかったとしても、天窓のメリットは捨てきれません。
個人的には、もし家を建てる計画があるならば、お風呂には天窓を付けることを1度検討してみることをオススメしたいです。
理由はもちろん、日差しが入るお風呂は採光(最高)だからです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版