田中一光ポスター1980-2002  ギンザグラフィックギャラリー

松本 知彦 for Private Time/2012.02.20/クリエータークリエーター

先日、銀座グラフィックギャラリーで行われていた田中一光のポスター展に行ってきました。
この企画展は2008年に行われた「田中一光ポスター1953-1979」の続きで、今回は1980年から亡くなる2002年までの作品を集めたものです。
残念ながら前回は行けなかったので、今回は是非とも行きたい展覧会でした。

img

img

田中一光のポスターは、今までも何度か見ていますが、これだけ一堂に見られる機会もあまりないでしょう。
過去に出演したテレビ番組の貴重なインタビューを編集し、会場のモニタで流していた映像が特によかったです。
通常なら文字のみでの解説ですが、本人が語る映像は、非常にリアリティがあります。
70年代や80年代の映像は、こうした機会がないとなかなか見られないと思います。

img

極めてシンプルな構成で、厳格なグリッドシステムを用いながらも、決して型には収まらず、伝えたいことを一瞬にして見る者に伝える。
そしてフィニッシュが洒脱だということが素晴らしい。
本人も語っているけれど、京都の画家、尾形光琳にも強い影響を受けています。

スイスで生まれた構成主義には、厳格なルールが求められますが、より自由な表現への欲求に駆られて、この堅苦しいルールから抜け出そうと多くのデザイナーが試みます。
しかし50年以上が経過した今でも、スイス構成主義は光を失っていません。
田中一光の作品を見ていると、厳格なルールに沿った機能的側面と感性的側面の両方を持ち合わせ、絶妙なバランスを取っていることがよくわかります。
西洋から入ってきたグリッドシステム、その規範に則った上で、日本人が感じる日本独自の感性を表現しています。

奈良に生まれて京都で育った田中一光、同じく江戸時代に京都で活躍した尾形光琳、東京の土地でこれらのデザインが生まれたとは思えません。
日本的なもの、そして関西、その中でも京都という土地には特別なDNAがあるような気がします。
展覧会は、今週一杯やってますから、是非足を運んでください。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版