まこ展のレポートをアップしました

松本 知彦 for Private Time/2014.06.17/クリエータークリエーター

今年5月に3階のSPACE8で行われた「11年目のまこである展」には多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
連日、かなりの来場者で展示は大盛況でした。

何人の方が見に来てくださったか正確にはわからないですが、芳名帳を見ると800人の名前がありますので、たぶん1000人は軽く超えていると思います。
改めてまこの人気を実感しました。

友人である主催者の優太郎氏に聞いたところ、特にプロモーションしたわけではなくて、ブログとFacebook、twitterでお知らせしたのみとのこと。
ファンはSNSを相当にチェックしてるんですね。
すごいなあ。

会期中に、今回展示を行った優太郎氏、映像作家の大谷さん、インスタレーションを行ったBALさんにインタビューを行いました。
その記事をアップしたので興味のある方は是非読んでみてください。
↓↓
「11年目のまこである。」出版記念写真展レポート

imgレポートぜひチェックしてみてください

うちのスタッフを全員集めて、優太郎氏によるクリエイティブ談義もやってもらいました。
カメラマンのアシスタントを経て、エディトリアルデザイナーへ、そしてまこの出版という経歴を持つ優太郎氏は、常にクリエイティブに携わってきた人。
そういう人の話が聞けるのは、同じクリエイティブに携わる者として、きっと刺激的なのじゃないだろか、勉強になるのじゃないだろか、と感じて松本が彼に頼んだのでした。
そういう話が聞けることも、ここで働く人の特権というか笑
でも有意義な話なので、スタッフだけではなく本当はみんなに聞いてもらいたかった。
それをちょっとでも感じてもらえれば、ということで話の内容を記事にして掲載しています。

img今回クリエイティブ談義をお願いした友人の優太郎氏

しかしまこ展の展示はすごかったなあ。
準備に朝から晩まで5日間、相当気合入ってました。
半端じゃないっす。
来た人もすごーいと言ってましたが、人を驚かすってことは手間がかかるってことですね。
愛情を感じます。
来場いただいた方はそんな展示のことを思い出して、来られなかった方はまこを身近に感じるために、是非グッズを購入してみては?笑
オンラインショップでは、SPACE8限定販売の写真が新しく追加されています。
こちらもチェックしてみてください。
↓↓
http://space8.jp/store/products/list.php?mode=filter&category_id=23

img展示はホントめちゃめちゃ気合入ってました。見せ方の参考になりましたね

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版