SPACE8の次の展示は「やる気まんまん」!!

松本 知彦 for Private Time/2014.09.16/クリエータークリエーター

SPACE8で開催していた「カワイイの原点 高橋真琴展」は昨日で終了しました。
会期中はたくさんの皆さんに来て頂き、本当にありがとうございました。
日本のカルチャーを作った真琴さんの貴重な原画をこんなに近くで見ることができて、そこには発見やオドロキ、感動がありました。

imgこの肩に乗っているキャラクター、1度は見たことあると思います。

さてそんな中、次の展示の企画が進行中です。
皆さんは「やる気まんまん」というマンガを知ってますか?
牛次郎の原作で、横山まさみちさんが描いた成人向けマンガです。
タイトルを聞いて知らないなあと思っても、絵を見たらきっと思い出すと思います。

この「やる気まんまん」、夕刊紙の日刊ゲンダイに1977年から2003年まで、なんと26年も連載されていたエロマンガなのです。
あんまり話題にされませんけど、毎日出る新聞に26年間も連載を続けたというのはスゴイことです。
しかも小さい4コマ漫画などではなく、タブロイド紙とはいえ紙面1ページを使って連載された作品ですからねえ、驚きです。
そして内容はエロマンガですよ!!
もちろんセックスと性描写でストーリーが構成されているのです。
週刊誌じゃなくて、エロマンガを毎日新聞に連載ですよ。
今じゃ考えられないですよね。
スゴイパワーです。

img会場では今は手に入らない、レアな単行本も販売します。

imgオットセイ、懐かしい!

子供も普通に見る一般の新聞に連載されていたマンガですから、閲覧者の年齢制限はありません。
しかしあまりにリアルな描写はまずいので、男性のアソコはオットセイ、女性のアソコは貝で表現されています。
このオットセイのキャラクターを見たら、みんな思い出すのじゃないでしょうか。
アニメ化もされましたが、杉作J太郎さんが監督した実写版も話題になりました。

次回は、この「やる気まんまん」の原画展をSPACE8で開催することになりました!
高橋真琴さんの描く作品は女子が必ず通ってきた少女のあこがれの世界、次回の展示は男子が必ず通る道、しかも中学生からおじさんまで幅広い男子が通って来た道なのです。笑
少女世界からエロマンガ、展示内容の振り幅がものすごいでしょう?笑
しかしどちらも息のなが~い活動で、その分野を開拓した第1人者として、リスペクトされるべき作家なのです。
今回は父親同士も顔見知りですが、息子同士の交流から展示が実現しました。
http://space8.jp/schedule/2014_11/

img登場する女子のキャラクターの顔だけは女の人が描いていると知りました。

男子のみならず、女子の皆さんも是非見に来てください。
ある意味、こういう機会がないと見られないと思います。
展示は9/25~10/3まで。

高橋真琴さんの少女イメージを見て癒され、横山さんの「やる気まんまん」を見て元気を出して行きましょう!
お待ちしています。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版