なんと30年前のメンバーでグループ展を開きます!!

松本 知彦 for Private Time/2016.02.25/クリエータークリエーター

僕は美術大学に通っていました。
それは中央線の国分寺駅から20分に1本しかない電車に乗ってしか通えない、ここ東京?っていうくらい田舎で、辺鄙な場所にある大学でした。

imgグループ展のタイトルは「Reunion=再会」です

美術大学に行こうと決めたのは高校1年生の頃。
美術の先生や先輩の勧めもあったけれど、絵が好きだった自分にとっては自然な流れでした。
美大受験専門の予備校に通わないと美大には受からないこと、予備校には2浪、3浪の人がウジャウジャいること、東京には美術大学が4つしかないこと。
美大を目指すようになって、今まで全然知らなかった閉じた世界を知りました。
高校で美大を目指していた同級生は僕を含めて2人だけだったけど、周りからはちょっと変わった奴という目で見られていたと思います。

浪人はせず、無事合格した大学に入学してみると、全国から集まった変わった人たちだらけで、本当にカルチャーショックを受けます。
高校でマイノリティだと思われていた自分が、ここではまったくそんなことを感じない、好き勝手に何でもできちゃう、そんな感覚に最初は戸惑いつつも、徐々に楽しいと感じるようになっていきました。
そんな変わった共通感覚(笑)を持つ友人たちとグループ展をやろうという企画が持ち上がったのは確か2年生の頃です。
大学の敷地内に建つ課外センターという建物の1階に、通常は学生たちが勉強するための作品~バウハウスだったり、フルクサスだったり歴史的な作品を展示するスペースがありましたが、学校側の許可を得てそこを借りちゃおうという話でした。
僕はグループ展というものに参加するのは、たぶんはじめてだったんじゃないかなあ。

メンバーがどのように集められたか忘れちゃいましたが、専攻する科も年齢も、もちろん作る作品の方向性も違っている9人の共通点は、ただ仲の良い同級生というだけでした。
と今書いているものの、僕はこのグループ展について最近まですっかり忘れていたんです。
思い出したきっかけは、2年くらい前にメンバーの一人から送られてきた画像でした。
いやあびっくりしましたね。
その友人、なんと30年くらい前に開かれたグループ展のポスターを持っていたのです!

もう1度同じメンバーでグループ展ができたらいいねぇという話をその友人としているうちに、それが現実になりました。
ちょうどうちのギャラリーを閉めてオフィスにするという話が出ていたので、それなら閉める前にうちで開こうということにしたのでした。
当時の9人全員は集まりませんでしたが、それ以外の同級生も加えて11人でグループ展を開くことに。
こんなことってあるのですよ。
びっくりですよね。
連絡を取り合って、30年ぶりの嬉しい再会がありました。

img木のビジュアルは今までの時の流れを表現しています。

メンバーは、
ルイヴィトンやエルメスなどのビッグメゾンと仕事をするワールドワイドなアーティスト、河原シンスケ
誰でも知っているあの芸能人のスタイリングを手掛けつつ料理も作って振舞う、河部菜津子
ラグジュアリーな箱根のホテルで知られる強羅花壇での個展を終えたばかりの、きしくり
ソニーのインハウスデザイナーからヨーロッパ生活を経てフリーに転向した和を愛する、スワミヤ
Space8でも個展を行ったフランス発デコパッチを専門とするペーパークラフトアーティスト、ツカモトリカ
リリーフランキーの書籍にもよく登場したイラストレーターは今京都の大学教授、都築潤
学生時代からおしゃれで寡黙な美術作家にして今は専門学校の先生も務める、富谷智
北海道と群馬を拠点に、みんなに愛される明るい性格と美術を愛する純粋な気持ちを失わない、半谷学
マンガとお菓子、そして民芸、お菓子研究家として20冊以上の本を出版する、福田里香
巨匠毛利彰の娘にしてイラストレーター、そして最近は絵本作家でもある京都在住、毛利みき
最後に、チマチマした絵を描く、松本知彦

いやあ僕以外、みんな偉くなっちゃってます・・・・
というわけで皆さん、同級生でグループ展を開くことになりましたので、同級生はもちろん、それ以外の方も是非見に来てください!
ポスターはスワミヤちゃんに作ってもらいました。
離れていた円が再び1つに集まるというナイスなコンセプト。
↓↓詳細はこちら↓↓
http://space8.jp/schedule/16_04/

来週の金曜日、3/4からの開催です。
3/5の土曜の夜と、3/6日曜の昼には、河部菜津子が手料理を振舞うスナック725が開催されます。
その際に来てもらうと、きっと色々な人と楽しい会話ができると思います。
待ってますよ!!

ただ1つ心配なのは、、、、自分が出す絵がないことです・・・汗

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版