ボンドスーツ その2

松本 知彦 for Private Time/2011.02.10/ファッションファッション

前回の続きですが、大好きな007に触発されてまたボンドスーツを作ってしまいました。
お店はブリティッシュスタイルで有名なバタクハウスカット。オーダーしたのはコンジットカットというショーンコネリーが着ていたJAMES BONDモデルです。コンジットとはボンドのスーツを作ったアンソニー・シンクレアのテ-ラーがあったロンドンの通りの名前です。

img

伊勢丹新宿店が出しているMI6(ボンドの在籍する英国秘密諜報部の部署名)モデルのスーツも持っているので、これでボンドスーツは2着目になります。
採寸を担当してくれたH川さんは映画の色々な資料を出してきて、ボンドスーツについて説明してくれました。大人のスーツですという割には、ボンドの説明を細かくするのでそのギャップに笑ってしまいました(笑)。
いや大人として真面目にボンドのスーツを作るので、きっとそれは正しいことなのでしょう。

さて、バタクハウスカットのコンジットカットはポケットにフラップがありませんが、このモデルは2作目「ロシアより愛をこめて」でボンドが着ていたスーツを参考に作られているとか。
家に帰ってさっそくDVDをチェックしましたが、2作目でボンドが着ているスーツはラペルが細いのは同じですが、どれもフラップ付きでセンターベントのものもあり、「ロシアより~」をモデルにしているのではないのじゃないかと。
一応1作目の「ドクターノオ」を見たら、こちらはボンドがホテルに宿泊しているシーンで、サイドベンツ、玉縁ポケット、2プリーツのベルトレスパンツが出てきて、参考にしているのはこちらなのではないかと思いました。

img

しかし、普段相当にタイトなスーツを着ているのに慣れているせいか、ゲージモデルを着てみると非常に緩い感じが。
特に肩の余り具合とパンツの太さ、股上の深さは持っているスーツにはない感覚です。
これだけ肩が余って2プリーツの太いパンツを履くなんてバブルの頃以来、、、ボンドのスーツってもっとタイトなのじゃ??というのが何度も頭をよぎります。
もう少し詰めてほしいとお願いするのですが、それはやりません、と断られてしまうんですね(笑)。ポケットにフラップつけられますか?と聞いても、やりません、と言われてしまいました。
バタクハウスカットでオーダーするのははじめてですが、こういうやり取りは他の店にはないなあ、とある意味新鮮でしたけど。。でもH川さんは、だいじょぶです、これは保証します、と強く推すので結局その通りにしましたが(というより、その選択肢しかないので・・・苦笑)、それでもやっぱり不安です。。
しかし、細かい部分のディティエールはかなり作りこまれているようで、帰宅して映像を見ると映画に忠実な印象を受けました。
伊勢丹のMI6モデルよりも完成度はかなり高そうです。
生地はこれまた英国製テーラー&ロッジの打ち込みの強いネイビーを選びました。上がりを楽しみに待ってましょう。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版