JOHN SMEDLEY

松本 知彦 for Private Time/2011.08.25/ファッションファッション

この英国製の3つボタンのポロシャツが大好きでした。
スメドレーに出会うまで、鹿の子ポロシャツを洗いざらしでゴワゴワのまま着ていましたが、はじめてスメドレーを着た時の感覚、柔らかくてカシミアのような着心地は忘れられません。

img

はじめて着たのは20代後半くらいだったと思います。
スメドレーを着ると、自分が確実に1歩大人になったように感じて、スメドレーが自分を大人にしてくれる感覚がありました。
ポロシャツとは本来スポーツをしたり、寛ぐ時のためのアイテムです。
でも僕にとってスメドレーだけは、ポロシャツなのにドレスアップできる唯一のアイテムでした。
夏になると、スメドレーばかり着ていた時期もありましたね。

シーアイランドコットン、日本語で言うと海島綿。
コットン100%なのにカシミアのような肌触りのこの素材は、西インド諸島の一部でしか採取できません。
16世紀後半に西インド諸島を植民地として統治していたイギリス王室へシーアイランドコットンが献上されてから、まずイギリス王室用のアイテムとしてこの素材が使用されるようになりました。

img

img

img

ジョン・スメドレーは1784年の創業。
日本は徳川幕府の江戸時代です。
どんだけ古いんだよって感じですね。
自分がスメドレーを知ってから、ロゴが何度か変わっていますが(自分の知ってる限り3回)、個人的には最初に出会った時のロゴが好きでした。
絵に描いた僕の好きなロゴは、今は使われていません。
現在はブランド名を欧文1行で表現して、最近また書体が変わりました。
ロゴ同様に本体も、着丈を短くしたり、台襟や腕のリブの仕様を変えたり、時代に合わせて微妙にデザインを変えています。

007のジェームズ・ボンドも愛した海島綿のシャツ。
自分にとってシーアイランドコットンは特別な素材です。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版