Maison Kitsune(メゾンキツネ)

松本 知彦 for Private Time/2011.08.31/ファッションファッション

今年買って気に入っているTシャツを紹介します。
フランスのブランド、メゾンキツネです。

img

このブランド、音楽レーベルとして多くのコンピレーションCDを出しているので、既に知っている人も多いと思いますが、僕はファッションで初めて知りました。
洋服はパリに住む日本人マサヤがデザインしていますが、グループで活動していて、音楽、アート、ファッション、様々な分野で作品を発表しています。

ファッションに関して言えば、今の流行のトラッドの流れを汲む、クラシックな服です。(と言ってもアメリカントラッドではないですが、)
クラシックに独自の解釈がなされていますが、アイテムはどれも極めて普通です。
しかし、どこか懐かしくてロマンチック。
飛び抜けて奇抜なデザインはなく、落ち着いて共感できるのは、デザイナーが同じ日本人だからでしょうか。

これは自分だけの意見ですが、日本人のファッションの義務教育があるとすれば、それはトラッドのような気がします。特に男性は。
ビームス、UA、トゥモローランドなど、全国規模で展開するお洒落入門編のセレクトショップで扱うアイテムはトラッドが基本だし(そこで働く販売員もまずオールデンから教育されるように)、みんな若いうちから入門編としてトラッドに慣れ親しむわけで、高校生でいきなりインターナショナルなデザイナーズブランド、たとえばマルジェラからデビュー、ZARAからスタートみたいなのは、日本の場合あまりないでしょう。
それは60~70年代に青春を過ごした団塊世代のお父さんたちの時代から、トラッドはずっと日本人のファッション観の根底にある気がします。
だからギャルソンの服を見ているより、キツネの服を見ている方が僕自身は共感できます。
僕もトラッドを手本に育ちましたから。

img

img

imgショッパーのデザインが、専門学校生の作品みたいで可愛いです。

キツネは現在、一部のセレクトショップで扱っているだけですが、今後間違いなくブレイクするでしょう。(もう既にしてますね・・・)
クラシックな服が熱狂的に若い世代に受け入れられるのは、3、4年前のトム・ブラウンと同じものを感じます。
しかし値段までトム・ブラウンと同じで、、、これはあんまり可愛くないです。

GreenやNumber Nineなど、同じ日本人若手デザイナーのブランドで、せっかく認知されたにも関わらず終了してしまったものも多いですが、キツネはブレイクした後も、がんばって続けて欲しいものです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版