LACOSTE  L1212

松本 知彦 for Private Time/2011.09.13/ファッションファッション

今日も残暑ですね。
まだ暑いので夏のアイテムで行きましょう。
誰もがご存知、ポロシャツで有名なブランドです。
僕は高校生の時からこのブランドが大好きでした。

img

高校生の頃、ラコステには生産国の異なる3種類の商品がありました。
本家フランス製、アメリカ製、日本製の3つです。
それぞれデザインが異なっていて、ワニの刺繍も違うので、同じラコステのポロシャツでも、どこの国のものを着ているか、当時は見ただけですぐにわかりました。

img

img最近はたくさんのヴァージョンが出てますね。

3つの中では、フランスからライセンス許可を得て作られていたアメリカ製のIZODを着るのが一番お洒落でした。
プレッピーの時代です。
ポパイなんかで見て、こぞって着ていましたね。
当時のトレンドだったトップサイダーもウォークオーバーもなくなってしまって(ありますけど 笑)、時代が変わった今でも相変わらず人気なのはスゴイことです。

フランス製や日本製と違って、アメリカ製のIZODは裾の身頃が後ろだけ長いのが特徴で、パンツから出して着ていたらすぐにわかるデザインでした。
日本製のものはワニのマークの中にLACOSTEという刺繍があって、、、ちょっとダサかったです。持ってましたけど 笑
しかし今では日本製ラコステの品質が一番と言われています。
タグを見ると持っているポロシャツはすべて日本製。
時代は変わりましたね。

高校卒業後、再度ラコステに惹かれたのは、クリストフ・ルメールがデザイナーに就任した2002年以降。
彼がデザイナーになって、デザインも広告も生まれ変わって新鮮でした。
以前代官山にあった彼のブランドショップの内装を、本人とやり取りしながら設計した友人に聞くと、彼はレアグルーブ好きでレコードをたくさん持っているとのことで、また好感持ったり。
そんなクリストフ・ルメールも今はエルメスのデザイナーです。
出世しましたね。

img

img

ラコステは1933年、フランス人テニスプレーヤー、ルネ・ラコステが創業しました。
当時の製造番号をそのまま継続するL1212というのが、定番モデルのポロシャツです。
今年からストリート+フレンチプレッピーをコンセプトにした新しいラインLACOSTE L!VEが出てきました。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版