lavenham

松本 知彦 for Private Time/2011.12.08/ファッションファッション

寒くなってきましたね。
僕は会社へ自転車で通っていますが、この季節、上に羽織るものが必要になってきました。

img

ナイロン製のキルティングジャケットで有名なラベンハム。
1969年にイギリスで誕生したブランドです。
元々は乗馬用に開発されたキルティングジャケットですが、同じような姿勢で乗る自転車にも当然機能的によいわけです。

突然、雨が降ってきた日などでもだいじょうぶです。
軽くていいですが、自転車に乗っているとキルティングの縫い目から風が入ってきて、防寒具としてはそんなに暖かくはありません。
サイドベンツ(腰の両脇に入ったスリット)で、乗馬や狩猟が文化であるイギリスらしいジャケットです。

img

以前は3着持っていましたが、今は地味なグレー1着だけです。
街では、スーツのジャケットの上に着ている人をよくみかけますが、個人的にはあんまりカッコよくないなあと思います。
このアイテムはカジュアルで着た方がいいのじゃないでしょうか。
女子がホワイトデニムをブーツインで、ラベンハムを羽織ったり、子供がハンターのブーツに合わせて英国風にコーディネートしているのを見ると、ちょっと可愛いなあと思います。
男子より女子が着た方が可愛い商品なんですね。
そういえば、ブーツで乗馬している女子の姿はいいですからねえ。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版