BLACK FLEECE by Brooks Brothers  オックスフォードBDシャツ

松本 知彦 for Private Time/2012.02.29/ファッションファッション

アメリカントラッドの記事の流れでもう1つ。

去年20年間着続けて、擦り切れてしまったアイクベーハーのBDシャツのことをブログで書きましたが、それに代わるボタンダウンシャツとして、今はブラックフリースを愛用しています。
これは着始めて、まだ4年くらい。
生地が厚くてしっかりしているので、アイクベーハー同様、20年着ても全然へこたれないでしょう。
あまりに生地がしっかりしているので、夏に着用するのはちょっと暑いです。

img

Brooks Brothersが創業した1918年以来、はじめて外部から招いたデザイナーがトム・ブラウンでした。
彼の登場によって、ファッションのトレンドはアメリカに移り、そこから現在まで5年くらい、アメリカントラッドの流れが続いています。
アメリカントラッドなんてモードと無縁のもの、と思っていた価値観を破り、60年代全盛のトラッドを再解釈して、新しい現代的なスタイルを表現しています。
お坊ちゃん風ですが、モードな要素があってノスタルジーで、カッチリ生真面目なのが、とてもよいですね。

僕は10代の時、IVYが大好きでしたが、今そんな恰好をする気にはなれません。
しかし、やっぱりトラッドなアイテムには、どこか心をくすぐられてしまうのです。
これからの季節、夏のシアサッカーやコードレーンのスーツなどがそれですね。

20代、30代で、全身トラッドで決めた男子は、やっぱり好感が持てます。
マルジェラのスーツ着ている人より、ラルフローレンのスーツを着ている人の方が、500倍好感持てます。個人的に 笑。
でもそうじゃない?

img

ブラックフリースが日本のマーケットに登場してきたときは、ものすごく高価でしたが、最近は円高の影響なのか、若干値段も下がっています。
同じブランドで、シャツの前立て部分にトリコロールのテープを縫い付けたデザインも出てきていますが、それは好きではありません。
BDシャツは何の飾り気もなく、シンプルで、洗いさらしでゴワゴワしてるのがやっぱりよいと思います。
この洗いたての無骨なゴワゴワ感が非常に重要です。
だからボタンダウンに限っては、生地はしっかりしていないといけません。
変に洒落たデザインなんかにしないで、生地と縫製だけで勝負して欲しいですが、だったらブラックフリースじゃなくてブルックスブラザースでいいじゃん、ってなっちゃうんでしょうねえ、きっと。
でもトラッドど真ん中はちょっと・・・ってうるさいですよね、はい。
そんな感じです、編集長。

imgおまけで、ニットのパイピングジャケット

img金属のボタンに掘り込まれたブルックスのマーク。可愛いです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版