CRUCIANI ネイビーポロ

松本 知彦 for Private Time/2012.08.07/ファッションファッション

僕はTシャツがあんまり好きではないのです。
だから夏はポロシャツをいつも着ています。
なぜだかわからないのですが、襟がないとどうも落ち着かないんです。
Tシャツにジャケットとか、岩城滉一風に素肌にVネックのセーターとか、どうしてもできないんです。

img

そんな夏のポロシャツの中でお気に入りはクルチアーニです。
おフランスからやってきたラコステが大好きなのですが、ラコステにはないサイズ感、生地感はやっぱりイタリアのモードを通過しているからでしょう。
肉厚のごっつい生地でできています。
ごっついので暑いのじゃないかと思いきや、意外に涼しいんですね。

英国のジョンスメドレーも大好きなのですが、洗濯機でじゃんじゃん洗えないという弱点があります。
柔らかくて素肌にフィットする感じは最高なのですが、洗いざらしのゴワゴワ感も捨てがたい。
相当に暑い日、スメドレーは逆に、汗でぴったり肌に貼りつくので、イマイチです。
シーアイランドコットンは汗を全然吸いませんから。
きっとイギリスの気候にはあっているのでしょう。

img


暑い日は、洗ったばかりの綿のゴワゴワの方がいいですね。
カジュアルなのに、決して日曜のパパにならないサイズ感、パンツにポロシャツだけでも十分お洒落に品良く見える、そしてモンクレールのようにブランドマークがこれ見よがしに入っていない。
どこにでもある、どこのブランドかもわからない普通のネイビーのポロシャツなのだけれど、どこにでもない感じが好きです。

クルチアーニは1966年創業、ニットで有名なブランドですが、どっこいコットンもイケるのですね。
色が褪せるまで着込みたいと思います。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版