SAMUEL GASSMANN サミュエル・ギャスマンのカフス

松本 知彦 for Private Time/2013.02.07/ファッションファッション

フランス人デザイナー、サミュエル・ギャスマンのカフリンクスです。
黒蝶貝にアルファベットが刻印されています。

img

フレンチカフのシャツにカフリンクスを普段からしている人ってどのくらいいるでしょう?
たぶん日本で働いているビジネスマンの5%以下なんじゃないかと思います。
以前は帽子やタイピンと同様、紳士の身だしなみとして必携アイテムでしたが、今ではフォーマルを着る特別なイベント以外は、モチベーションを上げるためだけにアクセサリーとして存在する商品だと思います。
クラシック好きのコスプレにはマストな商品ですけどね。
でもカフスをするなら、一部の隙もないクラシック一辺倒なコーディネートではなく、気軽な感じでしたいものです。

img

img右手と左手で異なる自分のイニシャルをしています。

普段使いでもお洒落に使えるサミュエル・ギャスマンのカフリンクス。
一見ただのカフスですが、よく見るとイニシャルのアルファベットが刻印されているなんていいですよね。
それも決してこれ見よがしに、目立つように入っているわけではなく、注意して凝視しないとわからないのがよいです。

imgパッと見だけではわからないのがいいですね

白い貝のものもあるのですが、白は大文字が彫られています。
僕は小文字が刻まれている黒い方を選びました。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版