ディズニーの腕時計

松本 知彦 for Private Time/2013.02.21/ファッションファッション

一部の人しか知らないと思いますが、今腕時計でリボンベルトが静かに流行っているんです。
これはファッションでプレッピーが流行しているせいもあるんですが、これから夏になって腕をまくったりする機会が増えると、その兆しはもっと顕著になるかもしれませんね。

img結構うまく描けましたね。

さて、そんな腕時計の1本です。
なんと懐かしいミッキーの腕時計。
僕が高校生の頃には、この時計が流行っていて、周りでもしている友人が何人かいました。
特に女子ですね。
当時、IVY(ハマトラ?)にミッキーの腕時計というのはお約束だったんです。
クルーズやシーズのトレーナーにミッキーの腕時計、ファーラのパンツか巻きスカート、、、って言っても何を言っているのか今じゃさっぱりわかりませんよね。汗

僕は高校2年生から美術大学受験専門の予備校に通っていましたが、そこでもちょっと気になる女の子がこの時計をしていました。
その娘、オシャレでしたけど、絵は下手だった(!)
入試で美大は全部落ちちゃったけど、今頃どうしているのかなあ。
この時計は、自己愛が強くて可愛い自分が大好き、でも基本受動的で仕事はそんなにできましぇん、みたいな女子がしている印象があります。
本当に剛速球な偏見でスミマセン、特にこの時計をしていた女子の皆さん・・・笑
でも当時ロレックスのレディスしてた人とは、明らかに異なる志向性だと思います。

img

まあ、とにかく僕にとってこの時計は懐かしい商品で、店頭で見つけるなり購入してしまったんです。
最初ついていたのは黒のリボンベルトでしたが、買った時にトリコロールに変更してみました。
これなら夏に紺のポロシャツにも合います。
この時計、ミッキーの2本の腕が動いて時刻を示すというお約束の商品。
今じゃ携帯があるし、腕時計は本来の機能を失い、アクセサリーになっちゃいましたね。

今流行っているプレッピー商品の中には、自分が10代の時に好きだったものがたくさんあります。
今もう1度それらを買おうとは思わないんですが、でもこのミッキーの腕時計や、以前このブログでも紹介したLLビーンのバッグのように、懐かしくてついつい買っちゃうものもあるんです。
http://blog.10-1000.jp/cat32/000825.html

それは単なるノスタルジーなのか、変わらない定番商品だからなのか、はたまた流行っているからなのか、自分でもよくわかりません。
しかしファッションにおいて、一生モノとか、定番っていうのは個人的にはまったく信用ならないモノだと思います。
移ろいゆくからこそファッションなのであって、変わらないものは進化しないもの、それが脚光を浴びるのは、時代が巡ってニーズが再びそこにマッチしたからに過ぎません。
スタイルは生き方ですが、ファッションは表層で絶えず変化していくもの。
時代のトレンドやその時の気分に左右される人の感性は、本当にいい加減なものです。

このミッキーの時計が僕にもたらすもの、それは昔のちょっとした思い出、そして今の気分、それがブレンドされた形容しがたい感覚ですね。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版