ルームシューズのススメ

松本 知彦 for Private Time/2013.05.01/ファッションファッション

4年前からルームシューズを履き始めて好きになり、去年がピークで打ち止めと思っていたのですが、また今年も若干継続のようです・・・

img

冬でも僕はルームシューズを履きますが(もちろん屋外で外出用にです)、夏は特にスリッポンの出番。
夏の時期は、ほとんど毎日スリッポンで過ごします。
そんな中でルームシューズは出番の多い大好きなアイテムなのです。

img

ルームシューズが好きな理由。
まず履きやすいこと。
靴底が通常の靴のように縫われておらず、接着なので履きにくいと思われがちですが、なかなかどうしてこれが履きやすいのです。
本来、家の中でくつろぐ時に履く靴ですからね、履きにくいわけはないのです。

imgもともとは室内履きです。これでも中に靴下履いてるんですよ!

2つ目にスタイリングが貴族的になること。
この靴を履くときはジャケット必須です。
上はかっちりとしたテーラードジャケット、下はラフにデニムで、そこに合わせるのが好きです。
もしくはスーツでもよいです。
カジュアルだったら、何でもない普通のシャツ1枚に普通のデニムであっても、足下をスニーカーではなく、ルームシューズにするだけでいきなり貴族的な洒脱な感じになります。
1つだけで、これだけ全体の見え方を左右するアイテムというものあまりないでしょう。
ラルフローレンのようにプレッピースタイルとしても使えます。

3つ目はくるぶしを出して素足風に履けること。
以前このブログでも書きましたが、よく僕はジュンイチイシダのようだと言われますが、彼と違って僕は常に靴下は履いています(以前からココ強調してます!笑)
このスタイルは15年以上ずっと同じなのですが、周りから素足だと言われるので、まあ、そういうことにしておきましょう。
でも最近、外からは見えない短い靴下を履く人たちがここ2、3年でグッと増えてきたように思います。
以前は、短い靴下はどこのお店にもほとんど売ってなくて選択肢がありませんでしたが、最近は買える靴下の種類が増えて、ジュンイチとしては嬉しい限りです。

4つめは普通の靴より安いこと。
まあ、普通の靴と作りが違いますから、当然と言えば当然なんですが、この点は重要です。
スリッポンは消耗品ですから、安くて種類がある方がいいです。

imgトリッカーズのルームシューズはレディスもあります。女子にもオススメ。キルティングの内側が可愛いです。

ということでスリッポン、特にルームシューズが好きなのです。
今回はスペイン製で素材がフランネルの珍しいデザインと、オーソドックスな英国の老舗トリッカーズのルームシューズです。

雑誌を見ていると今年もルームシューズが流行るという記事をたくさん見ます。
でも去年もそう書いてありましたが、街中で履いている人はほとんど見ませんでした。
ヨーロッパではルームシューズが去年大ブレイクだったみたいですが、今年はもっと東京にも現れるのかなあ。

img

でも個人的には、もうこれでさすがに打ち止めにしたいと思います。
はい。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版