fiorio

松本 知彦 for Private Time/2013.07.31/ファッションファッション

1946年にミラノで誕生したブランド、フィオリオです。
主にネクタイ、スカーフ、ポケットチーフ、ハンカチなどを得意としています。

img

ここ最近、あちこちのお店に置いてあるのを見かけるようになりました。
なぜだろう?と思っていたら、ユナイテッドアローズが国内の代理店になったみたいですね。
UAってこのブランド以外にも、クロムハーツとかフェリージ、その他にもアスペジとか最近アライアンスビジネスを積極的に展開していて、やっぱりねえ、お金を儲けるってことはこういうこと、という気づきを与えてくれます。
そりゃUAというブランド1本だけで永続的に収益あげるのは難しいですからね。
尖った部分を残しつつ、全体の数字をあげていくっていうのは、難易度は非常に高いと思います。
でもUA、2期連続最高益ですからね、さすがです。
社長が変わってもがんばってますね。
感度を下げずに、多角的に展開するUAのモデルはいつも参考になります。

img

img

さてフィオリオの特徴はそのエレガントな色調と柄。
ファッションの国、イタリアの専業メーカーだけあって、ひと味違います。
ネクタイも数本持ってますが、今回はチーフの紹介。
夏はポロシャツを着る機会が多くなりますが、その際にアクセントとして、首にチーフを巻くことがあります。
シルクでもいいんですが、夏はやっぱり汗を吸収するコットンの方が使い勝手がよいです。

出かける直前にチョチョイって首に巻くだけで、シネマのようなスタリングに早変わり。
スカーフやチーフは、1アイテムだけで見た目の印象をガラリと変えてくれる小道具だと思います。
特に装飾要素のない、薄着になる夏にはよいです。
ポロシャツに半ズボンでもチーフ1つでエレガントになりますよ。

imgクルチアーニのポロシャツに合わせて、すべてブルーにするとこんな感じ。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版