Turnbull & Asser のシャツ再び

松本 知彦 for Private Time/2014.12.15/ファッションファッション

1885年創業、泣く子も黙る王室御用達ブランドです。
以前このブログでも、ここのシャツを紹介しましたね。
僕にとっては、かなり思い入れのあるシャツブランドなのです。
その理由は1つだけ。
初代ジェイムズボンド、ショーン・コネリーが007の映画の中で着ていたシャツだからです。

img有名なジャーミンストリートのお店は、1902年にこの場所に移転してきたもの

imgターンブル&アッサーのハウスモデルは、この3つボタンがついた袖口です。

以前、国内でここのシャツを買ったことがあります。
購入当初はそんなに袖は短くなかった。
もちろん試着した上で買ったので、短かったら買いませんけど。
それが何度か洗っているうちにどんどん、どんどん縮んで・・・・
やっぱり既成のシャツは袖が短い、、、安くないのに残念、、と思っていました。
ターンブル&アッサーのシャツは国内でもオーダーが可能です。
しかし1枚5万以上する上、3枚からのオーダーなので、国内で買うと最低でも15万。汗
英国よりも高い。
めっちゃ着るならそれもいいかもしれませんが、そう簡単には踏み切れませんよね。

さてそんな中で再チャレンジです。
英国に行った際、ジャーミンストリートにあるターンブル&アッサーの本店でシャツを買って帰ってきました。
渡英した際、自分用に購入したのは唯一このシャツのみ 汗
オーダーしてみたかったけど、シャツのロールスロイスですから、まずは試乗ということで既成のシャツから(日本で試乗はしてるんですけどね・・・・笑)
ゴワゴワの生地、カッチカチの襟は日本で買うターンブルと同じです。
違うのは袖の長さですね。
日本で買える商品と違って、本国の方がずいぶんと長い。
縮むのは日本のそれと同じですが、それにしても長い。
しかもカフの部分も太くてゆるゆるだったりします。
ターンブルのシャツの生地ってものすごく縮むのです。
(唯一純英国製を貫くシャツ生地ブランド、エイコーンの生地も洗うとめっちゃ縮みます。ターンブルがエイコーンの生地を使っているかどうかはわかりませんが、でもタッチはかなり似ています。)
5回以上洗わないと縮みは止まらない。
だから何度も洗ったら丁度良い長さにならないかなと、前回買った時とは逆のことを思ってじゃんじゃん洗ってみたのですが 笑
縮んでもやっぱり長く、、、、結果的に直しが必要です 汗。
ということで結論を言っちゃうと、やはりオーダーでないと、しっくり来ないということに行き着きました。
大好きなものへの投資をケチっていると、満足せずに気が付いたら散財してしまってるということになりかねず・・・
じゃ最初からオーダーすりゃいいじゃんということなのです。汗

img第1作目「ドクターノオ」から。ジャマイカ空港の電話ボックスで電話するボンド。袖口に注目。

imgこちらも同じドクターノオから。ブルーのシャツに細いネイビーのフレスコタイ。カッコいい!

imgまさしくこれが、ライトブルーで同じカタチのシャツ。

imgこちらは「ロシアより愛をこめて」。上記と同じモデルの白を着用。

えーと、、そんなわけで墓穴を掘っちゃうので、今日はおまけでボンドの話もしましょうね 笑
ショーン・コネリーのシャツスタイルのお手本は、初期の2本「ドクターノオ」「ロシアより愛をこめて」でしょう。
この2本は、アンソニー・シンクレアでオーダーしたスーツの着こなしもかなりクール。
ボンドが着ているシャツは、ワイドスプレッド(開いている襟型)のターンナップカフ(袖の部分が折り返しになっているもの)です。
カフスはありませんが、袖口をボタン2つで止める仕様で、折り返し部分はラウンドカットで丸くなっている。
僕がターンブルの本店で購入したのも、このモデルです。
店内の地下で、このモデルのシャツがボンドのディスプレイと一緒に展示されていました。
店の人に聞いたら、今のところライトブルーしか販売していないとのことでしたが、それならドクターノオのボンドモデルですね。
前立て(シャツのフロントボタンが縫われているプリーツ部分)に3等分で等間隔にステッチが入っているのもも極めて英国的。

2009年に公開された「007慰めの報酬」から、ボンドが着るシャツはトム・フォードに代わってしまい、ターンブル&アッサーを着たボンドが見られるのは1つ前の「カジノロワイヤル」まで。
そういえば、007の新作「スペクター」の制作が発表されましたね。
モニカ・ベルッチが出ることにもオドロキですが、個人的にはカンバーバッチが主演したBBCの番組「シャーロック」で宿敵モリアーティを演じていた俳優がキャスティングされてることにびっくりです。
来年の12月に公開予定ですが、これは待ち遠しい限りですね。

imgあ〜新作早く見たいなあ。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版