Errico Formicola シャツオーダー

松本 知彦 for Private Time/2014.12.25/ファッションファッション

メリークリスマス!
クリスマスに相応しい話題はないものか探してみましたけど、これかなあと。
いつだったか詳しいことは覚えてないのですが、確か今年の夏のことだったと思います。
ユナイテッドアローズのC島さんから電話があり、シャツのオーダー会があるので来ませんか?とのことでシャツ好きの自分としては覗いてみようかなとフラッとお店に立ち寄ったのでした。

imgイタリアのシャツのオーダーは久しぶり

imgバンチ(生地見本)は迷うほどたくさんありました。

開かれていたオーダー会はErrico Formicola(エリコ・フォルミナ)というブランド。
2008年にスタートしたナポリのシャツブランドです。
Luigi Borrelli(ルイジ ボレッリ)でシャツとネクタイの企画責任者を務めていたエリコさんが独立して、自分のブランドとして始めたものです。
「ボレリのシャツとネクタイ」と聞いちゃうと、行かないわけにはいかないという気持ちになっちゃいます。笑
やっぱりボレリのネクタイ、その中でもカシミアのネクタイが大好きだからです。
何とも言えない肌触りと発色。
寒くなってくると、毎年欲しくなっちゃいます。

じゃボレリのシャツは?というと、インポートであってもほとんど袖が短く、オーダーでしか自分に合うサイズがない中で、既成で自分の腕の長さにギリギリ足りる、数少ないブランドです。
なので何枚か持ってはいるのですが、印象はコンサバです。
ボレリのシャツには一種のステイタスがあって、クラシコ好きのエグゼクティブビジネスマンが好きなアイテム。
そういう人たちに好まれるだけあって、ブランドの決して攻めない姿勢というか、コンサバど真ん中を狙っている感じがそんなに好きではなく、、、、それでも言い換えるとベーシックで品質の高い、よい商品だと思います(エラそう・・・)
ボレリは、オシャレな銀行マンとか保険屋さんなど、金融関係の人が着そうなシャツ。
エリコの方が、ボレリのクラシックなところを残しつつ攻めてると感じがしますね。

聞くところによると、UAがこのブランドの国内の代理店になったとのこと。
UAって新しく代わった社長が商社でイタリアに駐在していた人だけあって、色々なブランドの輸入代理業に手を拡げていますね。
ネクタイのフィオリオとか、今セーターで熱いGRAYとか、他にもたくさんのブランドを独占取引?しています。
BtoCからBtoBへ攻めているわけです。
売上を伸ばす企業には戦略があります。
やるなあ。

imgただいま採寸中

エリコさんは最初無口で、むずかしい人なのかなあと思いました。
採寸はエリコさんで、数字をシートに記入するのはスタッフと思われる若い女子という組み合わせで進めていましたけど、さすがイタリア人、こんな若い社員と2人でアジア出張かよ、まったくいいよなと思っていました。
でも後半になって質問したら自分の娘だとのこと。なるほど。
僕もリンタロと2人で行っていたので、後半は打ち解けた楽しいオーダーになりました。
もう少し大きくなったら、次はリンタロもオーダーしなさいと言ってました。笑
考えたら通訳の人を通してオーダーするなんて、ずいぶん前にオーダーしたアットリーニ以来かも。

imgナポリからやっと到着〜

img今回は2着オーダーしてみました。

imgいつも思いますが、イタリアのシャツってイニシャル入れる場所が可愛い。

imgエリコさんと娘さん、イタリアらしいファミリービジネス。

さて、それから待つこと4ヶ月くらい。
イタリアから完成したシャツが到着しました。
2着作りましたが、両方とも衿型は普通のワイドスプレット、カフはターンナップにしました。
素材は麻なので来年の夏まで楽しみにしまっておきましょう。
イニシャルの刺繍がカワイイです。
やっぱりオーダーはよいですね。
というかシャツはオーダーでしか、もうジャストフィットな感じを得られなくなってしまいました。
もう既成のシャツは買わないかもしれません。
次回はもうちょっと遊び心のあるシャツも作ろうかな。

クリスマスより随分早い出来上がりでしたけど、誰もプレゼントはくれないので自分へのプレゼントということで・・・汗

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版