子供服の真打 フランスからやってきたBONTON

松本 知彦 for Private Time/2015.02.27/ファッションファッション

10年近く前まで、子供服の分野にはお約束のブランドしかありませんでした。
ここで言う子供服とは、2歳から10歳くらいまで、ジュニア未満の服のことです。
ドメスティックなら、誰でも知ってるスタンダードなファミリア、後発でちょい派手なミキハウス、良家のご子息御用達の老舗の銀座サヱグサなど、そのくらいしかなかった。

img昨年代官山にできたボントンのショップ

インポートにはフランスのプチバトー、イタリアのマメールくらいでしょうか。
日本の子供たちは、みんな少ない選択肢の中から選んだ洋服を着せられて育ったのです。
一億総中流で同じものを着ていた70~80年代を過ぎて、多様化したスタイルが世の中で認められるようになったあとも、子供服のジャンルは置いてきぼりだったと思います。
いくら大人が個性的なファッションを志向しても、子供服の分野にはそのセンスに合致する服はなかった。
ピアノの発表会のようなベタベタなお出かけ&お受験服か、アップリケのついた昭和な子供服の2択しか選択肢はなかったように思います。

変化が起きたのは2000年を過ぎた頃でした。
海外ブランドが続々と日本の子供服の分野に殴り込みをかけてきます。
先陣を切ったのは、フランスからやってきた子供服専業ブランド、ボンポアンでしょう。
日本製には見られない、リッチな普段着のラインナップは、素材やデザインが魅力的に映りました。
サヱグサのフォーマルとファミリアのカジュアルの間を埋めるような、上質な普段着を扱うボンポアンの登場は、当時本当にセンセーショナルだと思いましたね。
シルクカシミアの上質なセーターや、アースカラーのシックなワンピースは、それまでどのブランドにもない斬新な商品でした。
しかし値段も大人と同じくらいで・・・汗
当時は首を長くして、セールを待って購入したものです。
その後に英国からキャラメルベビーが上陸、ファストでもGAP、ZARAが子供服を開始、ハイブランドやドメスティックブランドも次々と子供服を展開するようになり、2、3年の間にあっと言う間に選択肢が広がりました。
特に代官山は立て続けに子供服のショップがオープンして、激戦区に。

img正面の吹き抜けの棚には輸入雑貨が並んでいます。

imgインテリアデザインがよい!このセンスは女子だと思うのですが。

imgフランスから輸入されたぬり絵を買いました。

img店のサインもセンスがいいね。

現在は子供服のラッシュも落ち着いて、すべてのブランドが出揃った感があります。
スタイルや用途に合わせて、消費者は好きなものを選べるようになりました。
そんな中、時代のニーズにピタリと合った、フランスから真打の登場です。
ボントンの登場は、初めてボンポアンを見た時と同じようなセンセーショナルなものを感じます。
オープンから10年が経過して、今ボンポアンを改めて見ると、デザイナーが変わったせいか、ちょっとコンサバ感が強いというか、ワクワクしなくなったというか、言葉では表現できない物足りなさを感じます。
その足らないサムシングをボントンは解決してくれる。
決して古い良家の品の良さだけではない、トレンドも吸収したフレッシュなデザインは、ベーシックなセンスの良さを感じさせてくれます。
値段もボンポアンより安い。

img隣にはカフェもあって、楽しいです。

ところでボンポアンとボントン、名前が似ていると思いませんか?
実は、ボンポアン創業者の息子夫婦が経営&デザインしているのが、ボントンなのです。
ボンポアンの創業者はデザイナーに別の人を指名して、現在は一線から退いています。
去年代官山に新しくオープンしたボントンのショップは、ボンポアンの店から50メートルくらいしか離れていない場所に。
日本ではたまたまでしょうけれど、同じ通りで親子対決にように並んで子供服を売ってます。
ボントンの店は、吹き抜け部分のある2フロア構成で、インテリアは誰が手掛けたのかわかりませんが、とてもよい。
特に什器がユニークで、こういう感覚は多分女子のデザイナーなのではないでしょうか。
洋服と同じセンスを感じさせますね。
たくさんの可愛い雑貨も置かれていて、カフェも併設されています。
ただ、メルローズが経営してるというのを聞くと、え?DCブランドがやってるの?というおやおや感も若干ありますが。

imgショッパーもセンスを感じさせますなあ。可愛い。

お店で商品を購入すると、布製のバッグに入れて渡されるのですが、このバッグも可愛い。
サイズによって色が違います。
今のボンポアンにはない新しさ、楽しさ、それをボントンから感じることができますよ。
ここ最近、会社のスタッフに子供が生まれると、僕はここの洋服をプレゼントしています。
もう3組に渡しました。
自家用、誰かへの贈り物、どっちにもオススメです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版