007が着ているパジャマはコレだ!

松本 知彦 for Private Time/2015.11.17/ファッションファッション

またまた出ました!
泣く子も黙るTurnbull&Asser(ターンブル&アッサー)のパジャマです。
シャツのロールスロイスと言われてまうが、シャツだけじゃないっすよ!
1885年ロンドンで創業、100年以上続くブランドです。

imgあ~たまらない、たまらなく好きなヤツなのです。

このパジャマは映画「007 カジノロワイヤル」の中で、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドが着ていたパジャマなのです。
パジャマなのにターンナップの折り返しの名残があるのは、さすが英国製。
パンツの腰はゴムではなく、紐で縛る仕様になっています。
着脱の度に毎回腰ひもを結ぶ作業が面倒だという人もいるかもしれませんが、なかなかどうして、慣れると逆にこっちの方が快適です。(僕も最初は面倒だと思ってました)
それに経年によるゴムの劣化もない。
生地もシャツと同じものを使っており、コットン100%でとても気持ちがよい。
パジャマって寝る際にリラックスするためのアイテムですが、変な言い方ですが、自分にとっては逆にモチベーションがあがらないといけない商品なのです。
日本で売られているパジャマは、インポートのブランド名がついていても、その多くはライセンスの日本製なので、どうしても自分にはパンツの丈が短い。
パジャマってある程度ゆったりしてないとダメなんですが、今までの人生、僕はほとんど丈の短いパジャマを着ていました。
常にスネが丸見えで。
パジャマは普通のパンツのように、裾をお直しする仕様なんかになってませんから。
その点でも輸入品であるこのパジャマは、自分のサイズにも合っていて快適なのです。

imgT&Aのパジャマはどれもパイピングが施されています。

img購入すると一緒についてくる同じ生地の袋。刺繍がカワイイ。凝ってるね。

以前も言いましたが、生活の中で一番長く身に着けているのは下着とパジャマではないでしょうか。
だからもっとも慎重に選ばなければいけないと思います。
生活のモチベーションを高めるために、パジャマは自分にとって、なくてはならない重要なアイテムなのです。
パジャマは寝る時だけだから何でもいい、ではなくて、パジャマこそこだわった方がいいのです。
快適な時間には快適な演出が必要です。

imgこちらはストライプ。シャツと同じ生地で100%コットン。

imgさすが英国!!っていう仕様の袖のターンナップ(折り返し)。

購入すると、一緒にお揃いの生地でトラベル用の袋がついてきます。
僕はパジャマを持って旅行にはいかないので、あまり必要ではありませんが、旅行に行くときに靴下とか小物を入れる袋としても利用できるので便利でしょう。
袋には刺繍が入っていて可愛いです。

imgパジャマが入ってるボックスもカッコいい。

何度もしつこいですが、本当に大好きなパジャマです。
ターンブル&アッサーのパジャマは、既に4着持ってますが(1着は長く着すぎて壊れた)、もっともっと欲しい。
時々MR PORTER(ロンドンのオンラインストア)でこのパジャマがセールに出る時があるのですが、その際にはすかさず買うようにしています。(この記事を読んだ人は買わないでね 笑)
次は同じくターンブル&アッサーでガウンも欲しいので狙っています。
辛い時も楽しい時も、いかなる時も僕を包み込んでくれるヤツ、僕の人生になくてはならないパートナーなのです。
おおげさに聞こえるかもしれませんが、これは本当です。
好きで好きでたまらないのです。

もうすぐ007最新作スペクターが公開になりますが、パジャマ出てくるかな 笑

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版