DRAKESでまたしてもネクタイオーダー

松本 知彦 for Private Time/2016.05.09/ファッションファッション

またしても作ってしまいました。
大好きな英国ブランドDRAKESでネクタイのオーダーです。
ここのネクタイがかなり好きなのです。

imgちょっと硬めのDrakesのネクタイが大好きです

DRAKESは1977年にロンドンで創業したネクタイブランド。
100年以上続く紳士服ブランドのオンパレードな英国にあって、割と新しいブランドです。
そのせいもあるのか、他の英国ブランドと違ってゴリゴリの英国調ではなく、トレンドを取り入れた軽やかで若々しいのが特徴です。
アメリカントラッドのエッセンスのいいところを取り入れて、英国スタイルとミックスしているのが、他の英国老舗ブランドとは一線を画しています。
確か中国資本が入ってると思いますが(香港のセレクトショップ、アーモリー)、それもスタイルと関係あるのかなあ

とにかく、イタリアブランドなどと違って、お堅くてあまり遊びのない英国ブランドの中にあって、トラッドをベースに英国のよいモノづくりとトレンドを掛け合わせたデザインは、他にありそうでなかなかないブランドなのです。
最近ではネクタイやチーフだけでなく、アパレルを始めてシャツやスーツも展開するようになりました。
どれもかっちりしているけど、どこか抜け感のあるものばかりで魅力的。
そもそも英国ブランドだっつーのに、英国製のボタンダウンシャツとオールデンを推してくるブランドなんてなかなかないですよね。
J CREWみたい。
それでも英国製っていうのがポイント、そこが好きな理由です。

imgいつもと同じデザインで作られた上質なボックス

img味のあるイラストがいいですね

前回のオーダーでは、オーダーしたようにはまったく見えない普通の生地で作ってしまったので、ちょっと後悔がありました。
それというのも英国から持ってきていた生地がベーシックなものばかりで、そこから選ぶしか選択肢がなかったためです。
今回はクリエイティブディレクターのMichael Hillが来日する前に、珍しい生地も持ってきてほしいと担当者にリクエストしておきました。
それを聞いてくれたのかわかりませんが、前回の倍以上の生地を持ってきてはくれましたが、量は多いもののやっぱりベーシックなものが多く、、、「欲しい」というより今回も「ロマン」でオーダーすることに 汗

ネクタイの太さは5種類から、長さは自分の身長に合った長さを1センチ刻みで指定できます。
芯地は3種類、縫い方もハンドロール含め3種類から選べます。
生地は定番からデッドストックまで100種類の中から。

img2年前にオープンしたロンドンの店はサヴィルロウの1本隣にあります。

3ヵ月経って何をオーダーしたかまったく忘れてしまった頃に出来上がったという連絡が来たので取りにいくと、やっぱり案の定普通でした 笑
それでもやっぱりオーダーは素晴らしいと感じさせる魅力はあります。
ネクタイが入った上質な箱は前回と変わりませんが、色がちょっと濃くなってブラウンに。
中に入った薄紙にも同じ柄のイラストが印刷されていて美しい。

imgこの美しいボックス、捨てられませんね。

img締めるとこんな感じです。ブルーコーディネートで

僕は身長が著しく低いわけではないので、サイズ的に既製の商品でもまったく問題ありません。
だからオーダーするなら、やっぱりデザイン優先で、既製品にない柄のデザインが欲しい。
幅を指定したり、手仕事のハンドロールを指定しても、正直見た目はあんまり既製品と変わらなく(細部は違うのかもしれませんが、)。

見た目、既製品とあまり変わらないなら、コストパフォーマンスの面でよろしくないから、オーダーはもうやめようと思うのですが、それでも生地やサイズを選ぶ行為にはやっぱりロマンがあって、もう1回だけチャレンジ!と思わせる魅力があります。
完成して届いたあと、見た目は既製品と同じでも、手に取るたびに大切にしたいと思わせる特別感があるのです。
もうやめようと思いながらも大好きなDRAKES、懲りずにまた作っちゃうかもしれないなあ。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版