THE GRAHAM BOND ORGANIZATION / THE SOUND OF 65

松本 知彦 for Private Time/2012.04.06/音楽音楽

まずタイトルがカッコいいです。
ジャケットもいいです。
音はジャジーなモッドオルガン。
バンド名のオーガニゼーションはオルガンをもじっているのでした。

img

でもこのバンドが有名になった理由は・・・・
オルガンとテナーサックス以外の2人。
ベースのジャック・ブルースとドラムのジンジャー・ベイカー、そう、後にクラプトンとクリームを結成する2人が在籍していたからです。
このバンドで2枚のアルバムを出したあと、彼らはクリームを結成するのでした。

バンド名にもなっているリーダーのグラハム・ボンドの弾くオルガンとボーカルがメインですが、やっぱりリズム体の2人は黙っていません。
このアルバムでもなが~いドラムソロがあったり、ジャック・ブルースのハープがあったり、やってることはクリームとあんまり変わりません。
しかし65年当時にこのドラムソロってセンセーショナルじゃないだろうか。
ビートルズがHelpを発表してキャーキャー言われてた同じ年に、こんな大人のサウンドはかなり通向けでしょう。
聞いたことない方は、これを機会に一聴を。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版