建築ロード3

松本 知彦 for Private Time/2013.03.01/仕事仕事

前回の続きです。
digのオフィスの先には、以前アンダーカバーのデザイナー高橋ジョニオさんが住んでいた60年代に建てられたと思われる、めちゃめちゃカッコいい住宅があったんですが、それも取り壊されてしまいました。
さらに坂を少し上ると、左側には大物芸能人の自宅、そして東海大学と続き、その先にADHが設計した住宅があります。
これもかなりカッコいい建物です。
前面がすべてルーバーになっていて、夜見ると中から灯りが漏れて美しいです。
ADHは渡辺真理、木下庸子先生の2人の建築ユニット。
彼らにも以前、建築家の岸和郎さんの紹介でお会いしたことがあります。
京大→ハーバードという経歴と作品から想像するに、インテリジェンスあふれるクールな人たちだろうと思ってたんですが、意外にフランクな方たちでした。

img全面ルーバーなんですが、夜は漏れる明かりがとてもキレイです。

ちょっと先にはアパレル企業as know asの本社。
以前同じ場所に有馬さんの大きな家があったんですが、それを壊して跡地に建てられた自社ビルです。
住んでいた有馬さんは、あの有馬侯爵と関係がある方だと思うのですが、詳しくはわかりません。
設計は山嵜さんという方で(この方にも仕事でお会いしたことがあります)、代々木公園駅のすぐ近くに事務所があります。

imgかなり、かなり大きい敷地に建っていて、アパレルって儲かるんですね。

その先には、少し古い打ちっ放しのビルがあります。
前述した3人でやっていた頃のワークショップが、80年代に手掛けた建築です。
その中心人物、北山恒先生は今は横浜国立大学院の教授です。
以前、縁があって麻布十番の事務所にお邪魔させていただいたことがあります。
いい方でした。
この建物には今タイ式マッサージの店が入ってます。

img写真だと見えにくいですが、屋上には鉄製のコンテナが乗ってます。

他にもこの通りから小道を10m位横に入ると表参道のLVMHビルと同じくらいに建てられた隈研吾先生設計の住宅、バブル絶頂期に建てられたポストモダンの大御所、高松伸先生の地下深くに潜る商業ビルなどがあります。
どちらも個性あるブッ飛ばした建築です。

img隈研吾設計。全方位ルーバー(笑) 表参道のLVMHビルの手法を個人住宅にも転用?

img高松伸設計。地上ゼロ階、地下4階というバカみたいなコンセプトの建築。まさにバブルです。

そして坂道の終わり、東大宇宙研究所の通りに出たところに、フレッシュネスバーガーがあります。
これがただのフレッシュネスバーガーではありません。
1号店なのです!
以前はバレー教室で使っていた木造の小屋のような建物をそのまま使って、店舗にしたと言います。
今はもうあちこち老朽化が激しく、いつまで営業できるかなという感じもします。

img床には穴があいてます。

imgこのただのセブンイレブンがコアなコンビニなんです。

道の反対側にはセブンイレブン。
先日ここで買い物をしていると、ネイバーフッドのデザイナー滝沢さんが買い物をしている横で、これまた建築家の青木淳先生がコピーと取っておられて、すごいコンビニだなあと思っていたら、友人のマーク・ダイサム先生が入ってきて、どうしたの?と聞いたら、マラソンの途中だとのこと。笑 
ウソみたいですが、3人同時に同じコンビニにいるという、、、
芸能人が集まるのじゃなくて、かなり、かなり偏った人たちが集まるコンビニなのです。。笑
皆さん近所に住んでいるからなんですが、その筋の人なら見ただけで誰だかわかる(一般の人は見ても全然わからない)、そういう人たちが集まるマニアックなコンビニです。
建築ロードの終わりにあるコンビニは、やはり建築コンビニなのでした。
これが3回に渡って連載した記事のオチです。
ショボイオチでスンマセン・・・汗

おまけは青木淳先生の、これまた代々木上原駅前にある住宅建築。
表参道のルイヴィトンでブレイクする前の作品ですが、法的な斜線制限そのままに建物のボリュームを決定しています。
打ちっぱなしに板を貼った仕様で、駅前の景色の中で異彩を放っています。

img代々木上原近辺は本当にアトリエ系建築家の建てた家が多いです。

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版