花見 2013

松本 知彦 for Private Time/2013.04.17/仕事仕事

レポートが遅くなっちゃいましたが、先々週会社恒例の花見をやりました。
場所は例年通り近所の駒場公園です。
今年は桜が咲くのが例年より早く、花見当日は半分くらい散ってしまっていましたが、それでも好天に恵まれて楽しい会になりました。

img駒場公園は桜が半分くらい残ってました。

この会、今までは毎年松本&小野田の2人で企画して進めてきましたが、今年からはスタッフにまかせることにしました。
それというのも昨年、同じ代々木上原にあるスーパースマイル国際歯科と合同で花見のイベントを行ったのですが、当日の進行はもちろん、オリジナルゲームの企画、小道具の準備、罰ゲームに至るまで、すべてスーパースマイルのスタッフの方が用意してくださって、それに刺激を受けたからでした。
まったりとしたdigと違って、チームワークや会社の団結力を見せつけられました。
リーダーを起点に普段から訓練していないと、なかなかああいうことはできないと思います。
何よりスタッフ自らが企画して楽しむという姿勢が全員に感じられて、非常にうらやましく思いましたね。
仕事ではないとは言え、組織の結束の強さを見せつけられた感じです 汗
あ、業務時間内に行うのだから仕事ですね。
だから今年からうちもイベントの企画から進行まで、すべてスタッフにまかせることにしました。

imgコートを作っているところとスタッフデザインによるゼッケン

今回は高橋&本江の2名を運営担当委員に指名しました。
新人も入ったので、例年より参加人数が少し多いですが、何でもいいので全員が参加できるゲームを必ず入れてほしいというリクエストも出しました。
当日何をやるのかなと思っていたら、なんとドッジボール。
ドッジボール?
小学校の時にやった?
でもそこはデザイン会社、社内でデザインした点数のゼッケンをつけて、ボールが当たった人のゼッケンの合計点数を競うという内容で、通常のドッジボールとは少し違うようです。
クイーンが各チームに一人だけいて、その人がボールに当たったらゲームオーバーというルール。
あらかじめ準備していた紐と杭で地面にラインを引いて、ゲームスタートです。

imgスタッフはくじで2チーム分かれて。

imgゲームがはじまりました。

imgゲーム中、転ぶスタッフ 笑

前日は大雨だったために、泥だらけになる可能性があるので着替えを持ってくるようにという指示が運営委員から出ていましたが、当日転ぶスタッフが何人も。笑
最初はどうなることかと思っていたんですが、これがおもしろくて、やっている途中だんだん白熱してきました
でも残念なことに、駒場公園内では球技は禁止とのことで、3ゲーム目まで進んだところで管理のおじさんに怒られて中止に・・・・
罰ゲームはモノマネだったんですけどドローになりました。笑
モノマネをしたくないスタッフは喜んでましたけど。

でも楽しかったなあ。
例年と違って、みんなで楽しもうという想いがあってスタッフがきちんと企画したものは、やっぱり面白い。
僕らの仕事がそうであるように、何かを提供する場合にはきちんと練られていないとダメだということを実感しました。
おもしろかったなあ。

スタッフが1つになれるよい時間でした。
また1つ階段を上ったような気がします。(錯覚??笑)
こうして組織って、だんだんよくなっていくのかもしれないですね。
会社で全員花見をしたら楽しいだろうという僕の言いだしっぺだけではダメで、これも社内のことを考えて勉強の機会として捉えて、スタッフ自身に頭を使って考えてもらうべきなんですね。
企画するスタッフ自身も勉強になるし楽しい、みんなも楽しい。
自然と指示や役割分担が体験できる。
そして僕自身も勉強になりました。
いい会でした。

img今年の花見の記念写真 欠席者の枠付き 笑

profile

recent entry

category

archive

saru

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版